--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/14.Fri

【音更】麺流政宗

にわかに音更町はラーメン激戦区の様相を呈してきたようだ。2010年5月1日に満を持してオープンしたのだ、と感じた。情報によると石狩の人気店らーめん信玄、その札幌店で5年間程従事されていたという事らしい。因みに私は信玄は未食である。ただ誌面やネット界隈で人気の程は窺えた。自身の管理コミュではオープン日より期待度の高さからかコメントも多く更に辛口の声が多かったのが特徴的であった。そしてオープンより数週間経ち、店も落ち着いた頃だろうと感じ暖簾を潜ってみた。何故急遽時系列を無視してまでも早々アップしたのか後ほど記する。

すずらん大橋を帯広から音更に車を走らせ左手にセイコーマート。その手前区画の道を左に曲がるとその店は現れる。其処が麺流政宗だ。らーめん信玄へのリスペクト、はたまた火花を散らし負けじとされる現われだろうか店名を政宗と表す。外観は非常に清潔感もあり流行りの日本調をプッシュされた昨今のラーメン屋とは一線を駕す。

2010_0513_115215-DSCN3966.jpg

暖簾を潜ってみると風除室、更に進む。
すると左手に厨房に面したカウンター席は約10席。
珍しい事に右手には二人掛けのテーブル席が4脚ある。
奥には小上がりがあり、これは非常に面白い提案だと感じた。
その客数に合わせ座る事が出来、オペレートさえ整っていれば
高回転する事が出来るのではないだろうか。面白いなあ。


さて店に入るとほぼ満席状態だ。定休日明けでこれは凄い。
ん?二人掛けのテーブル席が一脚空いている。座るか躊躇する。
すると挨拶はあれど席への案内がない、どういう事だろうか。
座っていいものだろうか(汗)?もう少し待ってみる。うーん…
で、仕方なく進み「ここでいい?」と聞いてみると「どうぞー」だ。


2010_0513_115351-DSCN3967.jpg

二人掛けのテーブル席に一人座り、メニューを開こうとすると
いきなり横に女性スタッフが立ち注文を聞こうとしていたのだ。
いやいや…いきなり来て直ぐには決まんないでしょ(汗)?困った。
水の提供でもあればきっかけもあるだろうけれどセルフのようだ。

仕方ないので早々にメニューを拝見し、注文。
厨房を見てみるとお若い男性が一人懸命に調理。
女性スタッフは二名。この二名はあくまでホールのようだ。
店主が会計のお客様を確認し「少々お待ち下さいませー」
入店してきたお客様方を直ぐ確認し「いらっしゃいませー」
非常に好感の持てる接客術はシティナイズされていて
流石人気店で働いていただけあるなあ、と感心しつつも…




約15分、待ち目の前に登場したのがこれだあ。
豚骨味噌750円にチャーシュー150円で900円となる。

2010_0513_121053-DSCN3968.jpg

舞台はシンプルなものだ。チャーシューすら隠れる。
ここでまず「勿体無い」と感じた。スープを探っていると
少量ながらもやしや玉ねぎ、葱が現れる。そしてメンマも。
うーん…トッピングも脇役ながらしっかり役割を持っている
訳でそれが丼の大きさ、スープ量のおかげで舞台が面白くない…
チャーシューも折角トッピングしたのだから見せ場を作って欲しい。


スープを頂くと恐らく豚骨のコクは清湯系であろうか。
そこに独特な風味をもつ味噌ダレが絡む。これって何だ?
こうじ味噌のようなナッツ系のような香ばしさやコクを感じる。


2010_0513_121128-DSCN3970.jpg

チャーシューは大振りで味含み濃い目で少々ボソっと感。
ジューシーさは感じる事が出来ず、なんか勿体無いなあ。
麺は信玄でもお付き合いのある小林製麺で縮れ中プリッと
された麺はスープに良く合い、旨い。麺は旨いなあ。合うよ。

