--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/06.Tue

【帯広】何故閉店したのだ(泣)…カツ重専門店桜麟(きりん)


明くる日にその店に行ってみると、面影は元の外観に変わっており、看板も外されていた。店前で私は唖然とその場に立ちすくしてしまった。オープンし暫く様子をみてから暖簾を潜ってみたのが昨年だ。中へ入ってみると何とも狭いカウンターのみの店であった。しかしその店の主は元気一杯に「いらっしゃいませ!」と意気揚々で挨拶をくれた。店内の壁には若き店主の手書きのイラストや文字がポップで何とも賑やかな感じで微笑ましかった。若さ、輝き、情熱。

2010_0129_112622-DSCN3224.jpg

まずはカツ重800円を頂いてみた。

2010_0129_111748-DSCN3219.jpg

フライヤーも小さいがしっかり手入れがされている。
厚みのあるカツを揚げてから、なんと丼鍋ではなく15cm程のフライパンで調理する。

2010_0129_111811-DSCN3220.jpg

揚げた衣に焼き色を付けてから卵液を投入。
これが面白い効果を発揮した。

2010_0129_111826-DSCN3221.jpg

香ばしさと衣に今まで感じた事のない
食感があり、また半熟の卵が丁度私好み♪

2010_0129_111843-DSCN3222.jpg

あっさりした丼ツユもイイ。
ただ若干卵の火の通しを気にしていたからか、熱々とまではいかなかった。

2010_0129_111916-DSCN3223.jpg

しかし!
こりゃ私好みのかつ重だ。しかし何故丼じゃなく重なのか??
旨いじゃないか。帯広の中でも個人的に5本の指に入る旨さ。





2010_0129_112630-DSCN3225.jpg

その後、再訪。ソースカツ丼を頂く。

2010_0130_112911-DSCN3227.jpg

このソースカツ丼に関しては試行錯誤を繰り返し、納得が全然いくものが
出来ない代物であったそうだ。しかし突然の閃きでこうして誕生したもの。

2010_0130_112921-DSCN3228.jpg

ソースの尖った味わいは差ほどなく、こってりしてそうだが
思いのほかあっさりした味わいだ。これも柔らかい肉質が特徴。

2010_0130_112932-DSCN3229.jpg






そして!また再訪!!
カツ丼界の革命戦士塩カツ丼を頂く。

2010_0210_120302-DSCN3277.jpg

そう、此方のお店のメニューの一番の特徴はユーモア溢れるネーミングにある。
他にも丼最強伝説とかカツの紋章とかw店主の拘りと旨い一杯を提供したいという
心の現れを感じる事が出来る。

2010_0210_120322-DSCN3278.jpg

塩カツ丼。
店主「他にはない味です!勝負しました!」という意気込みだ。
塩ダレではなく、下味に塩味を足したものだ。これが中々旨い。

2010_0210_120426-DSCN3280.jpg

月毎に変わる裏メニューが面白い。創作意欲も十分に感じる事ができた。




カツ丼で勝負したい!と若き店主は私と熱を帯びた会話を交わしてくれた。「命を賭けてます!」とまで豪語した店主に私は惚れてしまった。彼の発する言葉の一つ一つに情熱と自信を感じる事が出来た。彼の目が輝いていた。その後も何度か通ったが、しかし数か月ご無沙汰にしてしまった。ふと、久々に彼の顔に逢いたいと思った。しかしそれは叶わぬ願いとなってしまったのだ。残念だ。是非もう一度「丼最強伝説店」の暖簾を掲げて欲しいと強く願う。どうか是非。

2010_0130_112028-DSCN3226.jpg
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のカツ丼 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
残念としか言いようがないです
自分も店の前で呆然と立ち尽くした一人です。
No title
こんなに美味しいのなら行くんだったなorz
立地が悪すぎたのが原因なのかな…
うまくらさんへ
訪問するきっかけを作ってくれたのがうまくらさんでしたね。

全く同感です…是非復活してほしいと強く願います。
でんがなさんへ

やはり立地もあったのかもしれませんね(汗)
メガ盛りはなかったですがww確かにまちがいなく旨かったです…

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。