--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/11.Thu

【帯広】らーめんまるひで

オープン当初のニソロモシリ記事は→こちら

オープン当初は醤油一本で粘り、その後程なくし味噌。
そして暫く時を置き、塩の提供も始めた。

らーめんまるひで
地場産の食材を使用し、更に十勝製麺(自社以外)を取り上げたのは
先見の明であるし、そういった才覚は十二分に感じる事が出来る。


さてまずは味噌

2009_0508_111754-DSCN1529.jpg

数種類の味噌、香味素材を合わせた自家製味噌ダレが特徴か。
食いの取っ掛かりから生姜、大蒜等の香味が口内に広がる。
スープの土台がしっかりしているので味噌ダレの其れにも
合わせたような感じだけれどボディが軽いような気がした。


2009_0508_111809-DSCN1531.jpg

何分、
太麺といった個性の強い相棒なだけに
ぼんやりした印象を受けてしまう。
野菜が多めでバランスはどうなのか。

所感はじっくり甘めの香味抜け、
パンチがスルーされてしまった。


程なくして

2009_0611_112208-DSCN1656.jpg

あららら。スープ別取り?!これ。
今までのどっしりしたスープじゃなく
海産出汁の効いた半澄み系の其れだった。

頂いてみたら、これまたどうした。
親父さんの味が脳裏に浮かんでしまった。
塩ダレはスープに対して良い塩梅で好印象。
しっかし願わくば醤油時のスープで
完成して欲しかった…と秀店主にも
直接ボヤイてしまった次第だあ(汗)

塩、味噌共に醤油にあった個性のある
節のインパクトの印象は薄れているようだ。




更にサイドメニューのまるひで丼500円。

2009_0508_111802-DSCN1530.jpg

舞台が華やかで「旨そう」だ。
味濃い目の崩れチャーシュー。
其処に卵黄の其れが纏め上げ
円やかな口当たりになった。
刻みレタスの食感も面白い。

2009_0508_111831-DSCN1533.jpg

しかしこのまるひで丼の為だけのレタスかい(汗)?
どれ程のお客さんが一日注文するもんだろうか。
私はサイドメニューではグランド食材の流用でいいかと
思うし、其れを細工しイッパシの一品になればそれでいい。
ロスを減らす。これも経営のポテンシャルをあげる一端かも。



後日、頂いた新メニューの肉みそごま800円。

2010_0114_164932-DSCN2989.jpg

坦々麺の其れであった。
このメニューの根源は恐らく親父さん仕込みだろう。

2010_0114_164948-DSCN2990.jpg

ごまの風味も当り、肉みその甘辛さ、特製ラー油の
辛さも相乗して旨い仕上がりに成っている。



今回登場した塩、味噌、肉みそごまの全てに云えたのは十勝製麺特注の小麦の香る太麺の旨さが合わず全体としてローレベルにあった事。もっと向かい風に立ち向かう力がある。若さ溢れる挑戦に挑んでもいいんじゃないかな?750円という強気設定でいってるんだし、食材の選択の拘りも判るし納得できる。であるからもっと冒険してもいいんじゃないだろうか。最近暖簾を潜る度に元気が無くなっている、疲れがみえるひで店主、もう袋小路かい?頑張ってね!応援してます!


<急:追記>H22年3月11日、ぶう

下記の一周年感謝デーの二日間に対し、キングさんより情報あり、急遽中止の方向に傾いたようだ。上記に記していた「元気が無くなっている」「疲れがみえる」が表面に現れた結果だろうか。現在店前には「休業」の張り紙、その為13、14日の感謝デーには間に合わないという。ひで店主が暫くの入院を余儀なくされている模様。この際だ、じっくり体調を整えて、また暖簾を掲げる日を心待ちにしている。やはり通し営業は人件も踏まえた上だとしても、店主への負担があまりに大きいのかもしれない。ひで店主!戻ってきてなあ(^o^)丿

と、踏んでいたが、本日勝毎夕刊にて感謝デーの広告がうたれていた模様。
だとしたら13、14日は開催される予定だということか!?



