--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/28.Tue

【帯広】 本家三平 ラーメン館

11月来訪なんですね(汗)
まだ全然リアル時系列ではないのでご容赦下さいまし…。

今回は本家三平 ラーメン館です(^o^)丿

2008_1107_185443-DSCN0614.jpg



十勝管内に点在している三平銘のラーメン屋。
ところが此処が唯一“本家”と謳う。その心は?

未だ携帯HP時代からこの三平の謎が解明出来ず悶々としておったのです。
触手を伸ばし多方面に聞き込みもしてみたり。
しかしその支店、暖簾分けの区別も曖昧で判断出来ず(泣)

楽天時代に憂いた記事は→こちら
そんな時なんと成行さんがほぼ全容を明らかにしましたっ!
(やはり文献では難しい?口語伝承であった模様)
その記事がこちら→隠密麺喰い師の備忘録


そうかー、うんうん。
帯広初代三平の味に近いと言伝で聞いたのが三平食堂
しかし本家三平ラーメン館が相伝であるのかなー?


何はともあれ暖簾を潜ります。
おう、結構広々として家族連れには持ってこいのシテュエーションかw?
奥様でしょうか?テキパキとした接客をされておりますよ。
店内はそう三平といえば、の節系の香りがプンプンしておるのね。
ただこの香りが鰹の嗅ぎ慣れた香りではないのは確か。
これは以前東京のドコカのラーメン屋(節系で有名)で嗅いだ事があるなー。

さて三平南町店の醤油で失敗してしまった過去があるので
ここは“正しく”みそラーメンに致しましょww

キマしたよ!これが本家三平のみそラーメン(700円)です!
で、チャーシュートッピングで300円追加。いやん(汗)1000円じゃねーか…
お!?丼デカっ!デカイですよ、器。

2008_1107_184449-DSCN0611.jpg


見た目、チャーシュー麺にすると舞台がシンプル過ぎる。
何かもひとつ色味が欲しいところ(汗)
うーんしかしなんともデフォ3種共に700円の強気設定だ(汗)
では一口。


ほう、サラリとしてますよ。
節香味噌って下手コクと味噌汁みたいな
馴染んだ(え…?)味に陥りそうなんですが
此処のはギリギリのところでみそラーメンだ。

節系独特の酸味がほんのり加味。
少し辛味もあるね。
スープにパンチは薄いが味わい深いとも云える。

2008_1107_184557-DSCN0612.jpg



麺は自家製ストレートだという。
うーんやはり腰が弱い、と感じる。
どこの三平さんもこんなフニャリ麺なんだろうか?
しかしこれは好みの問題の範疇なので悪しからずw

チャーシューは南町店のとは異なり、
味含みもしっかりとし柔らか。

水を飲み(珍しくお代わりしまくり)無くなりそうになったところで
奥様が注ぎにきました(^o^)
レジ横で何気なくお客さんが気にならない程度に動向を気にしておったのです。
こういうのって何気に嬉しいです。

700円の高設定だからなのか、
チャーシュー麺にしたからなのか
ボリュームがありましたよ。

あと気になるが水族館なるラーメン1200円!?
どんなんだろうねー。「海の幸いっぱい」と謳うけど
でも注文するのに躊躇するなぁ(汗)

更には日ハムファンクラブの会員証提示で
50円引き、といったサービスも展開。

次回来訪するとしたら、セットで攻めようか。
豚丼やチャーハンのセットでデフォ比較したら
900円とお得感がある。
ギョーザは7個で400円と、これも気になる。



本家三平 ラーメン館
住所 帯広市西七条南16-12-5
時間 11時~15時/17時~21時
定休 火曜日

帯広(十勝)のラーメン | Comments(7) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。