--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/25.Fri

【帯広】らーめんキッチンなると

昨年10年末に新たに登場した自家製とんがらし麺
作り上げたのはらーめんキッチンなるとの店主である。
とんがらし麺ではkameきっつぁんが記事にされている→こちら

限定10食のとんがらし麺。(恐らく季節限定でもあると思われる)
これをきたろう醤油でコラボしていただいてみた。

2010_1130_132524-DSCN5317.jpg

このとんがらし麺が美味。間違いなねーわ。
デフォ麺も日々進化していく様を確認していたが
このとんがらし麺では粘りではなくコシの強さにシフトしたように感じる。

2010_1130_132657-DSCN5319.jpg

とんがらし麺なのだから「辛い」のか。強烈な辛さは全く感じない。
スープと麺、スープスープ、麺。あ…辛いかも。その程度。
え?辛い?スープにも辛さ移ってるw?なんじゃこりゃwwww
その嗜好と思考のループが延々と連なりいつのまにか完食なのだ。
やられたわい。

2010_1130_132535-DSCN5318.jpg




---------------------------




しかしなると店主。これだけでは終わらない。
以前塩つけ麺、醤油つけ麺と食してきた私でありまですが(参照記事→こちら
また昨年末に新たなつけ麺を新登場させていた。


それがこれだあ。


2010_1230_112325-DSCN5390.jpg

牛ホルモンつけ麺880円。


最初にお伝えしておく。
塩つけ麺などで結構あーだこーだ云いました私。







今回、脱帽です。



2010_1230_112337-DSCN5392.jpg

まず一番に感じたのはつけ汁の旨さ。
熟成味噌ダレに少々のカレースパイス。
このバランスが全くもって素晴らしいのだ。
カレーつけ麺ではございません。
このスパイス使いは神業に匹敵すると個人的断言w
また具材にはキャベツと玉ねぎのシャッキリ感が残り
プルツルとした旨味溢れる牛ホルの当たりも抜群。
スパイスに辛味油が程よいアクセント。


2010_1230_112343-DSCN5393.jpg

ネギは別添えで風味がスープを際立たすという離れ業。


2010_1230_112331-DSCN5391.jpg

何より驚いたのは、塩つけ麺でも試行された魚介スープに泳ぐ自家製麺だ。
これはつけ麺なのか、ラーメンなのか、その曖昧さが新鮮だった。
濃厚なのだが箸がとまらないつけ汁に麺が泳ぐスープを足していく。
すするとどうだ、ジャンルの曖昧さが更に不可思議な感動を呼ぶ。



やられたわい、なると店主。
じだい屋のつけ麺が個人的帯広ナンバー1だと感じていたが
新たなナンバー1、ツートップの誕生に興奮を隠せず思わず
ニヤニヤしっぱなしであったwww





------------------------





しかしまたまたこれだけでは終わらない。
更に感動の坩堝が私の舌に、胃に、心に届くこととなったのだ。
それがこれだあ。

2011_0324_112207-DSCN5804.jpg

牛ホルモンつけ麺とんがらし麺コラボver!
これについては七誌氏も食してみたいコラボと仰っていた記事→こちら


2011_0324_112215-DSCN5805.jpg


もう何も云いまい。


2011_0324_112219-DSCN5806.jpg

これ以上何が云えるのか。
ただただこの味に出会わせてくれたなると店主に感謝するしかない。
この味が880円で頂ける幸福、感動。いや感涙。



胡風の、荒ぶる断崖の岩肌に渦巻き逆なでる高波の如く志向に邁進する店主に、荒野の一輪の花から始める開墾者の如く地道に味わいを昇華させる志向に邁進するなると店主。両極のようでいて志が似ているかのようにも感じる。さて最近素敵な朗報が届いていた。なるとの自家製麺に感動した飲食店オーナーがウチの店でも使用したいという要望にお応えしなると麺が道東、道央のあるお店でも頂ける事となったそうだ。(期間限定かは不明)お聞きしたが牛ホルモンつけ麺のスパイスやその可能性に「旨いだろうなあ」と一度食してみたくなる異なるジャンルメニューとのコラボであった。



昨今の新店の中でも群を抜きんでたなるとに乾杯だ。



あ、かみさんは未だこの味を頂いた事がないのだ。
ヤヴァいヤヴァい(汗)


追伸:常に端っこのほうに移りこんでいる丼はチャーシュー丼250円である。間違いなく私の鉄板w




らーめんキッチンなると
住所 稲田町基線13番地9
時間 11時~15時/17時~21時
定休 月曜日
※塩つけ麺は現在メニューから消えている。(H23年)
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
やばいですねえ
無茶苦茶行きたい!!!
この前、場所は見つけました。
今度行ってきます!
ぶっさんんへ
是非^^!
No title
ありゃ、お先にとんがらしめんでつけ麺を・・・(汗)。

美味しいかったんでしょうね~、それもメチャ旨だったんでしょうね^^

チャーシュー丼・・・コレ、私も鉄板です。

七誌さんへ
お先に失礼ですwwwイヒヒヒヒヒh

旨かったです。マジです。

チャーシュー丼は鉄板ですよねえw
未だしょうが焼き丼は頂いたことがありません…
No title
(@_@)オ~!なると祭りですね。
食べ始めから食べ終わるまで計算
されたかのようなコースを一食で
楽しめるラーメン料理ですよね。
出汁をつけ汁で割り〆ると最高ですね。
無性に食べたくなってきました。
ブログの紹介までしていただき
ありがとうございます。
そうそう蒙古園絶品でした(^_-)-☆
kameきっつぁんへ

> 食べ始めから食べ終わるまで計算されたかのようなコースを一食で楽しめるラーメン料理ですよね。出汁をつけ汁で割り〆ると最高ですね。

端的に素晴らしさを表現くださり感謝ッス♪いいっすねコースを頂いているような味わい。最高です!


> そうそう蒙古園絶品でした(^_-)-☆

おう!行きやがりましたねwww羨まし…です(泣)!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。