--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/26.Mon

【音更】離れ山翠庵 音更

まあ、落ち着いてから伺おうと思っていたんですよ(汗)しかしね…ウズウズしちゃうじゃないですかwラーバカなだけに。愛しの宮崎の親父さんが関わりなだけに。こうしてオープンまでの経緯を身近に感じられる事に感激している訳です。タグホーム社長様サンクス!


で、堪らず暖簾を潜ったのがオープンから数日後w
どこら辺だろねえ?大体は頭に入っていたけれど
かみさんと車で音更クンダリまでひた走ったのだ。

あ、此れだ。見つけた。離れ山翠庵音更だ
祝オープン記事は→こちら


いやー駐車場に処狭しと車があるあるあるある。
うーんこりゃ上手い具合に停めないと近隣から
苦情が出るんではなかろうか?そこが心配です…
何とか一台空きスペースがありホッ。軽の特権w


2010_0328_115202-DSCN3552.jpg


しかしこれは見事な外観だなあ。見事だ。暖簾を潜ってみたら、これまた素敵な清潔感のあるナチュラルブラウンが基調の店内。どっしりと重厚な山翠庵とは趣きが異なるスマートで、また明るい照明だ。店内では目の前にカウンター。そして左手にテーブル席が何脚か。右手には小上がりが在る。感心したのがカウンターだ。この段階では座った事がなかったが、恐らく椅子とカウンターとの高低の高さまで計算しているだろう。推測どうり後日カウンターに座ってみたら、丼、箸を持ち上げた時の高さなど、女性も男性も頂きやすい中間的高低差の配慮が成されたものであった。流石のタグホーム高橋組なのか?!


2010_0328_115348-DSCN3553.jpg 2010_0328_115723-DSCN3556.jpg




お忙しい親父さんと女将さんに挨拶も程々に
私とかみさんは小上がりに座ってみたぞ。
さてメニューを拝見してみよう。ああそうだ。
価格が結構なものである。しかし面白いのが
デフォルトの価格とアレとでアレのほうが安い。

2010_0328_115437-DSCN3554.jpg


さ、その時のスタッフの方々、そりゃ手際も
声も中々…もう手一杯だろう。そこで女将さんか。
こりゃ大変だなあ…と遠巻きに拝見してました。


で、キマしたよー♪
かみさんの塩らーめん750円だあ。

2010_0328_120457-DSCN3558.jpg

私も少し頂いてみた。以前かみさんが山翠庵で頂いたものとはベクトルが異なるものである。塩の当たりはまろやかに鶏白湯の粘度が高い。一瞬みやざき時代を彷彿としたものだが流石に親父さん、あの頃のような攻め入るパンチ力よりかはジャブでじわじわクる味に仕上げている。

2010_0328_120506-DSCN3559.jpg

煮玉子は親父さんが先日仰っていたように、また女将さんがラーメンを持ってきた時「玉子は味付けにしたわよう(笑)」と仰ったように、味がついた。これが何とも味含め薄くほんのり香る程度に施したそれは脇役に徹している。旨い。

麺は保刈製麺の特注らしいが云われなきゃ判らんちんのとっちみち。保刈のポテンシャルの高さに改めて思い知る。親父さんもこのような麺に仕立てるとは、センスの高さはピカイチ。まだまだラーメン道直走りイケルんちゃうか?!さて他の感想だが私の注文したものと同意なので次へいく。




さ、私の注文したのがワンタンめん醤油700円だ。
そうワンタンめんのほうがデフォルト塩・醤油よりも安価なのだw

2010_0328_120545-DSCN3560.jpg

醤油ダレはスープのそれに負けない程度の当たり具合。麺との絡みもよく旨いな。
しかし塩でも感じた事だが最初の飲み口ではあまり海産・節系が知覚されるに遠い。

2010_0328_120610-DSCN3562.jpg

だが、どうだ!頂き進めると折り重なるように味に
福よかな風味が広がるのだ。そうか!この丼のせいだなあ。


2010_0328_120447-DSCN3557.jpg

こりゃサプライズだ。ヤラれた。この推形の丼にした訳がココにある。このような形はあの無き五条軒の丼に類似したものだ。麺を啜る。スープ。少しずつ節系の香りが到達し、また(なんだこりゃ?)ほのかになんか施しててやがるww判らん。幾重にも味が重なり最後まで驚きが待っている。ワンタンはあくまで普通かwチュルチュルww