リアルな話題をおひとつ。

ひで店主がオープンしてから暖簾を潜って召しあがって頂いたお客様、ひいてはまだ召しあがって頂いていない新規のお客様がたに新たに味を知って頂きたく、一周年営業を続けてこれた事に感謝し、しょうゆ、しお、みそ3種をなんと!500円提供するという。期間は3月13、14日の二日間だ。是非ご賞味頂きたい。



らーめんまるひで
住所 白樺16条西5丁目1
時間 11時~21時(LO20時)通し営業、踏ん張りところ!
定休 月曜日
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
一周年
こんにちは。
今月は2日に「どでかラーメン」開店20周年記念が有り運よく食べる事ができました。ここのマスターとは趣味の世界の友人でもあるので私が写したSLやクーちゃんの写真を店内に飾っています。また入り口はいったそばのガラスケースにも鉄道部品特別展示を13日まで行っています。
「まるひで」さんもこちらのブログで知り塩は、はまりました。油を抑えているので汗をかかないのがいいですね。後味も十分に楽しめます。13日は行ってみたいです。
No title
豆家ぶうさん、どうもです。
結構、「まるひで」行ってますね。
私は、三回しか行ってませんが、最初食べたときは、かなり期待したものでした。それが、回を重ねるごとに私の期待に反していたので、それから行ってません。
でも、一周年で行こうと思っていました。
ところが、店前には、「店主体調不良の為、四~五日休業させて頂きます。」
ちょっと情報を集めると、店主入院中とのこと。
13日14日の麺の発注を断ったとのこと。
入院は、暫く長引きそうですし、一周年記念もできないと思います。
No title
数回頂きましたが、単純に価格のみで比較すると、スーパーで売ってるスープ付きの生ラーメンの方に軍配を上げざるを得ません。

最近の市販のラーメンの味が数年前に比べ格段に美味しくなっており「これなら店で食べなくても・・・」
のレベルに達しつつあると言っても過言ではありません。
具材を入れても、一人前200~300円でそこそこのラーメンが食べられるのです。

よって1000円近いラーメンが受け入れられるには相当の高いハードルであり、ラーメン店は覚悟が必要であると言えるでしょう。

「ラーメンの価格が高いことに消費者が気づき始めている」全てのラーメン屋に当てはまる言葉ではありませんが、いずれにせよ淘汰の時代が来ると思います。





小さな鉄道博物館さんへ
どでかは感謝価格で200円でしたっけ?!目茶混みだったでしょうねー。博物館さんとどでか親父さんがそんな仲だったとは!面白い繋がりですね(・∀・)ノ

まるひでさん。
店主体調不良の為、感謝デーは中止になるやもしれません(´Д`)情報提供しておいて申し訳ございません…残念です。
No title
豆家ぶう さん
今日の十勝毎日新聞にも「まるひで」の一周年記念の記事が載っていました。
私は、週末は札幌でラーメンを食べていますので、この件、確認ができません。
よろしくお願いします。
キングさんへ
細やかな情報ありがとうございます(・∀・)ノ確認出来るのは明後日当日になっちゃいますねー(汗)

しかしですよ?もし体調が回復したとしても前日仕込みで?いきなり500円セールの客足に対応出来るのか…不安材料ですね(;´Д`)
うまくらさんへ
間違いなく「覚悟」が必要な時代になってますね。是だけの新規ラーメン店が増え続け、帯広だけでも一年で平均5~6店舗が立ち上がります。ニーズに合っているのか?

お客さんの選択肢が多岐に成る為、余程の「技」「覚悟」「ソフトの充実」がないとそこら中が閉店に追いやられてしまうのは目に見えていますね。

それに気付くどうかも店主の手腕にかかっている。

「驚き」と「感動」が不可欠なんだと感じます。

ただ、頑張って欲しいのですよ(*´∀`)ノ「高い」が先じゃなく「満足」が先にくるラーメンがあるはずですから。
キングさんへ
無事、感謝デー2日間を乗り切ったようです(;´∀`)ノ完全に病み上がりでしたね(汗)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。