--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/22.Sat

【富良野】らぁめん支那虎 family旅行(16)



実を云うと一日目の時「ちょっと店の前寄るだけでいいから」と私が頼み
そのお店を通ったほど気になっていたお店がありまして。

そんな私の想いを知ってか知らずか、かみさんがそこで食べよう、と!
しかし三日目も暑いしきっと並ぶだろうし、ぼんず達が「厭だ」って云うかも。

「いいじゃん食べたいんだから^^」とかみさん云ってくれて嬉しい。


しかしその途中、姫が車酔いしてしまう(泣)
朝、薬をしっかり飲んだんですが、流石に厳しかったみたいだ…
可哀そうに何度も吐いてしまう。

「止めようか?」と不安げな私。
「いや吐いて胃のなか何もないから食べないと薬飲めないし、行こ」とかみさん。


で、暑いなか到着。あーやっぱり並んでるな(汗)
では私が暫く(数年振りです…!)伺うことができなく
その間に超人気店にまで昇りつめたラーメン屋が富良野にありますの!
その当時の楽天記事が→こちら

「おっ父う、中にいて。姫みてて」とぼんずと共に並ぶ事に。
なんともかみさんの背中が頼もしい(惚)
私はといえば姫の苦しそうな姿をみてうろたえてしまうもの。

姫の背中をさすって「大丈夫か?」と問う。「…吐く…」と姫。「(マジで)…?!」
急いで汚物袋を用意して口元に!「ええええええ…ぶえええ…え…」


メールがくる。「そろそろだよー」とかみさんからだ。
「姫、行ける?」「うーん    行きたくない…」
「行くだけいってみよ?食べなくてもいいから」「……うん…」

車から姫をおんぶして店の中へ。
おう!親父さん痩せた?!いやー凄いなスタッフの数!
きっと修行されている男性の方もいるんだろうなー。
もう貫禄ありの人気店だ。嬉しいやら悲しいやら複雑な(笑)

座敷間に座り、さて注文を。
メニュー構成はほぼ数年前と変わらず。お?!サイドメニューに変化♪


姫は食が進まない恐れがある為かみさんの丼から分ける事に。

では!かみさんとぼんずは塩らぁめん700円です。

2009_0811_002026-CIMG0619.jpg


かみさんが一口。
うんうん美味しいねー!こういうの好きよ^^でした。

2009_0811_002037-CIMG0620.jpg


私はしおは未食であった為、頂いてみる。

2009_0811_002043-CIMG0621.jpg


うん、とんこつのキツさは前面には現れず、程良く節が効く。
ああ、でもスープの最後のほうでは塩気が強く感じるなあ(汗)
香味では磨りゴマだろうか、ゴマの風味が突出する。
姫もだいぶ食べてくれ「おいしい」と(嬉)!
ぼんずは黙々とハグハグ食ってましたww


私は支那そば700円にチャーシュー250円を。あーコレコレ!

2009_0811_002151-CIMG0624.jpg


では一口。
ブワーッと節の香りが口内を駆け巡る。
そのあとにスープのコクと柔らかな甘味が到達する。

2009_0811_002127-CIMG0623.jpg


やっぱりここは旨いなー。味が人気店になっても変わらないのは凄いことだ。
ん?…んん???あ、少し香味が強くなったかな(汗)?後味に少し違和感。
でも旨さは変わらず、だ。
チャーシューは相変わらず絶品!炙りも程良い加減。

かみさんも一口。
あ!これ旨い…。かみさん曰く塩より支那そばのほうが美味しい、と。
超塩好きなかみさんが云うんだから、それほどの衝撃があったのかもしれない。


最初の頃かみさんのラーメンの好みが判らなく、更に塩好き(汗)
少しづつ判明してきたのは「魚介・海鮮」が効き、塩気よりもスープの旨味を重視。
という点がポイント。欲を云えば細麺か。いつか芽室の通りゃんせを食わせたい。


しかしボリューム・味の点だけでも帯広のラーメンのレベルがどれ程か図れるかも、です。
その価格で満足出来る“何か”が札幌や旭川、その他の人気店ではあるのだ。
地消もいい、素材を吟味した、もいい。ただそこに驚きや感動があるかないか。
700円でチャーシュー250円、合計950円。この感動はなかなか帯広には現れない。



さて私の場合これだけでは終わらない。
これだ!豚角煮丼300円!

2009_0811_002243-CIMG0626.jpg  2009_0811_002306-CIMG0627.jpg
※クリックすれば大きくなるよ(^o^)丿

 

これは数年前では存在しなかったサイドメニュー。
これがとろとろとろろトロトロで味付けも飯に合い、旨し!
こりゃスゲー。さすが支那虎。300円でこのボリューム、恐るべし。


姫の具合も良くなったようで良かったわー
今度はぼんずが食進まず(サンタのひげのせい?)私が残りを平らげる。


では帰りますよー(^o^)丿
しゅっぱーーーーっ……「あ!バッグ忘れた!」とぼんず。
私&かみさん「ええええ!?戻るの??!」なショッキングな出来事がおまけ(泣)



らぁめん支那虎
住所 富良野市幸町12番6号
時間 11時~14時半/17時~20時半(日曜はお昼のみ)
定休 月曜・第3日曜


さて富良野のラーメン界も激震のラーメンビッグバンが起こりそうな予感。
最近新規のラーメン屋のオープンが続いているらしい。どうなる富良野!
関連記事
スポンサーサイト
道北のお店 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
こげ塩
こんにちは。

日曜日に富良野まで鉄道仲間とキハ40国鉄色撮影で追いかけて来ました。国道オーバークロスのお立ち台からは大雪山系もはっきりと見え最高のロケーションでした。撮影終了後、お腹がすき、さて皆さんどこで食事をするかと話が出た時にこちらに出ていたお店を思い出し行ってみました。丁度運よく席があきメニューをみると見た事のない「こげ塩」を発見。早速注文してビックリ。塩なのにスープは真っ黒。(笑)でも初めてでしたが後味がひく美味しいラーメンに出会えました。シナチクも普通の倍以上あり歯ごたえ満点でしたね。鉄道仲間にも喜ばれました。お店紹介ありがとうございます。
小さな鉄道博物館さんへ
富良野遠征wwお疲れ様でした!支那虎行かれたんですねえ。メチャ混みじゃなかったですか!?接客はいかがでしたでしょうか…?気になります(汗)

さて支那そばではなくあえてこげ塩とは(笑)帯広十勝にはないお味ですしレベルも高い一品だと感じます。気に入ってくれたようで何より幸いです(・∀・)ノ

味(特にラーメン)はお好みありますので、私の所感はあくまで参考までに留めて頂けると嬉しいッス(*´∀`)ノこれからもどうぞご贔屓にww

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。