--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/13.Thu

【帯広】豚丼の鶴橋

無償に喰いたくなるのです。1974年に新橋より暖簾分けしたとされる豚丼の鶴橋。現在は三代目の熊谷一男氏が厨房に立つ。接客のおばちゃんもいつも笑顔で素敵だ。

ニソロモシリ時代の新橋の記事はこちら、鶴橋の記事はこちら


2009_1014_143908-DSCN2615.jpg

云わずもがな此方のお店の特徴はカラメルと
継ぎ足しで深い黒褐色に輝いたこの丼タレなのだ。

2009_1014_143923-DSCN2616.jpg

重たいように感じるが、此れがそうでもない。
旨さを感じる苦味と甘味のバランスが素晴らしい。

どちらかと云うと個人的には新橋より鶴橋派ww
なんだろ?新橋のほうは甘さがあるように思えるんだなあ。


2009_1014_144101-DSCN2617.jpg

肉の量・バランスは850円のデフォ価格からするとどうも心許ないような舞台であるが旨い丼タレだけでもご飯が進むのだから、アラ不思議。豚丼提供店では、三世代目辺りの主流となると豚丼は肉の味わいを重視したように肉が柔らかくさらりとした味わいのものが多いような気がする。しかしこの橋派の豚丼はどこよりも独創的だ。肉はしっかりとフランパンで焼きタレをその肉の状態に合わせた絡め技。橋派の雄一無二の黒く煌びやかな輝きを放つ舞台は圧巻。また新橋でも超マウンテンな豚丼を提供されているが此方の鶴橋でも超特大豚丼1600円が存在する。私は恐らく挑戦しないだろうさww


味噌汁も勿論旨い。たださも当たり前のように「味噌汁は何に致しますか?」と聞かれたらそりゃデフォ添えと勘違いする輩も間違いなくいる事をどうか店側は配慮して頂きたい。ああやっぱり旨い。
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)の豚丼 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
鶴橋、その昔はよく行ってました。
僕はどちらかと言うと鶴橋のほうが好きかもです。
が、新橋も人気ありますよね、どちらも美味しい!
画像見たら久しぶりに食べたくなりました。
思い出させてくれてありがとう。
No title
昔に比べ若干万人向けに味が変わったかなあ、と
今のより、もう少し甘さを抑えた方が鶴橋の本来の味だと思います。甘さが強いと独特のコクが消えちゃうのよね。味噌汁たまにお替わりしますw
KA☆ZUさんへ
こちらでは初コメですねーありがとうございます(・∀・)ノ

そうなんですよね、鶴橋のほうが何故か好きww久し振りに暖簾潜ってみてくださいねえー♪超特大でww!
うまくらさんへ
へー!今より甘味抑えられてたんですか?!それ食べてみたい(・∀・)!新橋より甘さ控えめだなぁ、と感じてたのにww

味噌汁は鉄板ッスね♪
鶴橋美味しいですか
私は苦手な豚丼です
なので10年前に行ったっきり行ってません
おばちゃんさんへ


うーん…恐らく万人受けはしないお味でしょうからねえ。
私の周りにも苦手だという方沢山おりますよwww

何を隠そう、私も最初に頂いた時は苦手であったのです(暴露)ww
あ…云っちゃった(汗)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。