--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/14.Sat

【帯広】カフェ・ド・ロワイヤル(Café de Royale)


その日はどこか街中が浮付いたような煌びやかな光を放っていた。
歩きながら私の頭の中はあるコトバを告げる事で忙しなく撹乱している。

「あら!こんばんわあ、そんなスーツで何処行くのw?」

その声で現実に引き戻された。知り合いのおばちゃんだ。
いつもは私の仕事の制服しか見た事のないおばちゃんが
何事だ?!と驚きと興味津々なニヤケ顔で聞いてきた。

「ああ…○○さん(笑)ふふふ、そんな夜もあるべさw?」
「何さw?まあいいわ、頑張んなさい!」

ドンと背中を叩かれ、私の決意をおばちゃんの
井戸端アンテナが察知したのか、絆された感じだ。
私を追い越したおばちゃんの、元気な声とは裏腹に、
仕事を終え、疲れ曲がった背中を見送る「頑張れ、とさ(笑)」


ある重大な告白があった。
空気が凛と澄んだ、そんな夜の喧騒の中。
ある人物との待ち合わせの為に、そのお店へ向かう。


誰「どっかで待ち合わせとかしてみない?」
私「あーいいね♪じゃあ何処がいいかなあ…考えとく」


会話を交わし、その日からあーでもないこーでもない
此処にしようかああ時間が合わない、とか悶絶状態で脳内検索。
そうしてようやく此処にしようと決めたお店であった。

ふと目の前を白い綿毛が過ぎた。
上空を見上げると(ああ、雪だ)
雪だ。サラサラと。緊張で強張った表情が
いつのまにか穏やかな気持ちになり和らいだ。
こんな素敵な演出を自然がサポートしてくれた事に感謝。

着いた。
考えにあぐねようやく決めた場所だ。

2008_1225_201523-DSCN0774.jpg


カフェ・ド・ロワイヤル(Café de Royale)
シェ・マエダさんの姉妹店だという。
元はピクニックさんが営業していた跡地だ。

2008_1225_193913-DSCN0773.jpg

店内に入ると前ピクニックの面影は殆どなく
シックモダンな装いに、今回の待ち合わせに選んで
正解だと、安堵したような更に緊張が増したようなw

店内をグルっと見渡したが
私のほうが先に着いたようだった。

とりあえず落ち着こ…奥のテーブル席へ。
素敵な女性スタッフの方がエスコート。

「コーヒー下さい」
「はい、コーヒーですね^^」

うんこの女性スタッフの距離感、好きですね。

2008_1225_193841-DSCN0771.jpg

程なくコーヒーが運ばれ、一息つく。
すると入口の方から、今まで見た事のない姿で待ち人が現れた。。
雪を払いながら、私と目が合い、照れたような顔で笑顔で返してきたのが




かみさんでしたww!




かみさん「へへ、似合う?」照れたような顔が可愛いでないのw
私「うんうん、似合ってる!」しかし私の緊張はまだまだ解けない。

かみさんの注文したドリンクなんて忘れてしまう位w


冷えた身体が温まるまでのんびり会話を交わし。
それから店を出て少し歩いた、静かに腕を交わう。
その仕草に顔が火照った。ああこの先も…
この先もこうして一緒に過ごせますように。

こうして私の決意を、告白を胸に秘め
予約していたラリベラへと向かった。



はいどうも(照)ww
どんな告白だったか?私の決意って?
ヒヒヒヒヒ、内緒だww
随分昔の小噺でした(笑)

それは  置いといて?
カフェ・ド・ロワイヤル。シックモダンな装いが素敵なカフェでした。

2008_1225_193859-DSCN0772.jpg

ワンポイントのテーブルの赤が印象的でしたねー。
これがもしアイボリーやフレッシュだったらどんな印象になっただろう?

あと女性スタッフの自然なスマイルがとても好感が持て
このスタッフさんが居るからこその空気感ではなかったかとも思わせる。
それ程素晴らしい接客をされておりました。
ですんで私のガチガチの緊張も程良くほどけさせてくれました。
ありがとうございます(^o^)私とかみさんの思い出の場所となっております(照)です!

此方では、すでに各方面で知れ渡っているとは思いますが
パティスリーありがとうさんのロワイヤル限定ケーキが頂けます。
その他パスタなど洋食メニューも充実している。
夜22時までってのが嬉しいじゃないですか!
待ち合わせ場所に選んだ大きな要因はそこでしたww

こういう素敵なカフェが街中にある喜び。嬉しかったなあ。
空間やスタッフ、演出が上手なお店ってそうそうないもんで。

2008_1225_201532-DSCN0775.jpg


カフェ・ド・ロワイヤル
住所 西2条南10丁目14平原ビル1階
定休 水曜日
時間 10時~22時(販売とドリンクのみ、フードは11:30よりだって)

こんな萬造さんの記事があったww→こちら
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のカフェ・喫茶店 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
帯広にこんなおしゃれなお店あったんですね~知りませんでした。
記事読んでいて、展開にドキドキしちゃいました(笑)
ぜひ続きもお待ちしてます♪

↓のまなべさんの記事も美味しそうです。
若い頃はよくランチとかで行った記憶が・・・。
洋食は東のまなべ、南のむとうってよく言っていたような気がします。
記念日バンザイ!
いいですね~
胸キュンストーリー♪
ぶーさん、素敵なお店できっと素敵な演出したんだろうなぁ。。なんてねっ。

なかなかマチナカに行かないのですが、行きたくなりました。
こんなお店でちょっと優雅な気分でお茶したいです。
リンク、ありがとうございまーす
 ここから、ラリベラさままで遠くありませんでした? ご一緒に歩くことが目的だったのかしら。あー、どうやらそうなのね(笑)

 琥珀さまもなくなってしまったしなー。まさか、オランジュさまでお茶して、行くっていうのもねー。

 カフェドロワイヤルさま。最近寄っていないのだけれど、マネージャーのお嬢さまは元気なのかしらー♪
だいだいさんへ
いやー恥ずかしいから、もうこの先は内緒(笑)街中でもっとこういうお店増えてもいいですよね(*´∀`)ノ


むとうさんも結構高め(´Д`)行きたいけど…。
キヨコロさんへ
緊張しまくり(;´∀`)ノやっぱり記念日はしっかり覚えておかないと駄目なんすね(汗)


ケーキもありがとうさんなんで美味しいと思いますよ(・∀・)ノ
萬造さんへ
いやーそのつもりだったんですけど、あまりに寒くて途中からタクシーでいした(;´∀`)ノ


ホントに琥珀さん、閉店非常に残念なのです(´Д`)……

チルさんとかまだお伺いした事ないんですけど、アルコール以外でもイケるんでしょうか(汗)?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。