--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/21.Fri

天人峡 天人閣  family旅行(13)


腹も膨れたfamily一同。
では!二日目のお宿へ行きますよー(^o^)丿


私「こっから少し長いから寝てていいからなー」

だんだん奥地へ車は進む。おーまだまだ行くのかww?!
寝る事はおろか、なんとぼんず達は興奮ぎみだw

私「あ、熊に注意だわ」
ぼんず「出るの?!」
姫「おっ父う気を付けてね(汗)」
私「大丈夫大丈夫w」

職場の同僚曰く「夕方だと蛇が当たり前のようにいるから(笑)」
と道中その話題にfamilyは「誰が一番蛇捕まえられるか競争!」
とか云ってたんですがこの深い闇の中では蛇など見える訳もなく…

「あ!きつね」「え?!どこどこー!」「こどもだったねー♪」
「きつね!」「え!またどこどこー!!「可愛いねー」

ぼんず達は後部座席で全然見る事できずww
親だけ見る事できたのはきつねちゃんでした(笑)

辺境の地へ赴いたのはそう!天人峡です(^o^)丿
天人峡の天人閣さんで今回も素泊まりとなります♪


丁度到着の時、携帯がプルルルルル…
「あ、天人閣ですうう、お判りになりますか(汗)?」
「天人峡に入ったところです、そのまま真っ直ぐですかー?」
「すぐお迎えにあがりますのでーーー」


思ったよりも凄く素敵なスタッフさん達がお出迎えですねー。
なんか「お子様に^^」とゲームの引き換え券も頂いて。
早速部屋に荷物を置いて、大広間へレッルら…ゲームww
射的では鉄砲の弾が「ポン…」と出ても勢いなくすぐ落ちるハプニングが!
こういうのもなんか温泉ホテルっぽくていいじゃないの(笑)
他に水ヨーヨーもゲットし、私のヨーヨー捌きをぼんず達に披露。
すると「おー!凄い!私もおれも!」とちょい人気者?に。
ガキの頃バカみたいに水ヨーヨーを飛ばして廻して遊んでた成果がいまw?!!?


温泉も泉質サラっとした、湯温もちょうどよい。
圧巻なのが大内風呂の壁の岩!渓谷の岩をそのまま使用しているらしい。
露天も渓谷が目の前に、人も少ないし、ゆっくり浸かることができました(^o^)丿

湯からあがりお部屋でまったり。

ここで姫の大人の階段を一段あがる感激の出来事が!
「ちょっとその歯みせて。見るだけだからw」と前歯のグラグラを確認。
するといきなり姫「ヴェヴェヴェヴェヴェエエエエエ!!!」と急に泣きだす!
見るとかみさんの手には乳歯が一本チョコン…。

「抜けちゃった(笑)」とかみさん、確信犯の不敵な笑みを浮かべるw
「見るだけっていったのにいいいいい(泣)!!」とヴぇヴぇヴぇっヴぇーーんん!
「おーやったなーおめでとう(^o^)丿!!」と私拍手!するとみんなも拍手!
「拍手いらなーーーいいいいい!ヴぇヴぇヴぇヴぇ…ヴぇヴぇっヴぇ…」


暫く泣き続け、機嫌も直ってきたところでぼんず達は就寝。
私達は待ってました晩酌の時間。購入した青潮を頂く…と。

「おお!旨いよ!」私びっくらこきました。
「え?そう?どれどれ…あ!おいしい♪」とかみさんもびっくら!

凄くいい買い物をしました!嬉しいなー。
で、突然ですが此方の部屋、扇風機がないのです…
渓谷だから“涼しい”だろうって?いや…とんでもなく暑いのです(泣)


私、気付かぬうちに汗掻きすぎていたんですな(汗)
寝る前に私、いきなりブッ倒れましてね…、その間少し記憶がない。
かみさん急いで飲み物を私に与えたらしく、経ちなんとか復活(汗)すると

「……え…え…ええええーーん!」とかみさんいきなりボロボロ泣きだし、
「死ぬかと思ったああ…私を置いてかないでええええ…!」ともうボロボロ(汗)
「ごめん…ごめんな…気をつけてたんだけどなあ(汗)」とかみさんの頭をなでなで…


ああ可愛そうな事しました…
仕事でも私よく無理をするので、かみさんいつもこんな気持ちだったんだなー、と…
気をつけなきゃ…!悲しませたくないもんな!
家族がいるってこういう事なんだな。
守るものがあるってこういう気持ちなんだな。


で朝!三日目も晴れ晴れすぎるほどに晴れました。

2009_0810_201952-CIMG0609.jpg

2009_0810_202119-CIMG0611.jpg


深い闇の中では見ることが出来なかった窓からの景色です、すぐ目の前に渓谷。

2009_0810_202042-CIMG0610.jpg

羽衣の滝は時間があればぜひ観たかった(泣)

きっと紅葉の季節も凄く綺麗なんだろうなー。
では帰りながらの三日目編へ突入ですよー(^o^)丿


天人峡 天人閣
住所 北海道上川郡東川町天人峡温泉
電話 (0166)97-2111


関連記事
スポンサーサイト
family小噺 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。