2010_0513_121107-DSCN3969.jpg

これはなんだ?!んーーーーん?揚げ玉だ!
これは必要なのか(汗)?一緒に頂いてみたが疑問だった。


今回感じた事の一番マズいのは店主とスタッフの温度差。店主は流石よく店の状況を把握していたが、女性スタッフがフォロー出来ていない。まずは女性スタッフに店の回転効率をどのように行えばスムーズに行えるのか、良いのか教育が必要か。案内がないのはそこら辺に原因がある。私の後も続々と入店するお客様。案内がない為一様にうろたえる様が窺えた。注文を聞く体勢もマズイ。案内しまず「注文が決まりましたら」等の声が欲しい。注文されたメニューを出来上がり目の前に持ってきた時も声が小さく何が来たのか判らない。受注時の反芻などもも声が小さい為提供違いが間違いなく起こるだろう。店主がラーメン調理の一手を担っている為、注文を受けてからの出来上がりが遅い。これも改善が必要なのではないだろうか。しかし女性スタッフにトッピングなどの仕上げの工程に組み込んでも良いがまずつけ爪を禁止する事から教育したほうがよいと感じる。小上がりは禁煙だがカウンター、二人掛けのテーブル席は喫煙可。なんの意味がある?もう数週間経ち慣れてもいいと思うがホールのオペレーションが確立されていない為何をやっていいか判らん状態なのではないか。お昼前にお伺いし更に続々と入店されている事から平日にも関わらず間違いなく三回転はいくだろう。最近の新規店でもこれ程の集客は見た事がない。であるから尚更「勿体無い…」リピーターチャンスを「味」ではなく基本的な「接客」「オペレート」で落としている。忙しいから致し方ないというのは間違い。誰が見ても基本が成されていない為客足が落ち着いても変わる事がないだろう。会計時女性スタッフに言及しようとしたが私の後ろから次々と会計に並んでしまったので叶わなかった…。店主さん!札幌とは違いますよー。早急に改善しないとチャンスを逃がしますよ!頑張っておくれ!!関係者の方もしこの記事をお読み頂いたらどうか店主にお伝えいただけないでしょうか(汗)?再訪しますので改善されておりますように。



2010_0513_121228-DSCN3971.jpg

サイドメニューの角煮丼400円。
ボリュームは感じる。角煮のそれは味含み薄。

2010_0513_121238-DSCN3972.jpg

このタレが独特で辛子マヨネーズのようだが
円やかさがあり卵黄も混ぜ込んでいるのだろうか。
その他チャーハン400円もあるがハーフは無し。





株式会社山口?店主が株式会社を立ちあげたのか?!
オーナー店舗か?気になるところだ。



あ…テーブルにティッシュが無かった(泣)


麺流政宗
住所 音更町すずらん台仲町1丁目1-3
時間 11時~21時
定休 水曜日
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(14) | Trackback(0)
Comment
No title
こんにちは。

先日は博物館の訪問ありがとうございました。行き届かない所もあったかと思いますが楽しんでいただけましたか?後日更に改造計画を進めてしまいました。(笑)まだまだ構想はあるのですが幾分自宅スペースを最大に生かしたレイアウトをこれからも考えていきますのでまた時間が取れればお気軽に訪問してみてください。
たしかに近年になり我が音更はラーメン激戦区?になってしまいましたね。ラーメン好きな私には嬉しい悲鳴です。(笑)また管理人さんのブログは私が気になる所までコメントされているのでとても助かります。この店も気になっていましたので早速のUPありがとうございます。とても参考になりましたので後日訪問したいと思います。
No title
はじめまして♪
いつもこっそり読ませてもらってます。

5月1日がオープン日だったんですね。
そうとは知らずオープン日に訪問してました。
どうりで花輪がたくさん・・・(笑)

私も案内されなかったので小上がりに座り、メニューを目にしたと同時に横に無言で立たれ・・・。
思わずあせってしまいました。
出てくるまで30分ほど待たされ、まぁオープン間もないから仕方ないか・・・と思いながら店を後にしました。
待ってる間、ホールの方とお客さんが知り合いなのか、おしゃべりが気になり、
製氷機のせいなのか水が薬臭かったのが気になり・・・(汗)

リピートはたぶんないでしょう。
No title
私も本日行ってきましたよ!
込んでいて座る席がなかったので案内されるまで入り口で待機してました。
回転効率.接客も含めてたしかにもったいない感は否めないですね。
ましてや客が味以外で違和感を残して店を後にするのは
自分の首を絞めているようなものですから即改善した方が
良い結果に繋がるのは間違いないですね。
味は良いので回転効率の向上がキーでしょうね!
小さな鉄道博物館さんへ

いえいえ!ホントに愉しませて頂きました!興奮しましたねー。ぼんずや姫も「また行こうネ!」と喜んでおりました^o^)丿ありがとうございます!訪問する度に新しい発見があるというのは嬉しいです♪

気になるところ多く「勿体無い!」と思ったので早急にアップした次第です。本来なら店主に直接お伝えするのが筋なのは重々承知してはいるのです(汗)是非訪問した際には感想コメントお待ちしておりますヽ(^o^)丿
もこさんへ


