--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/03.Mon

【帯広】名古屋コーチン・炙り焼き こてつ

私の初名古屋コーチンは茨城水戸のお店であった。偶然見つけたそのお店に入り頂いたところあまりの旨さにびっくらこいたものだ。一本が400円以上から始まるその焼き鳥屋では月に一度の贅沢で、当時鹿島に住んでいたのだが親友とも何度か暖簾を潜り、一人でもよく出向き舌鼓を打っていたのだわー。

さて帯広にも数年前になんと!名古屋コーチンを提供するお店が出来たと耳にした。その当時は住んでいた場所から遠くなかなかお伺いするに難しかったが、引越し家から非常に近くなったのもあり、ようやく暖簾を潜ることが出来ました(^o^)丿其のお店とは名古屋コーチン・炙り焼きこてつ株式会社NEW SELECTION GROUPという会社で経営されているようだ。その会社では幼児・子供服のショップCLUBJAMというお店も経営されている。

2009_0814_234749-DSCN2212.jpg

外観もコンセプトが明確な雰囲気が漂う。
重厚な扉を開けると照明も仄暗く中々良い。
かみさんと伺ったので掘り炬燵式の個室へ。
そこは喧騒も隔たれたような個室で素敵だ。

2009_0815_000146-DSCN2214.jpg

このような予め用意された敷き紙や皿があると
高級感も醸し出され、店の雰囲気を一層高める。
メニューを確認するとお!結構焼酎の品揃えも豊富。
私の知らない銘柄も確認出来たので、嬉しいぞう♪


更にこのような配慮。ウコンの力だww

2009_0815_000239-DSCN2217.jpg



一通りの串メニューと一品料理なども注文。
まずお通しでこんな大層なものが提供された。

2009_0815_000209-DSCN2215.jpg

ささみに三種類のタレがかかったものだが
これが非常に美味しかった。ささみも味が濃い。
期待も高まるっちゅうもんですよ!はい。


2009_0815_000615-DSCN2218.jpg

まずは「喰い切りの品」からこてつ風モッツァレラの揚げだし580円。
うんうんしっかり創作です。モッツァレラが程よくトロけ和風の餡とも
よく合い十分存在感があった。しかし頂いていくと塩気が強く感じる。


2009_0815_000953-DSCN2221.jpg

続いてこれも「喰い切りの品」から特製海老のマヨネーズ680円。
おう!こりゃ旨いよ!ねっとりとした合わせマヨネーズがなんとも良い。
海老の熱の入り方も絶妙でプリっと感が持続される。
あ…でもやっぱりこれも塩気が強い。うーんなんというか
一口目は「旨い」と驚くけれど続けて頂いてみるとキツイ…


2009_0815_000835-DSCN2220.jpg

まず串で最初に登場したのがレバー串だあ。一本190円。
あら、ちょいと焼きが強かったのかな(汗)レバーって難しいんだなあ…


2009_0815_001440-DSCN2223.jpg

続いて鶏串290円、首皮串190円、ポンジリ串190円。
鶏串は2本注文してみた。(ホワイトバランスが…白紙持参しようかな)
あああ、こりゃ鶏串旨いわー。歯応えもありながらジューシーですわ。
名古屋コーチンって脂がなんともサラリとした味わいが好きなんですが
串は間違いなく私好みの味ではあるけれど名古屋コーチン独特の味わいが
薄いような気がするのは私だけ(汗)?歯応えはコーチンのそれではある。



2009_0815_001908-DSCN2225.jpg

特製つくね(コーチン玉子付)480円。タレで。
これボリュームもあって旨いです。


2009_0815_003145-DSCN2228.jpg

手羽焼き(2本)290円。
今回、個人的に一番旨く感じた。
焼き具合も絶妙で素晴らしく旨い。


2009_0815_002625-DSCN2227.jpg

此方のお店では名古屋コーチンだけではなく鹿児島産の黒豚や
こんな串メニューも存在する。スペイン産極上イベリコ豚串セットだ。
ホホ、中落ち、カルビ、ロースの4本セットで1350円となる。
それぞれ味わいも異なり、旨いです。特にホホが旨かった(^o^)丿



2009_0815_001928-DSCN2226.jpg

最後に「コーチン喰い切りの品」から限定生春巻き580円。



2009_0815_000228-DSCN2216.jpg

焼酎は今回今まで頂いた事のない米焼酎舞水(まうみ)
福岡県の冨安本家酒造さんというところの焼酎なんですが
これがなんとも爽やかで喉越しサラりとした旨い焼酎でした。



男性スタッフもとても好感の持てる接客でした。串もそれぞれ備長炭の香りもよく、創作メニューも此れほど揃うと迷う位に選べる愉しさがある。他のメニューでは「コーチン喰い切りの品」でレバーカツとある。これ気になる。「飯」メニューではコーチンのガラで抽出したスープで様々な創作料理も揃う。中でコーチンの玉子ご飯というものもあり人気の品らしい。個人的な欲を云えば、出来ればコーチン使用の親子丼をメニューに挙げて欲しいです!餃子もあり笑顔屋の餃子とのこと。串メニューでは味を三種選べる仕組み。塩、タレ、山わさび。さて名古屋コーチンに純系と冠打ってないのは何故だろうか。意図的か?

因みに先述した私が激ウマ!と記した茨城水戸のお店はこちら→山久
其々の部位の串は勿論激ウマだが特にちょうちんは仰け反る旨さ。

ブログではこちらの方のが詳しい→女と猫は呼ばない時にやって来る




2009_0815_005133-DSCN2229.jpg


名古屋コーチン・炙り焼きこてつ
住所 西20条南5丁目7番4号
時間 17:30~翌01:00
定休 火曜日
ホームページ





関連記事
スポンサーサイト
帯広の呑み処 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
美味しいですよね~ここ。

黒とオレンジを基調にした店内はお洒落で落ち着きます。
ここで使ってくださってるランプは全部当店の使ってくださってるんです。感謝☆

牛タンの刺身をここで初めて食べましたよ。
つくねや水餃子も旨し!でした。
で、邪道かもしれませんがここのミルクレープがまた絶品!今度チャンスがあればぜひ食べてみてくださいな。

もうちょいコスパがあれば(お安ければ)最高なんですけどね。
spica☆さんへ
おおお!ランプですか?!其れは伺い知れない。次回はランプにも注目してみます☆

牛タンの刺身は勿論レバ刺しもお伺いした時は品切れとなっておりました。ですので悔い(喰い)が残っておる訳ですww確かに串旨い。コーチンであるから!とはまだ云えないですけど(汗)ミルクレープ?!?かみさんは此方のお店「塩っぱい」との感想で恐らく一緒には行かないと思うので次回はそれも(出来ればテイクアウトでw)頂いてみまッス(^o^)丿
No title
オイラもこのお店好きです。

みんなでワイワイも良いけど、広いカウンターで2人でゆっくり話す、なんてのもいいですよね。

ここのレバ刺しは塩+胡麻油につけて食べるのですが、これがまた旨し!
創作メニューも多いので飽きが来ないしね。

ただ、帯広の焼き鳥屋に馴れてしまうと、半身を豪快に使った炭火焼きや唐揚げがメニューにないのが寂しく感じてしまうんですよねー。
ジョンディアさんへ


刺し系はその時は品切れでしたんで必ずリベンジしやす!
創作メニューが豊富なのは飽きないで嬉しいですよねえ。

帯広では半身ボリュームで提供されるそれぞれ(鳥せいのせい?)が鉄板ですもんねww
判ります。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。