--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/25.Tue

【帯広】ラーメン・餃子 北京

主力道路から仲道を入らないと見つからないお店の一つ。しかし確かに脈々と常連さんが受け継がれ支持を得ているのが判るラーメンを主とした中華のお店でもある北京である。北京は昭和33(1958)年創業、すでに老舗と呼ばれる程の営業をされている。街中から現店舗に移転されたのは何時の頃だろうか。



2009_0813_151409-DSCN2183.jpg


さて暖簾を潜ると庶民的な装いの店内だ。
これぞ地元に根付いた安心感が醸される。

奥に気持ち程度にカウンターが設置される。
私はテーブル席に座り、メニューを眺める。
するとどれも安価な底値でセットメニューもベーシック。


2009_0813_145636-DSCN2178.jpg

ペンギン?北京?ぺ○キン?ぺ○ンギン?かけている?
はてさて洒落ッ気のある北京のキャラクターがこのコw

厨房では店主ご夫婦と、お?ご子息なのでしょうか?
ご家族で切り盛りしている様子で和やかな雰囲気である。


程なく注文した品が登場した。
醤油ラーメンのセット850円のチャーハンがそれだあ。
デフォルトでは醤油・塩で580円、味噌では680円。

2009_0813_145951-DSCN2179.jpg

醤油では濃い目の色合いが特徴的か。
頂いてみるとなんともオーソドックスな!
鶏がらメインのベーススープはこれ程まで
安心感のあるお味に仕上がっているのも好印象だ。

2009_0813_150007-DSCN2180.jpg

麺は少々柔らか目な中麺で中華らしくないと云えば、うん。
チャーシューもふむふむ、お麩が入るのも庶民的であるw


2009_0813_150021-DSCN2181.jpg

チャーハンには青海苔が舞台を彩り湯気から香りがあがる。
お味は薄めの施しでシットリとした米のほぐれ具合。

セットにして満足出来るボリュームというのは安価である故か?
折角なので北京といえば!の餃子も追加注文してみたぞ。これだあ。


2009_0813_150424-DSCN2182.jpg

焼き餃子7個!で380円となり嬉しい限り。
素晴らしい焼き色は流石永年の腕の成せる技のようで美しい。
頂いてみるとこれまた優しいお味でニンニクは不使用っぽい。
なんというか肉のお味と野菜の甘味が効いたタネでいいねえ。
大きさも丁度良く、コレだったら何個でも喰える気がしたw旨い!



セットメニューではチャーハンその他カレー(小)、餃子+小ライス、ぶた丼(小)となる。またラーメンでもデフォルトの他ねぎ、野菜、五目、のり、カレー!メンマ、辛口、キムチ、もやし、バターコーン、ホルモン!更に餃子ラーメンなる代物も存在し奥が深い。餃子では焼きの他に水餃子やスープ餃子もあるぞ。餃子はお持ち帰りもあり冷凍餃子50個で2300円となる。小さなお子様連れでも安心してお越し頂けるような親切さもある。うん!北京でのキーワードは「優しい」「安心」「親切」にあるかもしれない。この安価設定と上記のキーワードであるから次回はfamilyで是非行ってみたい。あ、喫煙可だな。


ラーメン・餃子 北京
住所 帯広市西18条南4丁目29
時間 11時~20時30分
定休 水曜日(11時~14時迄、昼営業を始めた)




関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。