--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/06/02.Wed

【帯広】BUTADONCAFE創

西24条の以前は蕎麦屋さんであった古民家を改装し
2月にオープンした豚丼と和カフェを融合したお店BUTADONCAFE創
オープンして2週間余り経った時期に暖簾を潜ってみた。

2010_0226_123352-DSCN3367.jpg


テーブル席がメインの店だが
空間を有効に使っている印象。
ご主人は料理人の佇まいはあまり感じず。
奥様はとても物腰柔らかく素敵な接客だ。

2010_0226_122635-DSCN3362.jpg

お茶の湯のみがキュートで小粋w
テーブルも洗練されていながらモダンな風合。

2010_0226_122704-DSCN3363.jpg

メニュー表も和で統一された手作りのものだ。



2010_0226_121753-DSCN3357.jpg

さて注文するは当然豚丼である。
此方の特徴はお米にあり白ご飯とほうじ茶で炊いたご飯がある。
はい炭火焼ほうじ茶ぶた丼700円だあ。

2010_0226_122004-DSCN3358.jpg

地元産の豚を使用しているらしい。
舞台にはロース、肩ロース、バラの三種の部位となっている。

2010_0226_122024-DSCN3359.jpg

炭の良い香りがする。ボリュームも十分感じる。
丼タレは軽い施しでコッテリ好きには物足りないか?
これは女性にも召し上がり易いように工夫しているととる。

2010_0226_122035-DSCN3360.jpg

部位では一番肩ロースが旨かったわー
さてみそ汁は別注文で100円となる。
今回は注文していないが豚丼と一緒だと800円だ。

2010_0226_122041-DSCN3361.jpg


ここで3月末の十勝毎日新聞に創が面白い広告を載せていたので転載しよう。
単にメニュー広告、宣伝で提示されるものとは異なり全て文章で織りなしたものだった。






■某有名豚丼店の店長をあっさりと辞めてしまった。
しばらくは岐路に立ち、じっと方向を見定めていた。見据えた方向に在るものは「帯広とかちの豚丼」の行き先。豚丼といえば帯広…その知名度は全国的にも浸透している。しかし、意外にも地元帯広人にとっての豚丼のイメージといえば各家庭の味であったり、男性客が中心となっている。知名度とは別の温度差を感じていた。それは主(あるじ)の不在に似たものを感じ、そこが盲点であり、逆に事業としての面白みを見出していた。


■自信があった。どこにもない豚丼をきっと創る、と。
試行錯誤の日々が始まった。一番の着眼点をみつけるのに、そう時間はかからなかった。昔から、こういう所には鼻が利く。ヘルシー志向の女性や年配者は、豚丼を強いては好まない、しかも料理が少々苦手でもフライパンひとつで自分で作れてしまうんだから。ならば、一手間、一工夫を凝らして「家庭ではまねの出来ない」「ヘルシー」な豚丼を創ろうと的が絞られた。

豚丼の素材はいたってシンプル…肉、米、たれ。その中で一番の【創】の個性の引き立て役になったのが飯であった。原田米穀さんに主(あるじ)が飯に対するこだわりを伝え【創】のイメージする「炭火焼ほうじ茶豚丼」が出来上がった。

オープンしておよそ一カ月半、【創】の豚丼を食べにきてくださるお客様は、日に日に増え、「おいしい」とこぼれる笑顔に創り手として至福の瞬間を味わっております。








このような広告はなかなか興味深く、面白いなと感じました。確かに女性や年配者でも頂き易いような味施しであると思う。会計時結構突っ込んだところまで店主さんとお話出来ました。某有名豚丼店が何処なのかは伏せておきます。ヘンな先入観を植え付けられると困るからだ。そんな店主はあまり他の店の豚丼を召し上がってはいなかったそうで、だからこのような視点も生まれるのかとも納得した面もあり。売りの大きなものであるほうじ茶飯ではありますが個人的にはもっと茶の風味が立っても良かったかなと感じた。ただ女性の嗜好ではどうか?と考えると「?」よく判りませんw

さて創では創作豚丼の提供も着手し、創風ひつまぶし膳なる豚丼のひつまぶし風な丼を作り上げたようだ。更に和カフェとしても黒豆コーヒーや豆乳、抹茶、ほうじ茶などを使用した創作ドリンクやスイーツや葛を使用した和風ゼリーなども提供。さて豚丼と和カフェの融合、フュージョン。この先どのような企画、創作メニューを私達に提供して頂けるのか個人的にも勉強になり興味が尽きないお店のひとつとなった。祝オープン(^o^)丿




あ…カフェとして利用したく是非中休みを無くし
カフェタイムを設けて欲しいと願うのは私だけw?



2010_0226_121552-DSCN3356.jpg

BUTADONCAFE 創
住所 西24条南2丁目3
時間 11時~14時/17時~21時
定休 不定休
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)の豚丼 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
「辞めれる」店長と言えば限られますから、あそこですかねえw
私も広告で見ましたが、着眼点はよろしいのではないでしょうか(と言うか、今までそういう思考がなかったのは問題!他の豚丼店にも同じ事が言える)

結局「豚丼」が一番わかってないのが豚丼専門店というお話。味噌汁の話は・・・もういいやw
うまくらさんへ

あそこと「鳴物入り」「手広く」のあそこもある?

いやん…相変わらず手厳しいww
味噌汁の話は…私はもうデフォ添えでなければ注文しておりません。イヒヒ♪
No title
このほうじ茶めしの豚丼たべてみたいなぁ~。
あっさりのタレ。。私好きかもしれないです☆
ほうじ茶を使ったスイーツもきになりますわんv-286

ゆてゆてさんへ
女性やお年寄りにも美味しく頂ける豚丼。
ターゲットをその層にあてた豚丼が面白いですよね(^o^)
和スイーツも気になるww今度かみさんと行ってみます♪
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。