--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/06/05.Sat

小さな鉄道博物館は小さな宇宙、幼き想いに夢を乗せて、のfamily小噺

私のブログ歴は携帯ホールページから始めたのが約5~6年前。30代に入る手前辺りから。携帯でもこんな事が出来るのか!とワクワクしながら色々弄りながら平均一日アクセス数10~20人程度wwでも面白かったなあ。その時からお付き合いのある方々もまだ居り有り難い事です。そしてようやく?PCに興味が湧き楽天ブログに移行「ニソロを見上げモシリに立つ」(開設当初はブログ名異なる)を開設したのが2007年の2月。そしてそのニソロモシリもフォトデータが一杯になりどうしようか悩んでいた当時色々試験的に無料ブログを開設し使い易さやフォトデータの容量なども視野に入れつつ現在のFC2ブログ「ぶうfamilyの小噺」を本格的に開設したのが2009年7月。楽天時代から御贔屓にして頂いている方々も居りそれもまた感謝感激でございます。そしてこのぶう小噺を始めてからお知り合いになった方も居り、そんな中のお一人でもあるお方のお宅にお邪魔させて頂いたのが今回の博物館なのです(^o^)丿しかしこんな小さなブログでここまで色んな方々との縁が出来るという事は小生ペーペーな私にとって素晴らしく感無量な事なのです。ありがとうございます!


本別公園では遊ぶ事が出来なかった我らがfamily。
しかし今回の計画はこれだけでは終わらなかった訳です。
事前にそのお方に連絡をいれ、着々とその準備は進むww
当初はかみさんは仕事をまだされており仕事を終えた時間に
合わせ訪問させて頂くつもりでいたのですが、かみさんの
お腹の張りが思ったより早くもう仕事は休職を余儀なくしたのです(汗)
ホントはかみさんもっと働きたかったんですけど私が反対っ!もう無理でしょ。


Familyドライブ本別編は三日月屋ぴあ21しほろ。そして岡女堂と続き今回は
その本別編の大詰め、音更にある穂積さんが館長を務める?小さな鉄道博物館なのです♪


さてその穂積氏、幼い頃より鉄道を乗る事が趣味で、その当時から切手やその他グッズ等を大事に保管しておりました。その趣味は変わる事なく現在では鉄道ファンならその名を知らない程の知名度があるという。幾度も各新聞紙の書面を飾り、鉄道の趣味のひとつでもある鉄道写真は何度も全国紙に掲載される程の腕前。更に地元無料情報誌への記事掲載、鉄道関係誌への寄稿など本業の他趣味で此処までの認知、周知をされている方も素晴らしい。そして趣味が高じて自宅に2003年本格的に「小さな鉄道博物館」を開館。永い間に培った鉄道・JR関係者の方々からもその人柄からも親しまれ備品など寄与されながら自らも古物店などに足繁く通い現在では数千点の鉄道関係の品々が揃い開館した博物館なのです。そして博物館ではその品々を見て触れる事が出来る。2008年にはその博物館もリニューアル、現在も自宅の一角にある鉄道博物館は停まる事なく進化を続けている。


さて本業もございますので今回は連絡し日曜日に予約を致しました(^o^)丿
場所を事前に聞いていたのでスムーズに小さな鉄道博物館に着く事が出来た。

到着するとあら!穂積さんが外でお出迎えしてくれていました!
素敵なおじさんだ♪笑顔がこれまたその人の人柄を表すんだなあ。
こんなfamily一同大勢で押し掛け申し訳ない気持ちであったけれど
そんな事は気にしていません、快くお宅にあがらせて頂きましたあ。


すると奥様も玄関でお出迎えして頂き恐縮。
「お邪魔しまーす」と入った途端横に、おおおおお!
ふるさと銀河線の料金表だ!これいつのだろう…?!

2010_0509_151544-DSCN3923.jpg


穂積さん「ようこそ^^此方ですよー♪」
私「本日はありがとうございます、お世話になりま…おおおお!」


2010_0509_151605-DSCN3924.jpg

ふと見上げると二階にあがる階段には所狭しと鉄道備品が!!
いやーww正直驚きました!ぼんずや姫も「スンゲー…」と目を見開くw


あ、因みに私はテツではございません。しかし懐かしい品々に感動…!
ん?何故30代半ばの私がこんなに懐かしがるかって?それはですねえ
ウチの親父は鉄道マンだったからなのですww!幼い頃から慣れ親しんでいたのです。
まあそんな親父も国鉄からJRに変わってからは激動の人生を歩んできた訳なんですが。


さ、二階にあがるとこれまた!凄い!
二階から振り向いてみた光景。

2010_0509_151629-DSCN3925.jpg

また振り返った時の光景ww

2010_0509_151639-DSCN3926.jpg


すると穂積さんが取り出し見せて頂けたものがコレ。

2010_0509_152032-DSCN3931.jpg

2010_0509_152422-DSCN3933.jpg

幼い頃から収集した切符の数々。膨大な枚数です。あ、根室あった!
昔は道の駅みたいにこうして各駅毎にスタンプがありましたよねー
こんな冊子もあったんですねえ。凄いなあ。面白いなあ♪



