--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/05.Mon

柴田淳は男性が聴いても泣けるもの。


もうぶっちゃけ。そう私は無類の「柴田」好き。

またの名をしばじゅん。いやいやそうそう柴田淳である。私が茨城在住時、いつも行っていたCDショップがあった。そこの視聴コーナーで初めて彼女の声に触れて…もう全身から鳥肌が立ったのが記憶に残っている。そのCDとはデビューアルバムである柴田淳の「オールトの雲」。まあ正直云うと彼女のジャケの顔立ちにも私の一抹の好みが反映されていた訳だがww。それを差し引いても?一曲目の「なんかいいことないかな」を聴いた時の私が受けた衝撃は半端なかった。彼女の楽曲を一言、二言で表わすならば…「淋しさ」「憂い」が当て嵌まるだろうか。「なんかいいことないかな」の歌詞の冒頭からこうだ。『 少なからずと私は歪んで 人を見る目に支障が出た。人を信じたい バカを見ないなら 夢を叶えたい 叶うなら 』これ聴いてすでに脳内ノックアウトであった。この曲のサビの締めは『胸はきしむけど…』このデビューアルバムには名曲揃いである。「ぼくの味方」「変身」そして最後の曲「それでも来た道」で括った。全体的に生音で構成された曲達に彼女の女性らしい細さの中にも艶のあるその声がのり、柴田淳の世界をすでに持っていた。

その後もシングル・アルバム共になんとも「憂い」のある楽曲ばかりだ。その一因に彼女の曲進行にある。彼女が多様している"7th"。メジャーセブンス、マイナーセブンス、セブンスを多様しており、そこに曲の「憂い」が生まれる。日本人に聴き馴染むところではないか。フォーク、歌謡曲のように。私も時々彼女の曲をアコギで弾く事があるけれど、やはりピアノのほうがよく馴染む。

私の好きな曲はどうも初期のものばかりだ。先述した「なんかいいことないかな」を始め「ぼくの味方」(これはギターで弾いてもイケるw)そして二枚目のアルバムトップの「夢」。この曲は嵐の二宮クンがライブでアコギ一本で弾き歌った曲で有名?なのかもしれない。その後のアルバムの全てに云えるのはトップに持ってくる曲がどれも一気に柴田淳の世界に引き込まれる曲ばかりだ、という事。あああ…なんて素晴らしいシンガーソングライターなのだ…。悲恋や失恋、結構ヘヴィな愛の歌などで女性のファンも多いとは思うけれど、男性の方も是非聴いて頂きたい。特に30~40代。泣けるから。彼女の曲の中で何故か「僕」という一人称の歌詞が現れる。そこがまた面白い。更に私の好きな曲で、彼女の楽曲の中では一番毛色の異なる、うーん異色な曲でもある「未成年」この曲も必聴。「一緒に帰ろう」も男性が聴くとキュンとするwwそんな私はというと、度々入れ替わる車内のCDチェンジャーの中には必ず七枚のうちのどれか柴田淳のアルバムが一枚忍ばせており、独りで運転中に聴く事が多い。



しかし彼女はカワイイ(やっぱそこかい?!)では堪能あれww

J-Shibata.jpg
オールトの雲のしばじゅん

main2.jpg
最近のしばじゅん



どちらも…



やっぱカワイイ…(失礼しました)



関連記事
スポンサーサイト
音の色 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。