--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/14.Tue

十勝ダムの不思議フシギ、のfamilyドライブ西十勝編(2)


五月のこと。
日曜日にfamilyで十勝ダムへドライブ♪
なぜ十勝ダムなのか?それはダムカードが欲しいから、とはかみさんw

十勝ダムは国土交通省直轄ダムで、ダムカードを発行している十勝館内のダム。
中央土質遮水(ロックフィルダム)型なのだろうだが難しいのはよく判らない。

帯広を出発した時は大分天気も良くドライブ日和!
で、まずはお昼ご飯を清水新得辺りでとろうか?となり
携帯で検索していたところオムライスが美味しそうだったんで
ヴィレッジ432(その記事はこちら)へ行くことに。

腹一杯になり、さあ!十勝ダムへドライブヽ(^o^)丿



イイ天気だなあ♪




ワクワクしながら鹿をみつつ十勝ダムへと車を走らせる。





すると、十勝ダムに近づいていくにつれ
どんどん天気が悪くなりどんよりしてきた(汗)

かみさん「なんか気持ち悪いね」
姫「気持ち悪い、いきなり暗くなったよ…」
私「とりあえずダムまで行ってみる」

道の隣に河川があって、重い雲が垂れ込めてきたもんだから
水面は波打つことなく異様で底に暗黒面が拡がっていそうな雰囲気…
途中、ダム柵を越えた途端、益々重く漆黒となってくる天気。


ダムを下にした橋を越えた時には周囲は真っ暗闇状態。
車のライトを点けるほどだ。


おおお!十勝ダム発見!
観測所は…ええええええ…!!!??
シャッターが閉まっていて入れなくなってる(泣)

ぼんず&姫「ええ?観れないの?!ええ…」
私「しょうがないな…そのまま進むとどうなの?」
かみさん「トムラウシ温泉に続く道だと思うけど、その先行き止まりだったような」
私「そうなの?いやあ、どっか国道に抜ける道あるだろ?行ってみよ」


とそのまま道なりに進んでみる。
左手にダム湖が拡がり、湖の中央あたり剣山のような細長く尖ったものがある。
その上に、恐らく湖に沈んだ民村の跡地を奉っているだろう祠があった。
うーん…昼間なのにまるで夜のように暗くなったこの場所では
こりゃ背筋が寒くなってくる。

ん…げ…!   なんか祠のあたり




なんか(誰か)



みえた。




いえいえ…勘違い。見間違い。みない。みない。みてない。みてない。
いえいえ…


進んでみても左のほうへ折れる道もない。
少しずつ山腹に進んでいるようだ。道が砂利道に変わった。
車が1時間でようやく一台すれ違ったほどだ。

かみさん「此処までくるともう直ぐトムラウシだよ、行き止まりのはず…戻ろ?」
私「そうだな…こりゃ駄目だ。戻るか…」
ぼんず「まだここら辺、雪残ってるね(汗)」
姫「早く戻ろう…」

この時点ですでにダムから子1時間ほど(そのくらいに感じた)
familyみんな疲れているみたい。特に私とかみさんは疲労困憊状態。




で、なんとか狭い道をハンドルきりかえて来た道を戻ることに。
何故か肩から背中が重く、気分も悪くなってきた私とかみさん。

マズくなってきたかも。
え…なにが。

いえいえ…なんでもなにのです。



砂利道を抜けてアスファルトの道になり
少し安心。ぼんずと姫はどんどん姿を現す鹿達を熱心に数えている。
子供一人当たりすでに100頭を越えていた…w


またあの祠だ。見ないほうがいい。
十勝ダムを左にして、ダムを下にした橋を越える。
そして川沿いの道へとなり、ダム柵をようやく越え戻ってきた。



え…????!



途端!


パアアアア…と重く垂れ込めた雲が切れ切れとなり
陽光が拡がり、みるみる晴れてきたのだ…!!!

私「…ウそううう…?」
かみさん「どういうこと?」


いきなり
十勝晴れのような晴れ晴れとした天気に戻ったのだ。
え?んじゃ西の空は今はどうなってる…?
いえいえ…もう見ようとする気力すら残っていないのです。
ダム柵を越えた途端、さっきの背中から肩への変な重さも
すっかり無くなっていたのです。うーん。いえいえ。うーん。


これ嘘のような本当の話。Familyでは結構今でも
語り継がれている不思議体験なのでしたwww
その後、ダムに精通する職場の上司や同僚などに話しを聞くと
曰く「日曜日でもチャイムを押せばカード渡してくれるはずだよ」
しかしfamilyに巻き起こった不思議体験は上司には話しはしなかった。


怖いから…w

そのまま帰るのも気持ちが悪いので(勿論十勝ダムが悪い訳じゃないw)
鹿追道の駅まで行ってリフレッシュをしようと車を走らせた。


後日

かみさんは「もう行きたくない」と云っているが
ダムカードが欲しいのもかみさん張本人なのである。
いつか来年あたり(今度は夏に!)再挑戦しようと内心企画している。
因みにダム内見学出来るようで、月~金曜日に実施しているという。
その見学は事前に要予約が必要とのこと。次回はそれも狙いとしよう。







十勝ダム
ホームページ こちら






関連記事
スポンサーサイト
family小噺 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
これはこれはお疲れ様でした・・・

え? いやいや、ぶうさんにでは無いですよ・・・

後ろの6人目の方に・・・
なるほど
そういうことだったんですね。
お疲れ様でした。
おっちゃんさんへ


これはこれは、ご丁寧にあり…が……

え、う…後ろ?







「ウギャーーーーー!」
ぶっさんへ
> そういうことだったんですね。
> お疲れ様でした。て

え、何?

あれ以上のエラいことって(泣)?!
本当に怖かったんですって…

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。