あ、かみさんと姫が奥様と共に茶の間に行っちゃいました(汗)
私とぼんずは目の前に出してくれる品々に興味津々です。

2010_0509_152544-DSCN3934.jpg

昔はこのように切符を保管していたんですねえ。知らなかった。
ぼんずに開けさせてもらう、いいのかなこんなに触れてしまって(汗)
そして穂積さんがぼんずに

2010_0509_152054-DSCN3932.jpg

穂積さん「切符を切ってみるかい^^?」
ぼんず「うん!やりたい!」
私「ええ…!いいんですか?!」
穂積さん「はいはい、こうして触れてなんぼですから^^」

2010_0509_152817-DSCN3936.jpg

なんと穂積駅ww!穂積駅から岡女堂ですって!
作ったんですって!スゲー。スゲー。スゲー。

2010_0509_152759-DSCN3935.jpg

これで切符に日付が印字される仕組みなんですね。


昔はリズミカルにカチャカチャいって切符を切ってた駅員さんいたなあ。
その切符を切る道具にも切り口がそれぞれ異なっていたのです!知らなかったw

こうして棚をソレ用に使ったという。重たいものが多いから強固な棚に。

2010_0509_154315-DSCN3937.jpg

車掌さんの帽子も被らせてもらっちゃいましたw

2010_0509_151721-DSCN3930.jpg

そしてコレ!運転室をこうして再現しているのです。

2010_0509_151659-DSCN3928.jpg

2010_0509_151705-DSCN3929.jpg

起動する取っ手もこうして色々あるんですって。まあ面白い!

2010_0509_154336-DSCN3938.jpg

これ覚えてる方おりますか?駅から駅に車掌さんが交換する道具。
輪っかの下の部分に真鍮?金属の色んな形の穴したものを各駅毎で
変わっていくんですよ。これは私はおぼろげながら記憶にある程度w

2010_0509_151647-DSCN3927.jpg

蒸気機関車のスピード計ですって!こんなものまで…

2010_0509_154643-DSCN3940.jpg

なんていうか…どうしてこんなものまであるんですか?!といった
品ばかりで私は興奮、ぼんずは珍しいものにワクワクしています。


穂積さんが悪戯な顔つきで「上を見上げてみて下さい^^」
私「…え…?上ですか?うん…おおおお…え!?おおおおおおお!!!」
ぼんず「なになに?!みえない!なにあるのー?!」
椅子に乗ってぼんずも見る「おおおおお…すげー…!」

2010_0509_155725-DSCN3947.jpg

なんと!二階にあがった踊り場(もう踊り場と呼べないけれどw)の壁の
四方に床棚を作って鉄道模型のゲージが存在していたのです!ええ?!
これにはさっきまで驚き仕切りな私も流石に言葉を失う程の感動です…

2010_0509_155208-DSCN3941.jpg

それすらぼんずに「動かしてみるかい^^」と触らせてくれたのです。
ぼんず「うん!やりたい!」(ううう…私もやってみたい…)とは心の声w

2010_0509_155242-DSCN3942.jpg

2010_0509_155305-DSCN3943.jpg

2010_0509_155421-DSCN3944.jpg

2010_0509_155646-DSCN3945.jpg

2010_0509_155702-DSCN3946.jpg


一頻り博物館を堪能させて頂いた後に茶の間に移動し
お茶を頂きながら暫く談笑。奥様何から何までありがとうございます!
穂積さんが出演したVTRを観ながら蒸気機関車の素晴らしさを知り
C11はシーチュンチュンという愛称だと知り、更に鉄道の奥深さを知る。


今回訪問して穂積さんのその素敵な人柄を知ることとなったと共に感動したのは、自ら収集した大事な品々、貴重な品々を子供にも(いや何方にでも)躊躇する事なく惜しげもなく触れさせそこに意義を見出している点でした。もし私であったら閲覧はオケイでも自分が苦労して集めた品々を誰かに触られてもし壊されたとしたら…と考えてしまうもの(汗)なんと素晴らしいお方、素晴らしい「小さな鉄道博物館」なのでした。そんな穂積さんまだまだ博物館計画は進行中で、そんな博物館のお話をされる穂積さんの少年のようなww面持ちに私も童心に戻れた気が致しました。穂積さんご夫妻に、ホントにありがとうございました(^o^)丿またfamilyでお邪魔させて頂きます♪今はなき銀河線の貴重な品々やおもちゃの品々をぼんずや姫にプレゼント、更には私やかみさんにまで嬉しいプレゼントを下さり(いいのか…?)と思いつつとても素敵な思い出になりました。余談だがかみさんと姫が私達男共を置いて茶の間に行ってからのお話でかみさんと奥様も談笑しており、なんとも不甲斐無い漢についての苦労話をしていたという。いやいや!漢は幾つになっても永遠の少年なのだ!と云いたい。どでからーめんの親父さんもそうなのだ♪そんな穂積さんとどでかの親父さんの関係性も知る事となったそんな愉しい時間wwご縁とはなんと不思議で素敵なものなのだ。


(かみさんへ。いつもごめんなさい…)ボソっ





関連記事
スポンサーサイト
family小噺 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
匿名さんへ

おう!その通り!切符が切手になってる…!
わざわざありがとうございます(汗)!早速修正ww

こういうのってホントに云ってもらえると助かります(^o^)丿
○○○○さん♪細かくない細かくないww
来客
おはようございます。

昨日はそばの小学校の運道会を見学した後、高校の娘と2人で、近くの歩いていける隠れ家的存在の、あの「夏の塩ラーメン」を食べてきました。はっきり言って今まで食べた事のない衝撃を受けてしまいました。(笑)またメニューも盛りだくさん?になりますます楽しみが増えました。

今回は当博物館をUPしていただきありがとうございます。まさかこんなに大きく紹介されるとは夢にも思いませんでした。先週もライダー4人組と鉄道模型が大好きなかた2組が来られ楽しんでいかれました。また落ち着きましたら皆さんで来てください。
夏の塩召し上がったんですねえ(^o^)丿驚きの味だったでしょ♪?またメニューが盛り沢山?!豚丼の事でいすか(汗)?なに増えたんだ…?!気になるうう。

大きくって(汗)こんな小さな拙ブログで非力な筆力では中々あの素晴らしさをお伝えできずに逆に忍びないです。すんません!また行きたいです(^o^)丿

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。