--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/04.Wed

【帯広】とんかつの店とんげん


2008_1201_132916-DSCN0684.jpg


久々にフォト撮りしたので記事にww
楽天時代のブログを紐解いても
そういえば記事にしてなかったわあ。

2008_1201_131726-DSCN0679.jpg

とんげんロースカツ定食1100円。


私の中ではつかさ、雅、清竹と並ぶ
トンカツカルテットの重要な位置付け。

2008_1201_131747-DSCN0680.jpg

このザックリ感はとんげんならでは。
そしてボリュームもキャベツの盛りも
素敵な舞台を観せてくれるのだ。

適度な噛み応えのなるロース。
早く脂身まで到達したい口惜しさw


私の中でとんげんの殿堂入り?を果たすのに
大きな要素となったのが味噌汁の存在。

2008_1201_131825-DSCN0682.jpg


非常に節系が効いた、あっさり汁。
これが大好き(^o^)丿


お客側の立場なら、トンカツは勿の論だが
小鉢やキャベツの切り・盛りなど
脇役がどう演じてくれているかで
その舞台の幕がおりる時(食べ終える時)
満足度合いが大きく左右するものだ。

2008_1201_131836-DSCN0683.jpg

小鉢の長芋の千切り、お香物、味噌汁。
キャベツ、そしてご飯盛り。

2008_1201_131817-DSCN0681.jpg

トンカツカルテットの4店では
主役を引き立てる脇役の存在が素晴らしい。
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のトンカツ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
ついに
おはようございます。

先日の土曜日に休みが取れましたので、ついに最後まで行けなかった「雅」に行って来ました。
早速メニュー一番左上の「とんかつ屋の豚丼」を注文。もちろんカウンターから店主の鮮やかな仕事ぶりを拝見。特にカツに包丁を入れる手さばきにホレボレしました。店の雰囲気も大変良く管理人さんお勧めのお店である事を実感しました。また「しゃぶかつ定食」など興味がそそれるメニューも多く今後が楽しみですね。

今回の「とんげん」さんもこちらのブログで知りましたが私も大満足のお店で、次回は家族で訪問したいです。
No title
とんげんって清竹と「本当に」関係なかったでしたっけ?
いや、とんげんのオープン当時は食器の感じ、カツ定食の構成(当初はポテトサラダもあった)が当時の清竹と全く同じでしたんで。

んで、清竹の方では「当店はとんげんとは無関係です」って壁に張り紙がありましてね・・・こりゃあなにか訳ありなのかなぁと思ってたわけで。

ここで何度でも言ってるんですが、とんげんはご飯が硬めで個人的に超大好きですね
カツを十分に「受け止める」ご飯です
そして味噌汁もダシが表に出ており、こちらもカツをじゅうぶんに「受け止める」味噌汁です
漬物みたいに箸休めになる味噌汁って言えばよいのかな
小さな鉄道博物館さんへ
まことしやかに雅でありんすね(・∀・)ノ気に入って頂けて何よりです。価格設定が上々なだけになかなか訪問は叶いませんが間違いのないお店でございます故。

また味だけでなく雰囲気、所作など五感で感じる総合的面でその店への感想も変わるというもの。その為には、店から愛情を受けとる代わりに私達も愛情を持って受け止め返していける度量を持ち合わせていないといけないなぁ、と常日頃想う次第です。

とんげんさん。素敵なお店ですよねえ(・∀・)ノただ1人で暖簾をくぐるときカウンターがないので込み合っている時躊躇する場面も何度かありましたww

是非ご家族で(*´∀`)ノ
うまくらさんへ
清竹、とんげん、かつげん。関係性は色々諸説あるんですが、信憑性あるようですけどねーしかし真意はいかほどか不明でございます(汗)

脇役がどう活かされているか、ですね!当に(*´∀`)ノ素晴らしい。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。