--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/12.Mon

【帯広】すし膳あま池


その日はかみさんとの記念日。そんな日は奮発しましょっ♪で、廻っていないお寿司を頂きたく念願のすし膳あま池へ。とにかく「美味しい」「旨い」という事前情報をもらっていたので期待を大きく、また20食限定ランチのみという事で開店前に駐車場に到着!すると私の後から開店前だというのに(いやウチもだがw)どんどん車が駐車場に停まっていくのだ(汗)しかもなんという事でしょう。そのお車の皆様はキャリアのような年配のご夫婦。マダムのようなシックな装いのオバサマ方。(ええ…こりゃ場違いかい?)とさえ思わせる雰囲気と委縮しそうである。しかしそこはかみさん。「いいのいいの!ご飯食べるだけでしょう?関係ないから」と鼻息荒くドンっ!と構えてらっしゃるわー。流石。かみさん強し。

2009_1201_123621-DSCN2897.jpg

暫くし、暖簾が掛かる。ではいざっ!

2009_1201_123609-DSCN2896.jpg


おう…玄関でさえ高級感が醸される。スゲーな。
年配の女性にご案内され個室に招かれた。

2009_1201_120430-DSCN2883.jpg

入ってみるとこれまた素敵なテーブルと椅子だこと!
和の中に洋が差し込みされているけれどシックで違和感ない。

2009_1201_120507-DSCN2884.jpg

2009_1201_120532-DSCN2885.jpg

しかもこの椅子が脚が固定されていても上部が
横に回転し、席を離れる時、楽に立つ事が出来る。

2009_1201_120358-DSCN2881.jpg

備えてある注しもの等もとても素敵な器で統一感がある。
店全体の統一カラーは白と黒なんでしょうね。風合いが素敵。

2009_1201_120410-DSCN2882.jpg

記念日であるので、奮発し、1500円を頂きます。
年配の女性がセカセカした感じで少々そぐわない感じ(汗)
何所かの食堂のおばちゃんのような接客で苦笑いだ。


2009_1201_121058-DSCN2886.jpg

始めに現れたのがこれだあ。小鉢二品にサラダ。

2009_1201_121140-DSCN2889.jpg

鶏むねでしょうか、煮ふくめのようなあっさり味。
和の香味があり、しかし後から突然スパイシーな香りがきた。
面白い。全てを和にしないところにとても好感が持てる。

2009_1201_121133-DSCN2888.jpg

もずく。ゆずの香りが強く酢の加減も強めな感じ。
私は好みでしたが、かみさんが苦手なお味であったようだ。

2009_1201_121105-DSCN2887.jpg

サラダのドレッシングは胡麻でお手製みたいだ。
これには二人共「ドレッシング旨い!」と感じる。


天ぷらも登場だあ。惚れ惚れする揚げ色と食感。

2009_1201_121527-DSCN2890.jpg

お寿司が来るまでのこの演出が素晴らしい。
どれも「シャンっ」「キリリ」とした面持ちで食べる側を誘うのだ。
凛とした店の在り方、心構えがしっかり感じ味わえるものばかり。
作り手の世界へ引き寄せる「力」があり、確かな演出力を感じる。



そして待ちに待っておりました、お寿司です!

2009_1201_121534-DSCN2891.jpg

ドンっ!…えええええ(汗)おばさん…
そんな置き方ないんじゃない(泣)?
ホントに忙しそうにセワセワしていた(汗)
そういったところが表情にも表れていたので残念。

2009_1201_121544-DSCN2892.jpg

綺麗だねえ。おもわず溜息を洩らす程に。

2009_1201_121550-DSCN2893.jpg

マグロ。旨い!!!!マグロ旨いわー


あれ?あれれ?ネタの一部に若干乾いているものがある。
これは残念だったなあ。対面の左手にそのようなネタが。


他はそんな事がなく。シャリとネタの口に含んだ時のバランスも凄く良かった。
シャリの酢は黒酢らしいのだけれど、私のアンポン舌では差ほど強く印象に残らなかった(汗)

2009_1201_121558-DSCN2894.jpg

大きな自家製玉子焼きの間に酢飯が入り、面白い。
出汁の味わいも仄かに感じる事が出来、旨い。


2009_1201_123358-DSCN2895.jpg

私にとって
帯広での回転していない寿司を頂く事は初めての事。
とても素敵な時間を提供して頂き、あま池に感謝!
店のスタンス、拘り、心配りが随所に表れている。
接客のおばさまがもう少し落ち着いていてくれれば尚w


次回の記念日では是非夜時間にしかも!カウンターで。
ゆっくりと作り手の所作を拝見しながら愉しみたい。
それにはもっと私もそれに見合う年の取り方をしてからかw?



2009_1201_123625-DSCN2898.jpg



すし膳あま池
住所 西1条南17丁目17-1
時間 詳細不明
定休 詳細不明

四十郎さんは流石です!こちら



関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のお寿司 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。