--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/25.Thu

【帯広】遊楽居酒屋らくや

「もしもし!らくやの後藤です!」
「おw?ひょっとして?!」
「はい、出来ましたー!」
「お疲れさまでしたー」


昨年の12月初めの事。
前回の記事は→こちら
連絡頂き、しかし仕事の都合上
一週間程遅れて暖簾を潜ってきた。


「こんばんわ^^」
「いらっしゃいませ!」
「でわ、早速アレ、頂きますよう」
「畏まりました」


さて当時目の前に現れたのがこれだあ。

2009_1215_232116-DSCN2942.jpg

醤油ラーメン680円。
うんうん!この葱切りは好みw
舞台もシンプルでしかもチャーシュー2枚とは嬉しい。
ではスープから頂いてみますう。

「あれ?!とんこつ止めたの?!アハハ!」
「そうなんです!鶏に変えました!」

「ん?麺が…かんすいの、だね」
「そうなんです、色々交渉してみたんですけど」

2009_1215_232145-DSCN2945.jpg

麺は保刈製麺だ。番手は少々太め。
このじっくり鶏出汁スープには保刈の
独特なかんすいの香りが異質に思えた。
これには後藤君も試行を重ねたらしいのだが。

「この鶏出汁だったら旭川系の麺はどう?藤原とか」
「そうですね、色々試してみます!」

スープは醤油ダレが控えめで出汁の香りが相乗され良い塩梅。
ただ麺の香りがスープに勝ってしまいちぐはぐな印象を受けた。
また大振りなチャーシューはホエー豚を使用しているバラ肉。
濃いめの味含みで舞台に主役級な勢いで主張している。旨し。

2009_1215_232152-DSCN2946.jpg

油分は結構多め。私はもう少し「控えめ」が好みだが
これは居酒屋らしく呑んだ後の味の知覚を踏んでの事だ。
他にも気になるところを遠慮なくお伝えした。
丼、厨房の大きさ、居酒屋との両面。問題は数ある。

しかし
以前の会話で後藤君の意気込みがしっかり伝わったもの。


「西にはなかなか深夜帯に開いているラーメン屋がないんです」
「その通りだね、ラーメン好きには寂しい限り…」
「だからこそやりたいんです!」

後藤君のラーメン作りのバックボーンは
しっかり息づいているだけに期待が大きい。
まだまだ改良を重ねていく事だろう。



--------------------



先日のラーメンで非常に気になったメニューがあったので
再度暖簾を潜ってみた。このメニューも試行を重ねた一品。

2010_0103_231731-DSCN2977.jpg

味噌辛子ホルモンラーメン850円。
見た目からして濃いww
頂いてみるとこれまた結構、濃いw
ホルモンは…あ、あ、ああ。似てるw
ホルモンや刻みチャーシュー、野菜類。
食っても食っても減らないボリューム感。
やはりこの味の濃さも居酒屋らしく、か?
存在感のあるホルモンの味、たれ旨し。
全体的に味濃いめバージョンなんだな。
じんわりクる辛さは癖になるだろう。



---------------------




さて今年暫くし、なんと七誌さんがらくやを訪問
記事にされ、しかもランチを再開したというから驚いた!


2010_0219_113524-DSCN3311.jpg

あれから麺など変化はあるんだろうか?
気になりランチタイムに暖簾を潜った。


「こんにちわーなに!ランチ始めたの?!」
「そうなんです^^」
「身体大丈夫なの…?」
「頑張ります!」


さて今回は醤油ラーメンを頂く。
早速目の前に現れたのがこれだあ。

2010_0219_112021-DSCN3308.jpg

おー!なんかスープの色味が全然異なった。
スープを…あははは!こうきたんかい!
麺は変わらず、保刈製麺で変化なし。
しかし醤油ダレを変え麺の癖に負けないものとした。

2010_0219_112036-DSCN3309.jpg

「どうですか^^?」
「そうかー”焦がし”たんだねー!」
「そうなんです!麺も藤原さんとか試したんですけど…」
「あれれ??駄目だった…?」
「お客さんからあまり評判良くなくて」

これには湯上げの寸胴の大きさや硬さが問題になった。

「で!麺を変えるんじゃなくてタレを変えました!」
「いいですね!面白い!全然違うアプローチにしたんかー」

2010_0219_112042-DSCN3310.jpg

ただ焦がした訳とは違う。
じっくり時間をかけて素材の旨味をタレに移したもの。
これで油分を香味油にしたら若い方々も納得の一品になるやもw
しかしそうなると680円にプラス50~80円位になるかい(汗)?


個人的には小上がりメインの為
靴の脱ぎ履きが若干面倒かww
ラーメンに関する厨房などの諸問題は
結構なところ改善されている。
出来ないではなく、工夫する。
しかし自分の両手の広さ以上はしない。
あとあと歪みが生じてしまうから。



ランチはお一人でやられる為
ランチタイムではラーメンは醤油1種のみ。
どうか皆様ご勘弁を…


彼は
まだまだ進化の一途を辿る。


愉しみ。


【遊楽居酒屋らくや】H22年2月現在
住所 帯広市西21条南5丁目
時間 11時~14時/17時~2時
定休 月曜日

帯広(十勝)のラーメン | Comments(6) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。