--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/29.Tue

【帯広】お食事の店 味の一丁目


なんとも外観は喫茶店のようなローマ字の店名でww
いつかいつか…と思いながらも素通りしてしまうお店でした。

2009_0211_122721-DSCN0905.jpg

はい味の一丁目
此方も経営自体は永いらしい。

さて暖簾を潜るとテーブル席のみで埋まっている潔さ。
そして外観イメージからは想像出来なかったが広々だ。
お昼前にお伺いしたが店内は既にサラリーや
仕事中休みのランチのに、とお客さんで混み合っておりました。

私はテーブル席へ。
メニューを拝見すると…おい!おーい!
なんとデフォラー価格が500円だぞい!
この混み具合をみて納得できた瞬間だ。

では注文を。そりゃラーメンは必須として
以前うまくら氏より「○ャーハンが何気にw」との
コメントあり今回はセットでの注文に。

接客のおばちゃんはチャキチャキな笑顔溢れ
常連さんとの掛け合いも慣れたものである。
奥では腕に調理歴を確かに刻み込んだ様が
素敵な親父さんが鍋をふるっていたぞ。


程なく(結構早い)して目の前に現れたのが  これだあ。

2009_0211_121707-DSCN0901.jpg

ラーメン(醤油)ミニチャーハンセット850円。
このラーメンの舞台を見よ。なんとも潔い。
食堂然とし、不動のトッピングでの役者揃いぶみだ。

2009_0211_121723-DSCN0902.jpg

では一礼して、頂きます。
スープは鶏ガラメインのほのかに出汁香が広がる域。
油分多くコクが加味。此方のお店ひょっとして出前やってる?
であるならばこの油分の多さは納得だ。
麺にその油分が絡みつきチュルルとした喉越し。

2009_0211_121753-DSCN0904.jpg

食堂ラーに最近いい思い出がない私ですが
此方のラーはバランスもよく万人受けされる味わいだ。
雑味もなくスッキリとしたスープに確かな腕を感じた。
ただ頂いていると少しずつ感じる醤油ダレの濃さに
飲み切りとまではいかなったのは好みの範疇と云えるか。

さ!ミニチャーハンだぞい。

2009_0211_121736-DSCN0903.jpg

「うんうん♪」

チャーハンですら食堂の枠をはみ出さないのが素晴らしい。
胡椒がピリリと効いてはっきりした味付け。
他、具材も思わず笑みがこぼれる食堂チャーだろう。
パラパラではなくしっとりした米具合に

「うんうん♪」

更に「ホホホホww」と面白かったのが
食後のコーヒーが紙コップで100円なのww
ね?「ホホホホww」でしょ?

まだまだ
食うぞ!メニューがあり再訪は間違いないだろう。




お食事の店 味の一丁目
住所 東1条南1-5-4
時間 11:30~15時
定休 日曜日


帯広(十勝)のラーメン | Comments(4) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。