--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/08.Thu

【帯広】麺屋みやび、4月で閉店するぞ…

さて親父さんから以前今月の4月一杯で終了というお話を頂いたので此処に記するとしよう。数ヶ月前に自身管理コミュにて「みやびが閉店するとの事です」との情報を頂いた。え?!マジで!と凹んでしまった次第だ。真意の程を探りに訪問したのは、これまた数ヶ月前。そのお店とは麺屋みやび


未食のラーを頂こうと思った。
それがこれ!坦々麺750円だあ。

2010_0209_130943-DSCN3271.jpg

この舞台は素敵な色味で食欲そそるぞー
特注小林麺のシコシコに特製ラー油の辛味。
これがスコーンっ!と抜け、また箸進むのだ。
甘めの味噌ベースに辛味系醤で炒めた肉味噌。

2010_0209_130949-DSCN3272.jpg

坦々麺と謳うよりは辛味噌と謳いたいなあ。
またもやしなどの野菜トッピングが辛味の
中から舌の直しに丁度良く、なかなかの一品。

2010_0209_130955-DSCN3273.jpg


難を云うなら若干の飽きと平坦さを感じる事か。



さ!お次は肉チャーハン750円であるわ。
豚丼のタレのような甘さと醤油の辛さを併せ持った
タレで仕込んだ豚肉がチャーハンの上に鎮座される。
豊頃のあの店のような布陣な舞台であるけれど。

2010_0209_130803-DSCN3269.jpg

うん、これもなかなか旨し。
肉をもう少し細く施してくれたら
チャーハンとの合わせが良いかも。

2010_0209_130810-DSCN3270.jpg



麺屋みやび。2007年オープン。その当時は若き店主が志し高く開業したが、数か月後、定休日でもないのに暖簾が掛からない日が起き始めた。そんな日が日を追う毎に連日になり始め、ついには閉店状態となってしまう。その後再開されたが、その若き店主の姿は無かった。新たに居抜きで店舗名も其のままに2008年5月に再オープンしたのが親父さんの大澤健一氏である。大澤氏は営業の仕事に従事された後、某ラーメン屋で店長も経験されてた御仁。オーナーは私の同級生であると知ったのは昨年であったwwまあこの閉店の話も直接聞いてはいないので判断しかねるが、親父さんからは「もうオープンしてから決めてた事だからねえ」との返答があった。非常に残念であるが仕方ないね。私の知り合いでは私が記事にもした黒醤油を絶賛していたが、その閉店の話を聞き、残念がっていた。さああと数週間でこの味も喰い納めとなります!後悔の無いよう、この機会にどうぞ堪能して下さい(^o^)丿


麺屋みやび
住所 西22条南3丁目6
時間 11時~20時30分
定休 月曜日(祭日は営業)


しっかし親父さんから「○○君もよく来てるんだよ」「え?!マジですか!全然逢わないなあ…」と聞いていた。オーナー以外の同級生もよく来ているらしかった。久しくっちゅーか高校卒業して以来逢ってないから(爆)…!!よかったら連絡おくれやす。ヤ○キーつてでも構わないから。学祭でアコギで長渕を熱唱したあのぶうより。
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
閉店ですか・・・残念の一言ですね。
写真の肉チャーハンこれは魅力的ですね。見た目で美味い!と既に決めつけてしまいましたよw
うまくらさんへ
ホントに残念です…結構周囲の方々からも支持され常連さんもついていたお店であったのですが。肉チャーハン。まあ上海のサガリチャーハンのようなものと比べても致し方ないですがwこの庶民的感覚は「旨い」ですw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。