--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/10.Wed

【音更】離れ山翠庵 どんぶり編




2010_0820_121220-DSCN4875.jpg


離れ山翠庵では丼もある。山翠庵で定評のある豚丼が「離れ」バージョンで提供されているのだ。この豚丼が侮れない。その一番の「旨い」と気付かされるのがタレにある。

2010_0820_121208-DSCN4874.jpg

更に「離れ」バージョンではご飯に
ラーメン屋ならではの隠し技を忍ばせている。


提供初めの頃はこの豚丼は(小)の提供のみであったけれど
方々のリクエストがあり、通常サイズでの提供が開始した。
しかしその後また(小)のみ、またセットでの提供となった。
メニューにはないけれど、通常サイズをご希望の方は店の方に
お伝えすれば注文可能のでご安心を♪



さてつい最近また新たな丼が離れに登場した。
それがこの牛すじ玉丼だああ。

DSCN5144.jpg

牛すじは勿論旨い。卵は半熟より硬めの仕上がりとなる。
気になったのが出汁つゆが非常に多い点。

DSCN5147.jpg

これが牛丼でいうツユだくよりもさらに増し状態なのだ。
このツユだく増し増しを計算して木製スプーンが付いているのか?
また個人的には山翠庵で提供している温たまにするか
もしくは卵のトロリ感を半熟で演出して頂けると腹が鳴る。

DSCN5145.jpg

あ、この牛すじ玉丼は
間違ってもアノ清水の牛たま丼の真似ではないw


関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)の豚丼 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。