--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/17.Fri

【帯広】ら~めん胡風

もうどうにでもしてw
あの柔らかな朴訥した笑顔からは想像できないであろう
オープン後衰える事のない創意。


とは云うもののそろそろ私は胡風では「塩」となりそうです。
しかし!創作シリーズの中でもひと際異彩を放った一品があった。

はい「あった」というのも、コレもうすでに提供されていない(汗)
もうどうにでもしてwwwww


それがこれだあ。

2010_0727_111943-DSCN4705.jpg

太麺醤油junk780円。
太麺にんにく醤油イメージからの脱却か?!
いやいや…進化。というかラビリンス。

2010_0727_111952-DSCN4706.jpg

いきなりこの驚きのペーストだ。
このペーストはにんにく味噌のペースト。
これがなかなかスープや麺とのマッチングが叶わない。
もう少し箸を進める必要がある。

2010_0727_112035-DSCN4709.jpg

更にこの麺だが、なんとアノ保刈麺を店主自身で
創意を加えた平麺!!アハハハハハハハハ…!!!
凄いスゴイわ。

この麺がなかなか面白い。プニプニとした歯応えは今までにない食感だ。
しかしこの麺を作る工程は時間を要するでしょうに。まず変更あり、だろうなあ。

2010_0727_112006-DSCN4708.jpg

チャーシューは相変わらず、美味。

2010_0727_111959-DSCN4707.jpg

魚粉と刻みにんにくで風味がパワーアップ。
しかしやっぱりこのパワーあるギミックではスープが「弱い」か。





このjunkにまで辿りついて、店主の意思がほぼ明確になったのではないか。
というのは「このシリーズは期間限定、思いつく創作をしようじゃないか」
の表れがこの麺にしっかりと刻みついているではないか。






------------------------------





後日、どうしようか迷ったが(なんでか連れていき難い胡風)
かみさんに、最後の最後に、と隠しておいた胡風にお連れした。
最近は此処にくるといつもソレを注文してしまう。

勿論、ソレを薦める。
さあ、どんなもんか?

2010_1118_134000-DSCN5253.jpg

かみさん「なんで今まで連れてきてくれなかったの?!」


はははああ、判ってくれてなによりであった。
胡風の塩はやっぱり旨い。



さて更に最近ハマっている一品がある。
それは   これだああ。

2010_1118_134010-DSCN5254.jpg

胡風の炒飯399円!(以前より大分さがったぞ価格!)
これがなんとも中毒性があるのだ。
さらにこの400円ではないところの399円が
なんとも消費者心理のスパイラルではないか?!この価格。
セットメニュー、と位置づけしてもいいのでないだろうか。


まず予め知っておいて頂きたい、べきことがある。
ご飯が「チャーハン」としてのパラパラ感が、ナイw
香味油を使用し、なんともjunkな「飯」なのだ。
そして私を虜にした一番の理由は具材のチャーシュー!
このチャーシューがこれでもかとてんこもり。葱もたっぷり。
399円という安価にも関わらず、お茶碗1杯以上はくだらない。
チャーハンという概念を拭いさって是非頂いてみて欲しい。
「飯」だ。


さて今のところのメニューをさらりとお伝えしよう。

太麺醤油junkがメニューから消え、新たな創作シリーズのラーがお目見えしている。ぶためん。店主にお聞きすると「豚○の豚をラーメンの上に乗せたもの」だそうだ。怖くて注文できなかったwいずれ挑戦したいがそう思って暖簾を潜ってももう消えているかもしれないので興味のある方は直ぐに!で、炒飯メニューが一新(いや今まででいうと4新くらいしている)胡風の炒飯を筆頭に、ツナマヨ、卵混ぜ納豆かけ(なんだ?!)ねぎ、かに玉、とろ、かおりと新旧織り交ぜてお待ちしている。399~580円の価格設定だ。恐らくまだまだこの炒飯シリーズも変化を富んだものが入れ替わり立ち替わりする。以前あった創作、夏の冷たいお茶漬けらーめん、夏の太麺パスタ。これは当然メニューから消えている。あ!味噌がごぼうのきんぴらをのせた味噌になっている。これもまた春あたりには変化しているだろう。「進」だからw

本当に堀川店主、マジなのか冗談なのか、よく判らんよwwwww
もうどうにでもして。


オープンしてからの激変する遍歴の(もう殆どメニューから消えている)
一部はこちらこちらと、こちら



ら~めん胡風
住所 西23条南1丁目125-60
時間 11時~20時(スープ無くなり次第閉店)
定休 月曜日
※現在店主はお一人で切り盛りしている。
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
初期の頃は「メニューをコロコロ変えやがって、育てる気がないのか!」と憤慨したものですが、最近は楽しいですねえ。と思うのも美味い塩があるからかな。

今後は、安心して暴走を楽しもうかな、と。
うまくらさんへ


全くの同意でございます^^
デフォルトで揺るぎないものが提供できてるんで安心です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。