--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/26.Mon

「なくもんか」観賞。思わぬ誤算で号泣…の、映るは像どり

「なくもんか」、脚本クドカン、監督水田伸生の「舞妓Haaaaan!!」コンビが再び結集した映画だ。興業も評価もボロクソであった前情報で、全然期待せずに鑑賞。しかしこれまたいい意味で裏切られた個人的に良作。「舞妓Haaaaan!!」の特のような大人計画チック破綻と強引さは確かにクドカンらしく、ただ今作の「なくもんか」ではその大人計画チックさは大分抑えられているように感じる。

E381AAE3818FE38282E38293E3818B.jpg


此処からはネタバレも含むので観ていない方はどうぞお控えを。

あらすじ

東京の下町「善人通り商店街」にある「デリカの山ちゃん」は毎日行列のできる超人気惣菜店。その店を切り盛りする「二代目山ちゃん」こと祐太(阿部サダヲ)は「究極の八方美人」とよばれるほどの働き者で親切な男。商店街の住人たちは何か困ったことがあれば祐太に頼み、祐太もいやな顔一つせず引き受けていた。祐太は8歳のときに父・下井草健太(伊原剛志)に店に置き去りにされて以来、店主夫婦にわが子同然に育てられ今は故人となった店主から40年間継ぎ足してきた秘伝のソースを受け継ぐ立派な後継者となっていたのである。ある日、10数年前に家出していた初代店主夫婦の一人娘、徹子(竹内結子)がひょっこりと帰ってきた。プチ整形疑惑があるとはいえ昔とは別人のような美人に変貌していた徹子に祐太はプロポーズ、めでたく結婚することになったがその際に戸籍謄本を取り寄せた祐太は自分には弟がいることを知る。その徹子には不倫相手の間に小学3年生の女の子、幼稚園の男の子の二人の子持ちである事が判明。その後、ラストではその不倫相手も登場。その弟とはテレビで大人気のイケメン兄弟お笑い芸人、「金城ブラザーズ」の祐介(瑛太)であった。無邪気に弟との対面を喜ぶ祐太であったが祐介は大介(塚本高史)という先輩若手芸人と「兄弟」と嘘の経歴でコンビを結成して以来その出生をひた隠しにしていたため、本物の兄の出現を素直に喜べない。



沖縄旅行の目的は不倫相手で二人の本当の父親である男に逢うというものであった。もうここら辺から私の心は締め付けられる。本当の父親である男に下の子供は「おとうさん」と呼び「もう一緒に住めないの?」と父親に問う。しかし父親は「ごめんな」。子供が「お腹が痛い」と苦しんでいた時、ヤマちゃんの徹子に云う言葉が本当の父親ではないところのしかし血縁でなくとも父親としてのなんとも切実なその言葉に、私は苦しくなった。不倫相手の父親がその時苦しんでいる子供をみて「すぐ医者を呼べ!」と叫んだ時には(ヤマちゃんだってそう云ってたじゃないか!)と更に苦しくなった。しかしその後ヤマちゃんとしか呼んでいなかった二人の子供が「おとうさん」とヤマちゃんを呼んだ時、もう私、号泣でした…。

私も二人の子持ちです。本当の父親ではないです。結婚を決意した時(本当にこの子達の父親になれるだそうか…)と悩んだ時期も正直ありました。決して今はそういう気持ちがないというのは嘘になります。今もそんな葛藤もない訳ではない。でも初めて二人の子供が「おとうさん(今はおっとう)」と呼んでくれた時は嬉しくて嬉しくて…そん時はかみさんと共に感動し、一人になって泣いてしまう(恥ずかしいから)程嬉しかったのです。血縁=家族ではないのだ。共に生活して父親として認められていく。確かに事実血の繋がった父親は今も健在だ。でも私も子供から学びながら、かみさんから学びながら、共に暮らしながら「家族」になっていくものなんだと実感している。そんな家族の姿もあっていいじゃないか。他からなんと云われようが。かみさん、子供達に感謝したい。こんな旦那で父親ではありますけんど。更にヤマちゃんの、家族には見せられない裏の顔というか二面性のあるところも男なら納得してしまうところだ(笑)仕事やストレスを家庭に持ち込まない、と考える旦那・父親は多いだろう。しかしかみさんは「仕事の愚痴や悩んでいる事あったら云ってね」と云う。そうもいかないところも男としての意地なのだ。うーむ(笑)

思わぬところで感動してしまった「なくもんか」、今じゃなくても子供達が大人なった時、一緒に観たい映画となりました。血の繋がりは強い。それはヤマちゃんと弟の佑介の「家族」の絆にも表れてる。しかしもう一面、ヤマちゃんと徹子親子の繋がりも、それも「家族」なのだ。

最後に阿部サダヲの好演、竹内結子のキレッぷりも見所のひとつ。何故最後は沖縄シーンになったのかは疑問だが(笑)
関連記事
スポンサーサイト
映るは像どり | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
 お父さん・・・・・血のつながりはなくても、その言葉で、親子になれると思います☆それと・・・・ちゃんとおじさんではなくて、「お父さん」だよ~!!と教えられる奥様も偉い!将来、その言葉で違うと思います☆
 それに、今の世の中、自分の子どもですら可愛いと思えない親も増殖中のなか、ぶうさんはすごいですよ~!!!ベビーちゃんも楽しみですね☆
ミキティさんへ
最初は「○○さん」
それから「○○のおじさん」(お兄さんでもなかったw)
きっと今以上の年齢であればもっと大変であったと思います(汗)
でもね?どんな年齢であろうとその子供なりに
葛藤があって苦しい想いもあって自分に納得していったはず。
本当に在り難い…(泣)その想いを大事にしていかないといけませんね。

あ!ミキティさん産まれましたよ(^o^)丿!!!
イエーイ♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。