--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/23.Tue

【幕別・札内】とんこつラーメン福亭


あらゆる雑誌やTVなどのメディアで登場している
幕別札内のラーメン屋とんこつラーメン福亭なのだ。
恐らくfamilyでお伺いする事はまず無いだろうなw
記事にはしてないがふとした時に暖簾を潜っている。

2009_0528_124305-DSCN1576.jpg


私の年少の頃、札内は親父の実家がありまして。現在魚屋さんの場所は昔駄菓子屋さんだった事を記憶に残っている方もおいでだろうか。其処だw因みにおばあは今も健在ですのでご安心を。その当時向かいのスーパーマーケットには鯛焼き屋さんもあって現たいやき工房社長の先代が営んでいた。そのスーパーから少し進んで左に入ると、事ある毎に昼間、通った食堂?スナック?があった記憶があり、そこのラーメンが旨かったような気がしている。そこら辺は長屋が並んでいたと思うんだけれど。其処のママが私の事を随分可愛がってくれて「カワイイねーカワイイねー!」とあやしてくれたものだ。いや…現在は勿論可愛くないぞ。っちゅーか只のデブだwwまあ、その30年程前には福亭はなかったはずであるwwしかし福亭の開業が何時なのかは記憶にないんだよなあ…2000年から先のコミアイにも掲載されていないしなあ。それ以前という事か?


2009_0528_123232-DSCN1573.jpg

さて昨年頂いた限定の福亭ラーメン900円だ。
やはり此の角煮はウンマイ!醤油ダレじゃなく
恐らく味噌ベースのタレで仕込んでいるのだろう。

2009_0528_123240-DSCN1574.jpg

デフォ醤油よりも深味もあり、味の濃厚さは増す。
豚骨ベースのスープに油分も結構な層で成している。
一個そのまま入った煮玉子は味含め良く固め黄身。

2009_0528_123244-DSCN1575.jpg



あはははは、濃いなあーw



2010_0316_120300-DSCN3484.jpg

そして最近登場した期間限定の塩つみれ900円。
大体一年に数回こういった期間限定のラーメンを
開発し、提供されていて、探究心は留まる事を知らない。

2010_0316_120309-DSCN3485.jpg

スープは塩デフォベースの其れであると思う。
ゴルフボール程の大きさのつくれがこの舞台に
大きな存在感であり、またこのつくねがなんじゃ?!
恐らく豚ひき肉に大胆にも大きく刻んだチャーシューを
練り込んだものだ。ホントに此方の店主の想像力はww

2010_0316_120313-DSCN3486.jpg

更にこの舞台にも油分の層は厚く、こってりさを増す。
私の好きなトッピングに粗く練ったピーナッツを
塗したメンマだ。これがその味にもしっかりした脇役。


しっかし私の味覚が歳と共に変化したのか?!
こりゃ塩っぱいなあー(汗)でも…でも…でもね?
何故か喉が渇く後味に帰宅後、また食いたくなる。
きっと「濃いなーー!」と改めて思い知るだろうにw



ふと今回の訪問で不思議に思った事がある。
なんと暖簾には「西山」ではなく「保刈」の文字!
あれーー(汗)?麺変えたんだなー。西山の黄麺より
白味を増した麺は保刈の特徴を少々逸脱したものに
自身驚いた。保刈ではこんな麺も作れるのか!?
きっと此の麺が保刈と知っていて食しても判らない。
保刈製麺の細やかな製麺行程に最近驚く事ばかりだ。
是非、機会を作って製麺所を見学させて欲しい!!!
何方か連れてって(^o^)丿(人任せww)


ちぃと脱線。
先日、ある親父さんから「帯広は保刈か梅田なのか」とこんな話が浮上した。「梅田ってそんなに使われているトコないと思うんですけどねー」とは私。そう梅田商事は私の記憶と麺喰い師さんの情報では芽室のらーめん元藤と札内のラーメンあおば位か。西田製麺と保刈製麺が占めているような気がしているけれど、他に使用しているトコは何処だろう?


福亭の店主は伊藤洋則氏。其の店主がspica☆さんブログになんと!一回だけコメントも寄せていたと記憶している。他のブログではそんなコメントを寄せた事はないだろうwwspicaさん曰く「きっと福亭店主は思い切りシャイなのよ♪」と仰っていた(伊藤氏、私にもコメントして…)。数年前より店主も小さいながらもしっかり挨拶してきた。お母様?だろうか未だに頑張っている姿も最近では微笑ましく感じる。極塩、福亭角煮入り、とろ味噌の定番限定のほかに度々期間限定で登場しているラーメンも和洋中の要素を取り入れ様々なアプローチで開発している伊藤店主は流石に凄い。しかし…しかしだ。やはり高めなフォローだ(汗)50円アップはなんともしがたいが、痛い…。


2010_0316_120750-DSCN3487.jpg

最近、新登場したチャーシュー丼だ。
此方は(小)400円となる。少し安くして(泣)…!
よく豚丼のタレの手法で作るラーメン屋も
多いだろうが、此処はまた違ったタレのようだ。



とんこつラーメン福亭
住所 幕別町札内中央町320
時間 11時~18時30分
定休 金曜日










関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
福亭さまのオーナー兼シェフの方からメール頂いております^^

ブログやってて良かった~と思いました。

前回、お邪魔した時は残念ながら、オーナーは不在でして・・・

しかし、一つだけ言えることはこのオーナー様・・・真面目でシャイな方は間違いないです。

あとラーメンに対する情熱はかなり熱いです!

これから十勝のラーメン界を背負っていく方かも知れませんね。

No title
麺を変えたんですか!
これは今度食べに行くのが楽しみです。
No title
ここ!私はまだ行ったことないのですが、旦那や旦那の両親は昼ごはんとかに(会社から近いので)使っています。ここの息子さんとか知ってるし・・・ラーメンは未体験なんですが、キムチはたべましたよ~☆美味しいんですよ☆
 すごろく・・・・また営業してくれたらいいのになあ~☆お父様が札内なのですね^^意外とお知り合いかもしれませんね☆
七誌さんへ

メール頂いた事あるんすか!そりゃ嬉しいですねー(^o^)丿
限定に関して言えば伊藤店主の創作意欲の場なんでしょう。
店主が居ない時ってあるんすか!?誰作ってたんだろ…
匿名改めwうまくらさんへ
きっと「ホントに保刈さん?!」と驚くかと思いますヨ(・∀・)ノ
ミキティさんへ
札内のおじいおばあは昔から札内でしたんでひょっとしたらお知り合いなのかもしれませんね(・∀・)ノ

そうそう福亭は自家製キムチがメチャ旨らしい!やっぱり旨いですか!食ってみたいなぁ。

すごらく屋は申し訳ないですが、再業はないと思いますなぁ(;´Д`)恐らくミキティさんのように残念に思われている方は多いのかもしれません…。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。