--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/22.Wed

【帯広】ラーメン大光


ラーメン大光である。私の数少ないフェイバリットなお店の一つでもある。
創業はよく判らないが老舗であるのは間違いないだろう。
詳しい歴史の経緯は成行氏のブログを参照して頂きたい→こちら

2010_0821_112909-DSCN4880.jpg

女将さんと変わらないおばちゃんの二人で切り盛りされている。
「いらっしゃいませ、こんにちは~♪」
うーんやっぱり素晴らしい!
変わらぬおばちゃん達の笑顔。

2010_0821_112214-DSCN4877.jpg

今回はいつもの正油ラーメン650円に
チャーシューラーメンにして900円なのです。
デフォルトでこの価格、そして旨さに納得・安心。

此方のお店では塩を推す方々が多い。
が、個人的には塩より正油の方が好みだw

2010_0821_112223-DSCN4878.jpg

いつもfamilyの方々、おばちゃん1人で頂いている方もいる。
この鉄南地区のラーメン屋として周囲の方々には何代にも渡り
通っているファンも多い。ひとえに親父さん代、そして女将さん、
おばちゃんの人柄によるところが大きいだろう。アットホーム。
しかし慣れ合いとしない「お客様」として関係性を築いている。
流石だ。

私はいつものカウンター。そして丼が目の前にくる。


「熱いですので」
「ありがとうございます」


幼稚園ほどの小さなお子さんも旨そうに喰っている。
お客さんの動向をさり気無くみている。
お子さんに「熱くない?」と気にされる女将さん。
そんな女将さんは福田さえ子さん。みすゞの女将さんと
大光の女将さんは二大ラーメン屋のベスト女将である。

2010_0821_112229-DSCN4879.jpg

旭川ラーメンを好んで食す方には「あ、似てる」と云うだろうか。
しかし節は強くなく海産出汁が豚骨系スープに上手く溶け込んでいる。
麺は西田製麺、この粉っぽさも大光の味の要のひとつ。この麺だからこそか。
メンマはどうであれ、素晴らしいバランスと丁寧な作りがしっかりと
判るラーメンが一杯650円とは何とも嬉しい時代に生きているものだw


汗っかきの私をみて食後にさり気無く「冷たいのでお使い下さい^^」
冷蔵庫に保管していたおしぼりをくれたのはおばちゃんのほう。
おしぼりをくれたから嬉しいのではない。その心遣いが嬉しいのだ。
このようなホスピタリティが大事。出来るお店と出来ないお店。
それを店舗規模、キャパ、人員的要因、また雰囲気で区別するものではない。

「ご馳走様でした」と素直に云えるお店、ラーメン大光。
どうかお体お気をつけて永く続けて欲しいです。


いつも美味しいラーメンをありがとうございます。



関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
女将のサービスがよい店としましては、
その2店舗にやや後れを取るものの、
池田の熊っ子ラーメン善も推薦しておきます。

http://r.tabelog.com/hokkaido/A0111/A011104/1012266/
ニクソンロールさんへ
お初のコメありがとうございます!
池田の熊っ子っすね。未訪店舗でございますねー

情報ありがとうございます、是非お伺いしたいと思います^^
No title
あぁついに紹介された・・・
俺の一番店・・・
なんせ自宅から歩いて○分(バレるw)
親父さんの時代から通い詰めてます
週1、2で(行き過ぎ)
当時は餃子もやってまして絶品でした
音更の○○や街中の○○よりも美味しかったと
記憶しています。
最近残念なのはチャーシューだけ肉質で味に
波がある事ですかね。
おっちゃんさんへ

恐らくパルパル亭とかと一緒でこの先「何か」ないと今後この店は記事にしないッス。
久々になんとなしにフォトに収めたので記事にしちゃいましたw
こういった思い出の店があるのは素敵で素晴らしい事だと思います^^

チャーシュー。そうそう!凄い。そうなんですよねえ。
私も当たり外れあるんでなかなかチャーシュー麺にはしないです。
フォトを撮った時は「当たり」でしたww

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。