--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/26.Thu

誰がなんの為に、彼をこの世に放ったのだ。のウインターfamily小噺(6)

2010_0115_202445-CIMG0883.jpg


発端はこちら

PCからご覧の方は杉山清貴/風のlonelywayをバックにお読み下さい。
携帯からご覧の方はマドンナ達のララバイを浮かべながらお読み下さい。










いつから此処にいたのだろうか。
独り悲しみの中、降雪に埋もれていたのかしれない。













姫「可哀そうだね…」
雪を掃い、そう呟く姫の傍らに。










douzou2.jpg








ぼんず「なんで此処に…?」
人の目を気にしながら雪を掃うぼんずの手の先に。










douzou3.jpg






なぜ此処にこうして居るのだろうか。
徒(いたずら)に誰かが此処に置いた
その理由を誰も知る由もない。











douzou1.jpg






私達もこの先旅を終え、
また過ぎ去っていた者達と。
そうして彼が此処にいた事を
忘れてしまうのだろう。






「さ、いくよ」
「待って、一緒に撮って~」




私達は車に乗り込み
彼を残し、遠ざかった。

深々と吹きすさぶこの雪は
彼の悲しみの涙を清らかな
結晶にしてくれたものなのか。






「さようなら」
「さよなら」











ED(エンドロール省略)



2010_0116_082619-DSCN3033.jpg


----------------------






はいこの人。





douzou5.jpg



だってベンチに銅像なんて置いてる普通?!
ねーーーー?



どんな理由で、誰が作ったんだコレ…?!
本当に人かと勘違いしてしまうじゃね…?
更に何故にサックスを吹いているのかも不明。
しかもなんで鳩を頭の上に乗せてんだ、この人?!



前日談

で、丁度降りたところの案内カウンターに女性の従業員が居た。
んでおそるおそる、例のベンチが見える窓までお連れして

私「あれなんですけど…」
従業員「…!!!!?」



「あ…」





従業員「あ…あれはですねー、銅像なんです^^」
私「ええええ…?!なんでアソコに銅像なんて置いてんですか?!」
従業員「うーん、他にもあるんですよ」
私「あ…ありがとうございました(汗)人じゃなくて良かったわあ」
従業員「勘違いされるお客様もいらっしゃるんです」
ぼんず「な~んだ~」



チャンチャン。



douzou4.jpg

はい次回はその前日に話を戻しましょwww
関連記事
スポンサーサイト
family小噺 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
杉山清貴の歌をバックに期待してましたら。。。

なまらゴツイオッサンの銅像・・・チャンチャン!ですね^^

これくらいゴツかったら、暑さ寒さ・・・全く気にならないです・・・なんて答えそうですね(笑)。

ブーさまの家族のお話しブログ・・・大好きです^^

No title
すんごいドキドキ手に汗握ってしまったよ。
でもこのオチ!!
なんで銅像…しかも雪かぶってるなんてねえ(笑)

杉山清貴いいわぁ。グッジョブv(^-^)v
火サスだね!

このFamily旅行の続きも楽しみです。
七誌さんへ
期待外れでごめんなさい(爆)ww
あまりの黒人らしさに面食らいましたわー

いつもfamily小噺を読んで頂きありがとうございます^^
くだらない話ばっかですけどねー♪
キヨコロさんへ

ね、しょーもないオチでゴメンチャイ(汗)!

そうそうキヨコロさんと私世代は杉山清貴やまりこ辺りでしょw?
family小噺はまだまだ続くんで色々挟んで進みますことよー
気長に愉しんでおくんなましな^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。