2010_0328_120604-DSCN3561.jpg




此れは醤油・塩どちらも然りだ。しか~しこれで終わらないのだ…。
そう塩・醤油のほかに山翠庵になかったアレを忘れてはならない。

もうこの時点で云ってしまおうか…はい。






「離れでは味噌を食せ」






後日、私はまた暖簾を潜ってみた。そうアレを食す為に。すると「…アレ?!お…女将さん?!」まだ女将さんが手伝っていた。女将さんは私を見ると(ニヤっ)とした。そうかあ、未だ無理かあ。あれ?それじゃ親父さんは一人で母屋(山翠庵)でお昼やってるのか?!カウンターに座る。厨房には親父さんの姿はない。オープン時に居た女性スタッフの方は辞めずにまだ居たので安心した。お?厨房にはなんと!男性スタッフがお一人入ってるじゃないですか?!えー?修行?!お弟子さんですか?!知らんけどwwさ、注文しましょうねー。

はい味噌らーめん850円でしたw

2010_0419_122840-DSCN3711.jpg

見た目味噌らしい風貌はしていないのが不思議だ。とりあえず頂いてみる。……!!!!!!!!なんだこりゃ?!!ん?ええ?!まだ判らん…まだ。啜る。スープ。啜る。……なんじゃこりゃ…!味噌の風味はほのかに。後から知覚される。なんだこれ。ダブルスープか?いや違う。やっぱり塩・醤油でもない紛れも無く味噌なのだ。なんだこのとんでもねえな。「味の華が咲く」とはこの事だ。濃厚な鶏白湯に脂、味噌、節、香味、秘密?これが味がばらつかず纏まっているのだけれど、そりゃマー油もあるだろう、でもそれに頼ってないのだわ。そんな重なる奥行きがありながらも、そう確かに「引き算」されている。判ります?味噌のような足し算の味が「引き算」されているんスよ。くそう…でたな…みやざきの親父さん再来だwあの当時の度肝を抜かれた記憶が蘇りやがったぞ。そして先述の丼の隠し技だ。手繰っていくと味噌の風味が増えてくる。まだまだ重なってくるのだ味が。


2010_0419_122850-DSCN3712.jpg

更に麺だが、麺湯で時間変更した?
先日の塩、醤油では正直云うと
柔らかくなるのが早かったのだ。

しかし今回の味噌での麺は最後まで
しっかりとスープとコラボってた。





あああ、と…止まんねえ!これは是非塩や醤油を頂いた後で挑戦してみて欲しい。此方を見て頂いているラーメン店主の方も少なからずいると思う。是非この「やってまった」味噌らーめんを体感して欲しい。驚愕の味なのだ。新しい発見が必ず待っている。850円?いいよいいよ!払いますよ、いや払わせて下さい。生きててよかった。生きているうちにこんな味に出会えるとは!味噌らーめん。徹山流、此処にあり!


「離れにきたら味噌を食せ」



で、サイドメニューのらーめん屋の豚丼380円だ。
このタレが苦味も程よく甘味も兼ね備えた逸品なのだ。
そしてご飯に隠し技が施されている。それは頂いた方のみぞ知るww

2010_0328_120622-DSCN3563.jpg




「こら、なに隠れて食いにきてんだw?」

とふと懐かしき声。恐る恐る顔を上げてみると…お…親父さん?!「あ…あれ?あれれ?なんでいるんスか(汗)?」「ん…まだいるんだな(笑)」「え?いつまで?!」「ゴールデンウィーク明けるまでかな。ん?味噌は”まあまあ”か(笑)?」「いや…なんすかこれ…とんでもないですよ、凄げえ…」「まあまあでしょ(笑)」なんとも謙虚な(いや皮肉な?)面持ちで聞いてきますわww


2010_0328_115512-DSCN3555.jpg

スタッフさん。元気な明るい挨拶でした。好印象。
あとはオペレーションの確立。これは慣れも大きいから。
お札は是非お客様に確認していただきましょうね。
頑張れ!みんな!!親父さん女将さんが倒れる前にw



離れ山翠庵 音更
住所 音更町柳町南区3-7
時間 11:30~14:30
定休 水曜日


でも「高い」と感じるかあ…
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(12) | Trackback(0)
Comment
No title
小遣いの限られたサラリーマンにはワンタン麺が限界ですw
麺茹でしてる彼は未経験者なので温かい目で見守ってあげてくださいw
No title
先日,店舗だけ見て帰ってきました(笑)
2時半になろうかという時間だったのでね。

