--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/07.Sun

【音更】離れ山翠庵 ラーメン編

長いスパンだ…喰ったらすぐに記事にすれば良いものを(汗)

山翠庵の親父さんの創作意欲は衰える事ないのかい?!
某日、みやざき時代の懐かしいネーミングを郷愁と共に
噛み締める為に離れ山翠庵の暖簾を潜った。

2010_0820_120003-DSCN4867.jpg


アレに合わすには…やはり味噌か?
今まで食した事のないメニューに合わせてみたぞ。

それがこれだあ。
スタミナにんにく辛い味噌ら~めん

2010_0729_114000-DSCN4716.jpg

深味のある茶褐色のスープ。そこに漆黒のマー油が彩る。
食してみると其れほど辛味が突出することなく喉を過ぎる。
あ…辛い。厭な尖がる辛味じゃないなあ。こりゃ深い。
スープと香味のバランスが非常によく纏まっている。こりゃ深い。

そして懐かしい方もいらっしゃるのではないだろうか?
あの(もう伝説化してもいいんじゃないかw?)みやざき時代に
親父さんの創作の結集し、製麺所とも試作を繰り返したであろう
あの赤い麺。そう、なんばん麺である。激辛なんばん麺と銘うつ。
みやざき当時、実は頂いた事があり「スンゲーな…」とただただ驚くばかりであった。
それが今回、なんと手打ちにしちゃったらしいからw

2010_0729_114108-DSCN4719.jpg

珍しくラヲタ撮りw
あああ…あああああ…辛いw旨いっ
スタミナ?つくつくwwww

そしてひたすら喰っているとなにやらゴロンとしたものが。
そうネーミングのスタミナという所以がここにあった。
ローストしたにんにくの一片がゴロゴロ入ってるのだ。
にんにく狂いのあの七誌氏も喜んで頂けるのではないだろうかw?
チャーシューは開店当初から比べて厚みが増しボリューム増し。いいね♪

2010_0729_114011-DSCN4717.jpg

久々にアノなんばん麺を食せて感無量なのだ。
もうアノ麺は二度と口にする事が出来ないだろうと思っていたから。
さてこの激辛なんばん麺、暫定・限定提供の為、更に手打ちな為
現在も提供されているかは、申し訳ない…不明である。
因みに醤油にもなんばん麺合うらしいw

2010_0729_114156-DSCN4720.jpg





----------------------------------





そして8月の初めの事。
その数週間前に親父さんから「新しいらーめん作ってるから」と
聞き及んでいたので待ちに待ったGOサインが公開されるのを心待ちにしていた。

そしてこれが8月初めに登場した新作メニューだ。
牛すじら~めん(醤油)

2010_0820_121141-DSCN4872.jpg

山翠庵といえば「牛すじ」と云っても差し支えはないだろう。
その牛すじを新たにラーメンに合わせるとは。どう出る??!

2010_0820_121150-DSCN4873.jpg

スープはデフォルトよりも透明感がある。
ああ!牛です牛!!スープが牛ですwwww
なんと牛と豚と鶏のトリプルスープにしたんですわw

2010_0820_121235-DSCN4876.jpg

ようやるわ!そこを魚(海産)風味とトリプルにしたおかげで
牛の独特な風味が苦手な方でもスイスイ頂けるバランスだ。
このバランス崩れれば恐らく破綻する、そんなギリギリ気味。
是非「熱々のまま」完食して欲しい←ここ結構個人的重要ポイント。

2010_0820_121125-DSCN4870.jpg

だと更にこのトリプルスープの真価というか
綱渡り的な奇跡のバランスがよく味わえるかと思う。

2010_0820_121131-DSCN4871.jpg

牛すじは変わらずの旨さ。これを離れでも味わえるのは
非常に嬉しい♪ラーメンと合わせても旨いもんなんだな。





---------------------------





その後、かみさんを虜にした味噌ら~めんと
また牛すじら~めんを頂きにかみさんと共に。

DSCN5141.jpg

その時の味噌に思うところあり、後日ディスカッション。
杞憂であったようだ。

DSCN5142.jpg

牛すじカレーラーメンにしようと思っていたけれど
どうしてかまた牛すじ醤油にしてしまった(爆)

因みに味噌系、また牛すじらーめん他特化メニューは離れのみの提供。
更に最近平日セットメニューも始めた模様だ。
ら~めん(半盛)醤油/塩と豚丼(小)セット800円。
ら~めん(半盛)醤油/塩と牛すじライス(小)850円。
※恐らく差額分アップで味噌でも変更可能かと思われる。


最近の離れと本家との流れを踏まえると取り組みの違いがみてとれる。
こりゃ思考(嗜好)の同一を一旦切り離してみたほうがいいかもしれない。

開店当初から比べると接客が随分変化し良い方向に向かっている。
親父さんはあくまで味の監督、また店のプロフェッサーなのだ。



離れ山翠庵 音更
住所 音更町柳町南区3-6
時間 11時30分~14時30分
定休 水曜日


さて離れでは丼ものも頂いている。それは別記事で。


関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
なぬ?ローストしたニンニクがゴロゴロと!!!これはお邪魔しなくてはなりませぬ・・・ってまだメニューにあるんですかね^^

無かったらかなり凹みます(汗)。

スタミナニンニクラーメン・・・食べたいですぅ~^^

行ってきました
こんにちは。

昨日は午前中に池田方面でカラマツ紅葉と鉄道の組み合わせを撮影したのち帰宅前に離れに寄り牛すじラーメン塩を堪能してきました。今日ブログを拝見して離れがUPされていたので偶然だと思いますが驚きました。実に味わい深いラーメンで一発で気に入りましたので次回は醤油にチャレンジしてみますね。

食べた後は博物館で一回目の鉄道模型運転会?を行い管内4人が集まり盛り上がっていました。(笑)先日札幌に行った際にホームなどのパーツを仕入れいっきに大改造したのでかなり楽しめるレイアウトになりましたので次回またお子さんと遊んで下さい。

PS:野球軒も行き奥さんと同じ物を食べました。古き良き時代の室内で暖かく優しい味はまた格別な物がありました。しばらく通いになりそうです。(笑)
七誌さんへ
あ!まだメニューでありますよ♪
恐らくグランドなんで大丈夫です^^
小さな鉄道博物館さんへ
おおお!リニューアルされたんですねえ。
また、今度はちっちゃい小錦(ナリ)も連れてお邪魔させていただきます^^
野球軒は色々メニューがあります、愉しみながら注文してみて下さいネ♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。