お初のコメント!更にこっそり読んでいただきありがとうございます^o^)丿オープン日に暖簾を潜ったのですねー。私ももしオープン当日であれば「ま、仕方ないかw」と思います。まずその「おしゃべり」は繁忙日は確実な訳で節度が必要なのでしょう。これに関して云えばあまりに度が過ぎた「おしゃべり」は疎外感を感じてしまい一見さんが離れてしまう要因のひとつで。一線を置くのは難しいところですが必要でしょうから。

その水の味に関しては私の時は感じませんでしたねー。改善されていると思います。新規店にありがちなのです。納入された新しい製氷機や冷蔵庫など、匂いがつき易い。ですので予めオープン日より早めに電源をいれ、氷であれば何度も製氷し捨てる作業が必要だと思っております。今は大丈夫だと思いますよ^o^)丿

他の感想については私の思うところと数週間経っても変化はないというのが判りました。勿体無い…気付いて欲しいですね。もしお味でリピート断念していないのであれば、どうか時期をあけて再訪して頂きたいのです。店は常に日々の仕事をフィードバックし「もっとお客様が満足して頂けるよう」改善し努力しているはずなのです。それでなくては店を自営する意味もないと私は感じます。またいつか再訪し、もし変わっていれば嬉しくなりますしね♪またその逆も大分凹みますけどww

今後ともどうぞこっそり見て頂けると嬉しいです!
kameさんへ

最近の新規ラーメン店では物凄い集客ですよねー!凄いお店が出来たなあと感じます。であるから尚更「勿体無い」頑張って欲しいなあ…どうか開店前、閉店後に店主とスタッフでフィードバック、OFFJTを実施して欲しい。してるかw
No title
ぷうさんの厳しいコメントの奥にはお店に対する期待感がぎっしりと詰まっているのですね!流石です!
私の場合ですと気に入らないと書く気にもなりませんが…w
味を全てとするか!こだわりを全てとするか!寛げる空間を全てとするか…
色々と店主の想いはあるとは思いますが 客にはその想いが
伝わらなくては 元も子もありませんね。
kameさんへ

> 味を全てとするか!こだわりを全てとするか!寛げる空間を全てとするか…
> 色々と店主の想いはあるとは思いますが 客にはその想いが
> 伝わらなくては 元も子もありませんね。

そうですねえ。それがウチの拘りなんだとか「想い」や「決意」そんな意思決定が伝わると話は判るんですですがwwま、明らかに店で意思決定が浸透していないと「不信」に繋がってしまう。勿体無いです…


麺流政宗
初めまして。麺流政宗の店主は信玄の店長ではありませんよ。どこでそんな話になったのかは知りませんが・・・。信玄の店長とは知り合いなので間違いないです。
ただ信玄では働いていたそうです。
修麺生さんへ
おー!直ちに訂正致しました(汗)!ありがたい情報提供恐れ入ります。その情報はネットからでした。修麺生さんからその情報がなかったら店主に直接お聞きするまで湾曲したままでした…ありがとうございます(・∀・)!
No title
いつも新規開拓、御紹介楽しみに参考にさせて頂いてます。地元ですが知らなかったので行ってみました。
結論は、今度すずらん大橋を渡りセーコマ見えたら左折ではなく右折して六兵衛に行きます。角煮丼は底に油が溜まり味は薄くタレがおしゃれに格子状に丼いっぱいに
かけてありヘビーでした。
ynさんへ
愉しんで頂けて嬉しいです、こんな云いたい放題のブログですがあくまで参考にして頂けること幸いです(^o^)丿

左折ではなく右折で六兵衛!ワロタwその選択肢も面白いですwそうっすねー角煮丼の角煮はもう少し味がしっかりしていてもいいかな、と感じます。格子状?舞台に変更ありですね。さーてどう変化しているのか気になり始めたところです。いざ?!
No title
先日やっと行けました。塩ラーメンを食べました。まずトッピングが雑な印象。

ひょっとしたらこだわりでコレなのかもしれませんが、雑に見えてしまいます。
チャーシューは見た目が大きいのでもう少し厚みがあれば良かったかな。そのチャーシューもやっぱりスープに沈んでました。

閉店直前に行ったのでスタッフの対応は普通でしたね。

鍋を振る様子を見ていましたが、丁寧かつ豪快。
しっかり修行されたんだと思いますが、肝心のラーメンが見た目で損しているのが残念でした。
ジョンディアさんへ
店主の所作は見事な部分ですねえ。

なにがってやっぱり舞台が淋しいと現れた時の心の躍動が起こらない。これ意外と重要ですよね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。