--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/09.Tue

【芽室】らーめん一郎


いつかいつか…と耽りながらも中々行けず仕舞いであった
そんなラーメン屋が帯広の隣町の芽室町にあったのです。
そこは芽室駅の横スーパーの一角に位置してる、昔は何処だ…?

2009_0225_190555-DSCN0962.jpg

らーめん一郎です。西帯広のらーめんいちろうは奥様が。
芽室の一郎はご主人が切り盛りしております。またその弟さんは。


では暖簾を潜ります。
入った瞬間手前から奥にスーッと伸びた長いカウンター。
そして二分するように右手全体に小上がりが存在する。

「いらっしゃませ」高校生位の女の子がホールで接客だ。
芽高のバイトご用達か、娘さんか?相応の接客でありましたww

あ、奥にはご主人が居りましたね。
では注文は醤油チャーシューにしましょう。

因みにメニューTOPは味噌650円です。
早々静かに中華鍋で仕上げておりました。
醤油ラーメン650円にチャーシューにして800円。
味噌と醤油・塩が同価格ってのは嬉しい。

2009_0225_185712-DSCN0960.jpg

一礼して、頂きます。
スープはいちろう同様、動物系ほか野菜などをじっくりと
旨味を抽出した澄み系でして中華鍋で野菜大盛りと共に
仕上げる様で野菜の甘味が溶け出したあっさりスープ。
コクはあくまで油分で調節しているようで、うん感じる。

2009_0225_185724-DSCN0961.jpg

チャーシューはデフォルトだと恐らくももだと思う。
チャーシューメンにするとバラ巻き大振り薄めになる。
兎角、野菜トッピングがテンコ盛りでボリューム満点だ。
それはデフォ650円でも同様のボリュームで
其処ら辺で満足出来る要素は十二分にあるかと思う。

ほか五目、バター、えび、キムチラーメンなどが
メニューのラインナップだ。気になったがなんと!
此方にもあったカレーラーメン。どうなんだ??

さて芽室町域には侮れないラーメン屋も存在し、、
食堂、焼き肉屋でのラーメンも中々のものだという。
面白いネ(^o^)丿



らーめん一郎
住所 河西郡芽室町本通1丁目19めむろーど
時間 11時~21時
定休 火曜日
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。