--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/13.Tue

【帯広】ら~めんあんじ

今年もまた帯広で着々と?と新規ラー店がオープンされている。が…数年前、帯広では『暗黒のラー歴』といってもおかしくない年があった。それは平成19年度、2007年の年だ、この年は近年にない程の新規ラー店ラッシュであった。しかし一年も経たずに閉店してしまったり1~2年で閉店されたお店が非常に多かった。その年の10店舗程の新規店で現在勝ち残っている(語弊はない)のは麺倉庫じだい屋とラーメンまつなが位だ。さて今年はどうなるのだろうか。

まさしく今年の栄えあるトップスターターではなかろうか?!2010年今年1月23日にオープンしたら~めんあんじ。ぼんずを送った帰り途、営業していなかった店舗を見やるとラーメンの文字が?!それが昨年12月末の出来事であった。情報によると以前は其処スナックであったそうな。私の古い記憶ではイタリアンかなんかだった。で、そりゃ涎を垂らして見守っておりましたよwしかし外観はほぼ完成しているのに一向にオープンする気配がみえない。そして今年を迎え、ようやく新聞にてオープン記事が掲載されたという訳だ。


2010_0123_112022-DSCN3209.jpg

オープン当日。丁度仕事明けであった為、
車に乗り込み11時を目途に暖簾を潜ってみた。
入口は風徐の為二枚の扉となっている。
しかしこの二枚ともガタがきているのか?
閉まりが悪く、これは早急に改善が必要か。

後で知り得た事だが、今回この11時帯、またその初日にはブロガーが一同に会した時間帯・日でもあったのだww顔も知らない我々がこうして一斉にラーメンを啜りあーだこーだと思い考え、カメラを構えてブログにアップしていた訳だwこりゃ或る種異様だ。その異様な雰囲気であったろう事は間違いなく店主も記憶に残っているだろうなあ。其処に居合わせたのは七誌さんご家族亀きっさん。そして孤高のラー達人、キングさんである。何たる面子だ、ラー馬鹿勢揃いwwあ、失礼致しました…この面子の中では私、若輩者であるのは明白…。恐らく他にも居たであろう。帯広ブロガー恐るべし!!


狭い厨房には男性がお二人、オペレートを支えている女性がお二人。
しかし流石に初日。オペレーションがもうガッタガタだ…
の割には店主の動き、ホールの女性の動き・声に恐れがない。
こりゃ経験者ですね。若い男性は…うーんいずれ辞めるな…

私が注文したのはしょうゆ700円+チャーシューにして900円だ。

2010_0123_111035-DSCN3204.jpg

旨そうだ!こりゃー旨そうだ!!濃厚そうな。
スープを頂くと、うん?おう動物系が突出したものだ。
風味では香味が足されている。濃厚だが後味はサラリ。
醤油ダレはほのかに、スープの力が強く完成されている。

2010_0123_111049-DSCN3206.jpg

煮玉子は丸一個と嬉しい配慮で味含め濃い目。
チャーシューはトロトロバラ肉で大振り、旨い。
麺は小林麺(特注?)で縮れ強くプッツリだ。
久々の小林麺での新規ラー。よーござんず!

2010_0123_111101-DSCN3208.jpg

しっかし非常に完成度の高いラー一杯であった。
帯広での新規開店でこれ程まで完成された一杯は
久々で嬉しい誤算。これは他のラーも是非頂きたい。


ただチャーシューはどうかまな板にそのまま放置ではなく
他の容器に移して頂けると見た目も良いとは思う。夏場が心配。
更に見た目で云うならレジ横に材料の野菜類はさらしておくと
見栄えも悪い。せめてダンボール箱に閉まっておくのが嬉しい。



-------------------------


2010_0125_110829-DSCN3210.jpg

んじゃ!お次はみそチャーシュー950円だ。
これはメニュートップである。店主お勧めの一品。

これまた味噌とスープのバランスが良いと思う。
甘味も程良く喉に引っかかる事もない旨味スープ。

2010_0125_110843-DSCN3212.jpg

木耳がポイントだろうか、あまり主張はしてこない。

2010_0125_110835-DSCN3211.jpg

面白いのが舞台に添えられたおろし生姜である。
これを溶かし入れるとまた異なる風味が足される。


すでにこの訪問時点で若い男性の姿はなかった。
女性陣はお若い感じだがチャキチャキで下手すると…ヤバいかw
黙って能面で接客されても困るけど、話し声が兎角大きい…。
また挨拶に感情が感じられず、挨拶がひとつのフォームと化している。




