--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/03.Wed

【帯広】レストラン ル・ボルドー

ようやく此方のお店の記事に着手ww
昨年の4月の事。
まだ先が長いな…とは失礼内輪話です(汗)




かみさんの記念日に出来ればサプライズ(内緒)で
到着して「此処は!嬉しい!ぶう愛してる」と驚かせたいww
以前かみさんが「此処にいつか行こうねー」と話してたので。


此方のお店で是非頂きたい一品があり、
それをどうしようか悩みつつ予約のTelを。

私「ランチの予約なんですがお伺いしたい事があるんです…」
ギャルソン?「はい、どういった~云々」
私「其方のローストビーフが美味しいというのをお聞きしまして
  単品でその一品も注文できないものでしょうか?」
ギャルソン?「はい、そうですねーあ、少々お待ち下さいませ」

「はいお電話変わりましたーローストビーフですか、大丈夫ですよ」

私「で、おいくらになりますか(汗)?」
?「そうですねえ、調理の際グラムを要しますので」
私「記念日でかみさんと二人なんです」
?「あ、左様ですか!ありがとうございます。ですと女性の方ですから…
ご注文のランチコースも結構女性の方は満足するボリュームですから」


その後延々と私の鬱々した会話が続いてしまった…
だって私自身がそのローストビーフを食べたかったから(爆)…!

非常に細かい気配りを電話越しでも感じる事が出来ました。
途中から更に悩んでしまいましてね、うーんうーん項垂れる訳
ですが、そんな私にも真摯に対応して頂いた事に感激致しました。
ローストビーフをランチコースの一品に組み込む提案まで
して頂いたり、と。予算とその一品の価格の兼ね合いを計算し
私の判断に委ねる会話の流れに、最終的には後日に再度Telし
どうするか決める話に致しまして(汗)結構長くお話しちゃいました。
その節は大変ご迷惑おかけしたとこの場を借りてお詫び致します(汗)

そうそんな電話越しにでさえ人柄が滲み出るそのお方とは
レストランルボルドー加藤シェフでございました。

現在は平成21年7月に全面リニューアルし
店名をフレンチカフェ ル・ボルドーと変更されている。


2009_0430_133720-DSCN1387.jpg

で、記念日当日。
カジュアルな格好(普段着)でお伺い致しましたよww

ホール担当の方に「予約していた~」と
お伝えしテーブル席まで案内して頂く。
外観からは結構広いのかな?と想像していましたが
それ程広くはなく、空間を上手に使ったレイアウト。

2009_0430_122930-DSCN1376.jpg


陽光が眩しくない程度に入りこみ
清潔感のある清々しい空気感が心地良い。


2009_0430_123735-DSCN1378.jpg

ではまずは此方。南瓜のスープ
南瓜の甘さを際立たせる塩加減が素敵w
ホールの方、もう少し丁寧にね(汗)

かみさん「此れ美味しい…!」
私「よくある厭なザラっとした舌触り全然ないねー」


2009_0430_124915-DSCN1380.jpg

続いてカスベのパテ
これ一口頂いてしまってかみさんと
二人同時に見合わせ仰天!なんじゃコリャ。
ウメーよ…!カスベの磯臭さも感じなく
それでいて塩加減も私好みで抜群な旨さ。

2009_0430_124924-DSCN1381.jpg

サワークリーム?を添えて頂くと旨さが相乗。
そしてホタルイカとかの添えものも其々
異なる仕事が成されていて味の変化を愉しめた。
もう一度云っちゃう。抜群にこのパテ旨かった。
一口一口が、天国へ召される感覚…あああー


2009_0430_123752-DSCN1379.jpg

そして此方のシャンピニオン型のパン
後に調べてみるとやはり旨かったのだ、
はい勿論、はるこまベーカリー産w
ベルワラでも気付いたけど其方でも
はるこまベーカリーから仕入れていた。
凄いねー。

