--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/14.Sat

【帯広】めしCafeピグレット

なんだかんだ云ってコンスタントに暖簾を潜っているww
行く度に小物や猫フォトが増えたりしていて面白い。
しかしかみさんは猫好きではあるけれど食事の時は
ここまで一杯貼られていると「どうも落ち着かない」と云う。
なんとなく判るような気がしないでもない。

某日、1人で伺った時に頂いたサガリディッシュだ。
ワンディッシュでメインのサガリの他サラダ等。

2009_0603_121614-DSCN1596.jpg

此方のお店の特徴の一つに半熟目玉焼きが付いてくる。
これはまるで此処の鉄板のようにいたる料理に登場するのだ。

2009_0603_121623-DSCN1597.jpg

サガリ、うめー♪しっかりと特製タレで施された
肉の柔らかさといつまでも食べられる味付けが、旨い。

2009_0603_121631-DSCN1598.jpg

中々の満足感だ。






かみさんと共に暖簾を潜ってみた某日。
かみさん「たまにはピグレットで♪」
私「え?あそこにするの?いいけどw」
かみさん「今週のランチが美味しそうだったし^^」
私「はいはいw」

2010_0629_121951-DSCN4468.jpg

お、可愛い♪こういうコトが小粋だ。


2010_0629_115754-DSCN4460.jpg

またさり気無く小物が増えていたり変わっていたり。
個人的なこの店の嬉しい所は漫画本の多さである。
今回は何を読もうか?この前は何を何処まで読んでいたか?
いや…そんなのすっかり忘れているんですけどね。

2010_0629_115722-DSCN4459.jpg

気になっていたメニューがあったのだ。
最初はうーんまたサガリ系メニューにしようか?と悩む。
そういえば○○○丼なる代物がメニューに挙ったんじゃなかった?
しかしグランドメニュー表にはその名前がお目見えしない。
ま、いっか…!「サガリデッィシュで」と注文してから
ふと後ろを見やると「?!(あった!)す…すいませんアレで!!」


かみさんが注文した肉涼麺ランチだあ。
その週の500円ランチ、限定10食となる。

2010_0629_120515-DSCN4465.jpg

麺は麺箱から推測するに保刈製麺らしい。

2010_0629_120521-DSCN4466.jpg

胡麻ダレと中華ダレのダブルっぽい。
しかし此れで500円とは恐れ入る。大丈夫なのか(汗)?
しかも「後でお持ちしますネ^^」と含ませ厨房に戻った奥様。

すると大体食べ終わる頃に来たのがこれだあ。

2010_0629_121554-DSCN4467.jpg

デザートwここまで500円でサービスしてくれるとは!
とっても甘いつぶ餡にアイスクリームと白玉のトッピング。


そして!私が黒板メニューで見つけたコレだあ。
サガリ丼900円。

2010_0629_120318-DSCN4461.jpg

うーむ…やはりサガリ旨いわー。ココはサガリで。

2010_0629_120348-DSCN4463.jpg

具とご飯の間に潜んでいたのがキムチだ。

2010_0629_120335-DSCN4462.jpg

目玉焼きも勿論、オンザ重。そう丼じゃなく重だったw


Familyでも暖簾を潜ったが、カメラを忘れたので…
ぼんずと姫はハンバーグカレー、かみさんはスパカツ。
私はなんだかピラフ(だったか?)そしてレバ刺しを頂いた。



そして帰り際「あ…こんなのも作ったんだねえ」
ははははは♪和むわ。面白い。こういうの好き。


2010_0629_122024-DSCN4469.jpg




もっと学生向け特化メニューもあっていんじゃねw?
限定500円ランチは学生のみにするとか。

めしCaféピグレット
住所 西15条南41丁目2-1
時間 11時30分~22時
定休 月曜日

関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のお店 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
やはりサガリ・・・喰いつきますよね~

レバ刺しもそうですが、最近はユッケに夢中な私です^^

是非、頂いてみて下さいね。

七誌さんへ
まあ未だに自身色々思うところありますけどw
サガリ旨いですよねー(^o^)丿

ユッケ丼みたいのでしたっけ?次回はいつ行く事になるかなあ。

ブログ愉しみにしております♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。