--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/27.Fri

【帯広】帯広焼き鳥 玄徳屋

新規オープンしたのは平成22年4月の出来事だ。当時のぶうメモはこちら。その数カ月後、夜の部にかみさんと共に暖簾を潜ってみた。此処の城主の遍歴は成行氏のブログを参照して頂きたい→こちら。暖簾を潜ったのは大通りに異彩を放つアノ城、帯広焼き鳥玄徳屋である。暫くして判明したのはなんと!西10条南16丁目にて営業されていた串厨房玄徳が移転し店名を変えオープンしていたという。であるならばあの素晴らしい銘酒の種類の豊富さにも納得だ。

2010_0503_225027-DSCN3808.jpg

暖簾を潜ると右手にカウンター、
そして広い座敷間が左手にある。
また奥にも個室があるのは?味確認だ。
私達は座敷間に座る事にした。

女性の方がお出迎えしてくれ
愛想も良く好感が持てる接客であった。

席に着いた途端、ん?あれ未成年っぽい男の子が目の前に登場だ。

男の子「お飲み物は?」
私「いや…座ったばっかだからまだ決まんないよ…」

おいおい…そんなに座って直ぐ決まんないって…
恐らくこの男の子は店主の息子さんであろう事は
玄徳時代からの家族総出での営業であった事から窺がえる。

2010_0503_230239-DSCN3813.jpg


そしてメニューを確認したところ
私「あれ…?あのカウンターのズラーっと並んだ焼酎のメニュー表がない」
かみさん「ないの?アレ飾りなんじゃない(笑)?」
私「まあ取り合えずビールにするわ」
かみさん「じゃー私は烏龍茶にする」
私「すいませーん」

取り合えず飲み物の注文し「あの」
私「焼酎のメニューってないですか?」
男性「申し訳ございません、直ぐお持ちします!」
かみさん「飾りじゃなくて良かったね」
私「ビビるわー」

2010_0503_230134-DSCN3812.jpg

そしてお持ち頂いたメニューを拝見してビックリ!!
その焼酎の豊富さは私の知る限り帯広随一かもしれない!

珍しくメニューを公開w


2010_0503_225345-DSCN3809.jpg


2010_0503_225400-DSCN3810.jpg

米、他。
2010_0503_225418-DSCN3811.jpg


こりゃ焼酎好きの私は乱舞する勢いだ。嬉しい。
しかし余り酔うつもりで来た訳でもないので次回にとっておこう(泣)…

此方では串は2本一組で注文、価格となる。
まずはかみさん注文の梅と大葉の冷や奴350円だあ。
うんうん、普通に旨い。あっさりとこれは酒に合うだろうなあ。

2010_0503_230834-DSCN3814.jpg

次いで目の前に現れたのはこれだああ。
とりレバー刺し500円である。

2010_0503_231211-DSCN3815.jpg

ん?!おー!おー!おーおー!こりゃ旨いぞっ!
貧血持ちのかみさんも「美味しい!!」と太鼓判だ。
マジ旨いな。驚いた。○蔵以上か?!この旨さは。


そして串でレバー300円がキター。

2010_0503_231429-DSCN3816.jpg

うーん…上手くて思わず唸る。焼き加減は絶妙だ。
塩も丁度良く、此方の焼き方である親父さんの確かな腕を確認。




豚精300円。しっかりと焼きいれたものだ。

2010_0503_231449-DSCN3818.jpg


その時々で串種も変わるという
串盛り合わせ5種で600円だああ。
とり精、ハツ、小肉に、砂肝、ぽんぽちである。

2010_0503_232237-DSCN3820.jpg

やはり焼き具合は最高である。
それどれの持ち味を生かした焼き方で素晴らしい。



2010_0503_233210-DSCN3823.jpg

あれ…これのメニュー名なんだっけ…?
備忘録メモから抜けてる(泣)んんん…
こりゃ砂川で有名なモツ串に似てるからその類いだろう。
旨かった記憶はある。ある。あるなあ。



個人的に強く熱望している串はこういったもの。

20100515_733199.jpg

ちょうちん。帯広には提供しているところがない…と思う。
帯広の焼き鳥屋さん!玄徳屋さん!ちょうちんを提供して欲しいっ!
お願いしまっすっ!

他に手作りつくねやモモ、ささみなどもある。
さて勿論ラー馬鹿なだけにとり天ラーメンも頂いたw
ラーメンコテゴリーにて。


此方の玄徳屋、レバーが旨い。かみさんもレバーには大満足である。お会計時にて親父さんにお聞きしてみた。「音更産の若鶏を使用しています^^」との返答であった。最近よく耳にするようになった音更産の鶏。気になるじゃないか。兎角、旨い。もう少し自宅から近かったら、通う事間違いなし。そして此の玄徳屋の大きな特徴は家族総出で店を切り盛りしている点だ。この家族みんなで支えていこう、盛り上げていこうとする方向性は非常に応援したくなる。しかし家族であるからこそ、他人である従業員以上に厳しい教育、育成が必要になるのも事実。だから難しい。反対にそれを踏まえた上で「家族」という利便性や蜜な接客術を生かせばとても強い「売り」になるのかもしれない。



2010_0503_225015-DSCN3807.jpg

あああ…
また行きてーなあ。



帯広焼き鳥 玄徳屋
住所 大通り南23丁目
時間 11時~16時/17時~24時(LO23時30分)
定休 昼の部/日曜日、夜の部/水曜日





関連記事
スポンサーサイト
帯広の呑み処 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
鶏のレバ刺し・・・しばらく頂いてないです。

レバ串・・・見るからにほんのりレアでトロリととろけるんでしょうね!

朝から頂けます^^

しかしちょうちんまであるとは・・・

玄徳屋さま・・・侮れません^^

七誌さんへ
あ…ちょうちんは玄徳屋さんでもないんです(泣)
恐らく名前の失念した串はモツ串に近いものですねー。
何処か帯広でちょうちん出してくれるコトないでしょうかねー?

はい私も朝から頂けます^^

はい!ラーメン新店情報2件ありますよー!
もう入手していると思いますけどw七誌さんなら。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。