--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/29.Sun

【帯広】Trattoria Il Fragolino/イル・フラゴリーノ

Trattoria Il Fragolino。トラットリア イル・フラゴリーノと呼ぶ。此方のお店はアルペスカの姉妹店として平成22年5月7日に満を持してオープンとなった。アルペスカのスタッフは何度もイタリアに渡り本場で刺激を受け修行・研修を行っていると聞き、本当に現状に慢心しない志しに頭が下がる。そしてイル・フラゴリーノだ。此方の店はアルペスカとは若干営業スタイルというかコンセプトが異なっているのが判る。チョイ呑みや軽く食事をする場合にうってつけであるのだ。更にランチタイムから深夜まで通し営業というのもとても在り難いのは云うまでもない。

2010_0507_121816-DSCN3870.jpg

さてかみさんと5月7日オープン初日に突撃している。
店入口の横側にはガラス張りのテラス席が作られていた。
更に進むと左手にはテーブル席、右手にも何脚かテーブル席。
そして厨房が覗ける素敵なカウンターが設置されている。
入った時の雰囲気だけでもカジュアルで敷居が低く感じる。


私達はテーブル席に座る事にした。
メニューを拝見するとお昼の部と夜の部では
メニューが異なっているようだった。


2010_0507_123213-DSCN3872.jpg

お!アルペスカの方が応援にきているのか?!
流石に眼鏡の男性の方の接客はいつも素晴らしい。
更に皆さんスタッフの真剣な面持ちであるのに、お客様と
接する時の変化が素晴らしく、初日というのに統一感。

今回はパスタランチ980円。
因みにごちそうパスタからも本日ランチとして
お選び頂ける仕組みで1200円。となるようだ。

混んでいるので仕方ないがテーブル席は二人掛けで
少々狭く感じてしまう。恐らく混み具合によって
この二人掛けのテーブル席を連ねられるようにしたのだろう。

まずは前菜が運ばれてきた。

2010_0507_123344-DSCN3873.jpg

うーん…もう…やっぱり旨い。凄いなあ。
アルペスカのセンス、味を此方でも頂ける喜びに感動。

カポナータ。絶妙な味の含みと素材の味もしっかり感じる。
ピーマンのマリネ。酸味も爽やかに。どれも旨いぞ。
豚肉と金時豆のパテ。これが絶品だべや…!ヤベー。
前菜でかみさんも興奮している。そりゃそうだw

パンはカフェロゼッタのパンらしい。

2010_0507_123352-DSCN3874.jpg


パスタより。ボロネーゼ

2010_0507_124808-DSCN3877.jpg

肉の旨味が溶け込んだソースが酸味も円やかに、流石だ。旨いっ!
個人的にはこの位の味の濃さが丁度好み。
よくトマトの酸味を生かしたサラサラソースが
あるのだけれど、私はあまり好みじゃーないのだ。


かみさんはミートボールのペンネ

2010_0507_125357-DSCN3879.jpg

ポルネッティーニというのだそうだ。
ミートボールが旨い。しっかりと肉を感じる事ができる。
最後まで頂ける程の濃度のトマトソースだ。ベースが旨いんだな。
かみさんはあまり好みではなかったらしいけれどw



ドルチェでは
私がカタラーナ。うんうん!よくあるのが結構あっさり目が多い。
しかし此方のカタラーナは濃厚でカスタードの風味が抜群だ。

2010_0507_130818-DSCN3881.jpg

かみさんは木いちごのタルト。
かみさん曰く「もう少しどっしり感があったほうが好み」

2010_0507_130801-DSCN3880.jpg


エスプレッソ

2010_0507_130953-DSCN3882.jpg

カフェオレ

2010_0507_131008-DSCN3883.jpg




「いかがでしたか?」
「満足です!」
「ありがとうございます^^」
「あの…ランチでカルボナーラは出さないんですか?」
「夜のメニューではあるのです」
「メニュー表が違うのあるの?!それ見たいですっ」

と快く用意して頂いて感謝。
「ランチにもカルボナーラを是非!」
「どしどしそのようなお声を下さい、お客様の声を生かしたいのです」

流石だ。さらっとこのような言葉なんて簡単に出るもんじゃない。常にホスピタリティとは?を思考され事実、実行されている証拠だろう。さてオープンより暫くはアルペスカのスタッフが応援でくるだろうが、その今後がどのように此のイル・フラゴリーノのスタッフが店を作っていくのか。面白くなりそうだ。








-------------------------






2010_0625_215853-DSCN4445.jpg

後日、夜にかみさんと伺う。
今回も同じテーブル席に。その時間では
差ほどお客様で混んでおらず、二人掛けのテーブルに座った後
スタッフの女性の方が隣の二人掛けテーブル席を付けて頂き
とても嬉しい対応に感謝!でした。

以前夜のメニュー表を見せて頂いた時
気になっていたメニューも多く、アルペスカでも提供していた
メニューもあり、アルペスカではとても旨く感動したものだった。

さてまずは十勝産鶏レバーのパテ680円。
アルペスカでそれを頂いた時あまりの旨さに悶絶したのだ。

2010_0625_221538-DSCN4449.jpg

んんんんん…?若干パンチが軽く施されており
レバーの独特の味も残された感じに仕上がっていた。



チーズ工房NEEDSモッツァレラとトマトのサラダ880円。
旨いぞっ!旨い!

2010_0625_220849-DSCN4447.jpg


そして私の大好物のカルボナーラ980円だあ。
アルペスカでも頂いた事のない一品を此方で頂く。

2010_0625_221752-DSCN4450.jpg

一口頂いてみたら、もう…私好みのドンピシャであった!
濃厚で卵黄をしっかりと使用したねっとりカロボは
今のところペニーレーンと此処のカルボナーラが絶品だ。
ウメー。ウメーぞ。おい。



十勝産トリッパとトマト煮込み680円。
安価で嬉しい。トリッパは柔らかく臭みも全然ない。
アルペスカのより此方も軽い仕上がりにしているッポイ。

2010_0625_222352-DSCN4452.jpg


十勝産豚肩ロースとレンズ豆の煮込み880円。
うん!豚が柔らかく、でもしっかりと形を残しているところに技あり。
こりゃ旨い。味が幾重にも表れ、うーん旨い。

2010_0625_223255-DSCN4457.jpg

そして今回はきのこと鶏コンフィのパニーニ600円。

2010_0625_224402-DSCN4458.jpg

心が満足出来る一品だ。鶏をゆっくりじっくり
熱をいれたコンフィはまじ絶品。このコンフィだけでも
単品で注文してみたい程の旨さであった。パニーニ恐るべし!




お会計時、少々ぎこちないが誠意ある接客をしていただいた女性のスタッフに好感がもてた。今回はアルコールを注文しなかったからか、その後のお水が無くなってからの提供が気にされていなかったと思われる。今回は此処が残念。しかし皆さん若さ溢れる熱気が伝わりながらも柔らかな空気を店全体で作っているのがよく判ったのが嬉しい。女性1人でも全然違和感を感じないどころか男性1人でも全然大丈夫な雰囲気はこの業態では希少な存在だ。イル・フラゴリーノに乾杯っ!また必ず伺いますわー

2010_0507_124228-DSCN3875.jpg


Trattoria Il Fragolino/イル・フラゴリーノ
住所 大通南12丁目5-2
時間 11時~26時
定休 無休?




関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)の洋食(伊・仏など) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。