女将さんのケガ,治ったかしらね。
No title
この間行って来ました。塩ワンタン食べましたよ。
ちょっと…しょっぱ濃かったかな。
奥様はどんな感想だったんでしょうか?
家族
おはようございます。

先日の日曜日に家族で歩いていってきました。私はこれで3回目になります。オープンと同時に満席となり人気の高さが伺えますね。そして私はラーメン屋の豚丼の隠し技に驚きました。(笑)小さくても中身は凄いよの一言でした。次回はワンタン麺に挑戦します。
今月配布されたチャイ5月号160Pに、とかちの車窓シリーズを連載する事になりました。鉄道コラムとして気軽に読んでいただければ幸いです。
No title
新情報のサービスです^^

ワンタンメンが醤油・塩と同価格に変更となりましたよ。

で、チャーシューと味付け卵がデフォで。

と、いうことは?

めちゃ得ということですな。
「サービス品があってもいいべ」と社長が言い張るのさw

お客様から塩気が強かったとの声がちらほらと・・・
スープの濃度と粘度を上げてブレを抑えたので落ち着いてくるかと思われるが・・・


しかし
3時間で連日の3ケタは連休明けの復帰の前に倒れるかも?w
そりゃプリキュアw室長さんへ
まあ、あの価格にしたのは「それなりに意味がある」訳なんですが、しかし私もそりゃ頻繁には行けん価格ってなもんですww

>>未経験者

でしょうねえ。しかも飲食業経験も無いとみたwしかし流れが判らないまでも「何か」必死に学びとろう、自ら仕事を見つけようという気合が感じられ好印象ですよ^^
四十郎さんへ
ええ?!女将さんお怪我されてらしてたんですか?!存じ上げておりませんでした…大丈夫なんでしょうかね…。

ラーメン屋に立つ親父さんはもう見る事はないかも知れませんww是非お伺いして目に焼き付けて下さいませ^^
小さな鉄道博物館さんへ
> おはようございます。
>
> 先日の日曜日に家族で歩いていってきました。私はこれで3回目になります。オープンと同時に満席となり人気の高さが伺えますね。そして私はラーメン屋の豚丼の隠し技に驚きました。(笑)小さくても中身は凄いよの一言でした。次回はワンタン麺に挑戦します。
> 今月配布されたチャイ5月号160Pに、とかちの車窓シリーズを連載する事になりました。鉄道コラムとして気軽に読んでいただければ幸いです。

凄いですねよえ。大体3ケタってww!どんだけさ。ホントにアノ豚丼では驚きますねえ♪今後もご贔屓にして下さいませ。

さてチャイ見ましたよう!あんなコラムお書きになるとは!素晴らしい試みです!あともしこの返信コメントをお読みになられたら、博物館を家族で行きたいのですが何時位にお電話すればご都合がよいかコメント頂けると幸いです^^
親父さんへ

ワンタンめん、それはまた頂いてみたい一品になりやしたね♪ホントに毎日お疲れ様でございます。「サービス品があってもいいべや」私も同感ww

そうッスね、私も口コミなどで耳に入ってくるのが「塩気が強い」です。あとは接客くらいしょうか?価格はまあ云われるのを覚悟の上と思っておりますのでwスープに力強さを持ってきたのですね?私の塩・醤油初食時は油分の量でそう感じたのか?とふんでおりましたが、かみさんはだんだんしょっぱく感じるとの感想だそうでした。さてどうでるか。


>>3時間で連日の3ケタは連休明けの復帰の前に倒れるかも?w

倒れますよ…それwwみんな頑張れ!!


ジョンディアさんへ

>>奥様はどんな感想だったんでしょうか?

かみさんもまったく同意見でしたねえ。
さて親父さんも気にし、少々カスタマイズされた模様。

さあ再訪ですww
いやその前に味噌を是非。
管理人さんへ
こんにちは。

塩気が強いのは感じましたが食べた後の余韻は今までにない後味で楽しめて水を飲むのがもったいないほどでした。

チャイ見ていただきありがとうございます。今日の夜なら6時すぎから9時前まで電話は大丈夫です。29日は撮影予定がないので見学はOKです。
小さな鉄道博物館さんへ
お話でき嬉しかったです!
愉しみです^^

やはり塩気を強く感じたのですねえ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。