2009_0430_125510-DSCN1382.jpg

はいお代りw




2009_0430_125857-DSCN1383.jpg
かみさんはから。


私は

2009_0430_130825-DSCN1384.jpg

お!此れ!ローストビーフみたいな!?
何を隠そう私、予算の関係上電話にて
ローストビーフの追加を断念したのです…
しかしこのソースはローストビーフに使用しているヤツでしょ?!
嬉しい、感激だな…これは加藤シェフの嬉しい配慮ではないか(泣)?
花音さん旨かったです!記事サンクス(^o^)丿花音さん記事→こちら
勿論肉の火通し、ソースの旨さは格別でありました。

しかし…申し訳ない。
それより驚いたのが  その上の鶏胸肉の旨さ。
これがなんとも…しっとりと旨さが凝縮された。
絶品。ハーブなどのスパイスの程良さがイイなー


2009_0430_132017-DSCN1385.jpg

2009_0430_132028-DSCN1386.jpg

カヌレ。かみさんベタ惚れ。


会計時、わざわざ加藤シェフが「いかがでしたでしょうか^^?」
となんとも素敵なスマイルでホールまで出て下さいました。

私達、パテの旨さを感激し熱っぽくお伝えw

加藤シェフ「いえいえ、ご家庭でも出来ますよ♪」
そうしてレシピを暴露w!いやいや…出来ねーってww


料理を頂いている間、厨房もほぼオープンな訳で拝見出来ました。厨房の中での加藤シェフの所作や言葉遣いに大変感銘を受けました。言葉の一つ一つに温和な人柄も感じさせながらも力強さをひしひしと伝わり、また説得力のある投げかけ。素晴らしかったです。次への一皿の提供時間もストレスなく愉しむ事が出来ました。ただホールの男性スタッフが新人さんだったのでしょうか、少々忙しない感じを受けましたね(汗)そんな彼を厨房で調理をしながらもしっかり指導、アドバイス、フォローを欠かさない加藤ショフの姿に、更に感動。ストレスを感じない提供タイムは加藤シェフの其れだったのが如実に判るお仕事でした。料理の全体では一番嬉しかったのが塩加減、塩梅の妙。此れはアルペスカやラリベラでも感じた事ですが、全体(コース)の構成を見通し、また一品(単品)料理の満足度は塩加減にあり、と改めて気付かせてくれました。


さて「よりフレンチをカジュアルに、身近に」をコンセプトに新たに生まれ変わったル・ボルドー。どう変化したのかまたお伺いしたいと思います。


加藤シェフ、スタッフの皆様。

大変思い出の残る、
素敵な記念日になりました。
ホントに有難う御座いました。


2009_0430_133734-DSCN1388.jpg




ル・ボルドー
住所 帯広市西16条南5丁目17-9
時間 11時30分~14時(13時オーダーストップ)
   17時~22時(21時オーダーストップ)
定休 水曜日
ホームページ(恐らくHPもリニューアルされると思う、現在旧レストラン時代のもの)
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)の洋食(伊・仏など) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
カヌレv
加藤シェフが作ってくださるとなんでも美味しく食べられちゃう。
凄い大好きなお店さんです^^
ぶうさん御夫妻も素敵なひと時だった御様子で。
ラブラブ~~~。いいなぁ(笑)

デザートのカヌレ!
あれ本当に美味しいですよね!!
こちらでカヌレに嵌まって色々食べてみましたけども
未だ此方を超える物に巡り合えてません…。
って言うかカヌレ自体あまり見かけないかも…。

暫く御無沙汰してるんですよね…。
ぶうさんの記事読んでたら行きたくなっちゃった^^
ランチ行ってこようかな~~~。
花音さんへ
因みに私はカヌレ初めて頂きましたww美味しいんですね、ル・ボルドーが(*´∀`)ノ

かみさんと私は食い意地がはってるだけっすよwwさてリニューアルしてどう変わったのか気になります。確かめてくださーい(・∀・)ノ

私は次回の記念日は何処にしようか思案中(汗)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。