---------------------



さて最後はしおチャーシュー900円だあ。

2010_0227_134037-DSCN3368.jpg

おう!はい私のあんじお勧めはしおに決定!!
一番スープの味が判り、またみそよりも好み。

2010_0227_134047-DSCN3369.jpg

麺との相性もしお・しょうゆが良いと思う。
このしおでようやく海産味が知覚できたw

2010_0227_134202-DSCN3372.jpg

しっかしこの煮玉子はどうなんだ…?これ
お客さんに提供出来るレベルではないでしょう…
残念だ。

この時点でセットメニューが新たにに登場した。
サイドメニューにこんな一品が登場したぞい。
チャーシューご飯250円だ。なかなか旨い。

2010_0227_134054-DSCN3370.jpg




あんじのラーメンは完成されている。であるから
是非今後はソフト面、最低限のお客様目線に
力を注いで頂きたいです。

今回は味ではあまり感想はないのです。正直云うと。
それよりも目に見える、感じる「!?」が多過ぎた…


なんか今回は打つ指が滑らかではなかったです…
うーん。最近見られるようになった樹脂製の箸だ。

2010_0123_110719-DSCN3203.jpg





ら~めんあんじ
住所 西19条南3丁目10
時間 11時~15時/17時~21時
定休 水曜日
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(14) | Trackback(0)
Comment
煮玉子で思わず笑ってしまいました(笑)
殻を剥くのに苦戦した様が目に浮かびますね。
茹で玉子は、茹で上げ直後に流水にしばらく置いて冷ますと、
殻が剥きやすく黄身のまわりが黒ずまないですよ。
と、大昔「面白ゼミナール」で学びました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
スナフキンさんへ
煮玉子ねえ…こりゃ酷かった。殻を剥いた後に漬け汁に漬ける訳でその時点で判るはず。更に提供時点でも。残念でした。
匿名さんへ
あっちゃーこりゃ失礼しました。助かりました!滑らかにはいかなかったのですよww
No title
「孤高のラー達人、キングさん」(笑)
No title
はい、ラ―ばかです、あたしゃ^^

あんじさま、スープも麺も好感触です。

ただ、あの時以来お邪魔してないのは確かです。

どうですかね?

再訪した方がいいですか?

結構、混んでますし躊躇してしまいます。

No title
ゆで卵は、水にさらす時に鍋肌にぶつけてやると殻と薄皮の間に水が浸透し、つるるんと剥けるわけですなあ。

この煮玉子は商売をやる資格がないですね、はい。
床に落としたものでも平気で客に出すでしょうなあ。
No title
ラー馬鹿のkameは出遅れたようですw
それにしてもぷうさんの観察力は凄いですね。(@_@)
ミシュランもピン子もびっくり!バビョーンです。
競馬場通りの厚生病院南側に暖中さんみたいな壁色の
中華屋さんが建築されていますね。
只今ロックオン中です。
キングさんへ
ですよ♪
七誌さんへ
ラーバカ認定受理ありがとうございますwwうーん…あの煮玉子の事が引っかかってて「行ったほうがいいです!」とは強くは云えないです…味はしっかりと纏まったレベルの高い一品だとは感じるんですけどねー
うまくらさんへ
解説ありがとうございますww

うーんこればっかりは私も凹みました。気付いて頂ければ…と思います。
亀きっさん
七誌さんに続きラーバカ認定受理ありがとうございますwwいやーお隣に亀きっさんが居たとは驚きでしたw

気になりますもんで…恐らくほかの方々も感じている事かと思いますねー。

あ!厚生病院南側ですねえ?なんだっけ?私のメモでは中国・上海料理の東海楼っちゅうお店でしたよね?勿論私もロックオンwww!
で?
タイトルなし
> で?

で??

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。