--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/17.Sun

【帯広】居酒屋辰源

昨年の事。
平成21年昨年にオープンした居酒屋が在った。
しかし私はそのオープンした事など知る由もなく。

そんなある日私が管理しておるコミュにひとつのコメントが挙る。
私はそのコメントの内容が非常に気になりコンタクトをとってみたのだ。

これは一般的な解釈として捉えて欲しいのだが
飲食店で、ましては自身HPやブログを立ち上げていない
営業店自ら「ウチの味はどうなのか?」そんな事を問うのは皆無だ。
しかしそのお店の不特定多数に向けた問い掛けに、勇気には驚きだった。

何度か遣り取りをし、私の興味がますます湧きあがる。
そして暫くしたのち私はそのお店の暖簾を潜ってみたのだ。

そのお店とは  此処だああ。

2009_0704_230546-DSCN1750.jpg

居酒屋辰源である。
二階へあがる。

2009_0704_230528-DSCN1748.jpg

暖簾を潜ってみると、なんとも普通のこじんまりとした居酒屋だ。
しかし一歩店内へ足を踏み入れると居酒屋では嗅いだ事のない
イヒヒヒヒヒヒ…ラーメンの香りが充満しているではないかww

数人が座れるカウンターに、右手には床を底上げした
座敷間があり、カウンターはほぼ満席であった為座敷間へ。

メニューを拝見、更に壁の手書きPOPなども一通り。
うんフードメニューはいかにも居酒屋然としたラインナップだ。
焼酎は数は少ないが、霧島の金ラベルも入荷しているという。面白いw
フードメニューは嬉しい安価設定で取り揃えているようだ。
そんなメニューに一際目を引いたのがそりゃ勿の論私の目的である

ラーメンの文字。

味はひと味のみという潔さ。
では早速注文してみよう。

小さなお店ながらも、カウンターでは常連らしき
方々もアットホームな雰囲気で和やかでいい感じ。

程なく(やはり個人で居酒屋である)少々時間はかかったが
目の前に現れたのが  これだあ。

2009_0704_225049-DSCN1745.jpg

ラーメン680円だ。
店内に醸すラーメン屋の香りとはほのかにたゆたうとんこつ臭w
真っ白なスープは帯広にはなかなか根付かない?とんこつスープだ。

では一礼して、頂きます。
おう!まさしく純正とんこつであった。
げん骨取りのような濃厚さはないところのとんこつライト系。
非常に喉越しはよい、しかしコクは十分感じる。

2009_0704_225100-DSCN1746.jpg

見た目からは水菜の色が鮮やかで好印象。更にほうれん草。
特筆なのがチャーシューで、十勝管内では非常に珍しい
とんとろチャーシューがデフォルトトッピングである。
麺は保刈製麺で、中細縮れ少なめでこのとんこつには
どうかと思うけど保刈でならばこの細さがいいでしょうね。
さて辰源ラーメン。頂いた感想はひと味?なにか物足りないか。

店主は”居酒屋のあとのラーメン屋”そんな通例から、
他の近場のラーメン屋を食してみたところ、あまり自分の
好みのラーメンがなかった事から自身作ってみよう!と
奮起し、独学で作り上げた味である。なぜとんこつを?
それは店主が好きな味だからwいいじゃないですかその心意気!

私の個人的な好みでいえば、そのとんこつに背脂を加味すれば
マイラーメンランキング上位の茨城水戸のたつ蔵ラーメンに
近い味になるのではないか?!と思う。詳細に記事にされたブログは→こちら
その事をお伝えしたところ暫くし返信があり、
背脂入りを作ってみたらしいが試行錯誤しているようだ。

もし店主、この記事を拝見していたら。
写真こんな感じのラーメンですよww!

たつ蔵1


その後、なかなか暖簾を潜ることが出来ないのが
申し訳ない気持ちで、また機会をみてお伺いしたい。

追記だが、此処辰源ではカラオケが出来るほか
なんとギターも弾いてよい、更にミニライブなんかもw
まだまだ付き合えば奥が深いような、そんな辰源。
そして、辰源店主、なにげにかなり良い御仁である(^o^)


居酒屋辰源
住所 西3条南10
時間 18時~25時(早終いもあり)
定休 日曜日、祭日
駐車 要確認
喫煙可
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
funfunfunさんへ
>>今朝、宿を出てからすぐにラーメンの幟だったか看板を見かけて気になっていたところです。美味しそうなラーメンですね。

funfunfunさん!申し訳ございません…どうもコメントを削除したっぽいです…(泣)すんません…。

いやーあの有名ブロガーの方からコメント頂けるとは光栄でございます!此方のお店、純正とんこつの抽出、スープの取り方は居酒屋といえどなかなかのものでございますよ。また帯広にお越しになり機会があればお伺いしてみてくださいませ(^o^)丿久々の帯広編、愉しんで読ませていただきました♪

よかったらまたコメント下さいませ(^o^)丿
No title
いえいえ、却って恐れ入ります。
有名ブロガーだなんて。
昨晩行ってきました。
帯広繁華街のラーメン店はそれほど多くはないですから、麺狂は要チェックですね。
funfunfunさんへ
選択肢のひとつに加えてもいいお味であるかなぁと思います^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。