--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/01.Thu

【帯広】味のラーメン頓珍館


独り呑んだ暮れた帰り途。「ああ…ラーメン喰いてえー」
どんに行こうかこんのに行こうか、はたまた??と 
酔った頭をフル回転させ決めたのが…  ここだ、1・2・3…

2008_1126_210142-DSCN0670.jpg


はい味のラーメン頓珍館さんですわw

2008_1126_210203-DSCN0671.jpg

えーこれきっと酔っ払いなんかに蹴られ殴られ
それでも補強されながらこの街中を永らく見守ってのでしょう。
ここまで破壊されても直さないところがまた凄いでしょ(笑)?

では暖簾を潜ります。

私「こんばんわー」
親父「はい、いらっしゃいっ」

のんびり小さな厨房にある椅子に座り
テレビをみていた親父さん。すぐ立ち上がる。
もうこの店内を拝見するだけで歴史を感じずにはいられないw
小さなカウンターに私、腰掛ける。ふと安堵のため息。
ああ、なんか落ち着くうう。

こりゃラーメンの味を知ろうとか、
もうそんなんどうでもいい訳。

私「醤油ラーメン下さいな」
親父「あいよう」

親父さん、結構ないい歳だねえ。
調理姿が堂に入り動線がテキパキとした勇ましい姿だ。

テレビをみる。呑んだ後のこのホッとした空間が居心地良い。
程なくして目の前に現れたラーメンがこれだ、1・2・3…


2008_1126_203634-DSCN0668.jpg

醤油ラーメン。え?いくら(汗)
もう酔っぱらってメモしてないですからww!

では一口。
覚えているのが、動物系主体のこっさり味。
そのこっさりの「こっ」は油分のコクもあり、だ。
麺は柔らかめ、しかし呑んだ後には丁度良い味の感覚と量。


2008_1126_203647-DSCN0669.jpg


あーウメえ。(呑んでいた私が云っていいのか?!)


あ、店内のポスターに見覚えのある店のがある。

私「あ、ここの方きてるんスか?」
親父「ああよく来てくれるよ!最近はご無沙汰だけど(笑)」
私「この店、私の従兄の店なんすよww」
親父「あ!そうなの?!○風のかい?いやー世間は狭いねえ!!あはは!」


その後、親父さんの経歴、東京話、街中歴史話など
腰据えてお話でき、なんとも愉しい時間でした。

次回は…きっとまた呑んだ後に行くんだろな(爆) 


中々この店のネット記事が存在しない中貴重なブログがこちら→端萬記



味のラーメン頓珍館
住所 帯広市西1条南8丁目12
時間 17時~01時(不定時の可能性有)
定休 不明
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。