--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/20.Fri

【帯広】遊楽居酒屋らくや


数か月前に家より程近くに新規オープンした居酒屋があった。
そこもある意味鬼門であり“末永く”営業していた処は無かったかもしれない。

居酒屋であるからお酒を呑むところで、代行だとやはり少々躊躇するもので、
出来れば歩いて行ける行きつけの馴染みをつくりたいものでw
つい先日は山翠庵の親父さんに「遠いんスよ…引っ越して(おねだりw)?」
と愚痴をこぼしてきたところだ(笑)遠くても通いますけんど(^o^)


と、まあ馴染みという訳ではないけれど、
よく行く近場の居酒屋ではまさゆめもそのひとつ。
元気で素敵な接客をされる若者(笑)?が揃っている
居心地の良いお店の一つでもある。
しかし近場に居酒屋が出来たとあれば、この私
どういうお店なのか知っておきたいしw

その居酒屋の店銘は遊楽居酒屋らくや[秀]。

2009_1024_011511-DSCN2674.jpg

オープンは21年8月8日。
早速暖簾を潜ったのは10月のこと。
最近の時系列無視のアップ、ご容赦下さいましね^^

中へ入ると、まず座座敷間で、3卓ある。
そして右手隙間?に小さな小さな(二人座れる?)カウンターも設置。

2009_1014_224816-DSCN2623.jpg

私は座卓で胡坐をかく事に。

お?!威勢の良い声で「いらっしゃませ!」
あれ?結構お若い方がお出迎え(汗)
しかも1人なのかい??愛嬌のある笑顔が素敵じゃないかいw

そうその方こそ此方の店主、後藤秀店主だ。
なんかスポーツっちゅーか格闘技やってたっぽいガタイだね。
お伺いしたら、やっぱりやってましたよ(笑)


ではメニューを拝見。
お?ホエーの文字が。更にイベリコ?!
豚肉に特化したメニュー構成であろうか。
あとは居酒屋では定番であろうといったラインナップだ。
メニューは個人店である為、豊富であるもんでもない。

酒類はこれも定番な品揃え…おや
お!霧島ゴールドあるんかい??
おや!後で知ったが中々御目にかかれない赤兎馬がある!?


でもまずはビールからいこうかいねw
でお通しではこの葱メンマ。

2009_1014_224446-DSCN2622.jpg

これを一口。旨し!
もどしもいいし、塩加減もいいよ。
いや!これが非常に乙であったのだ
うん期待できるっしょ。

一通り、つまみを注文する。
すると、後藤店主(以下後藤君w)は厨房へ。
へ?!そうなの?!やっぱり1人だからねえ。
こりゃ大変だ(汗)

だって、対面スケルトンじゃないだもん厨房(汗)
しかも二階もあるっちゅうから更に大変だ…。

「お待たせ致しました!」

あいよ!まずは
豚・ホエー豚・イベリコ豚三種串780円だ。

2009_1014_225524-DSCN2624.jpg

そりゃイベリコまである訳でこの価格である。
他にホエー豚使ってるところ結構ある。
こういった豚に特化した居酒屋では紅志もそうか。

うんうんこの3種串、いいッスね♪
それぞれの味わいが異なっているのがよく判る。
特にイベリコ豚はどこの部位か判らんけど、
噛めば噛むほどサラリとした脂がジュワっと旨い。
これは正直、此方の人気メニューになるはず。


つくね串たれ350円。

2009_1014_225609-DSCN2626.jpg

黄身がデフォ添えなのが素敵だ。
タレは万人受けしそうな軽いもの。

音更産鳥もも串350円。

2009_1014_230133-DSCN2627.jpg

つくねと同価ってのはあまり見かけないw
これはボリュームあり。塩加減は私好み。

さてかみさんにも知ってもらおうと
後日二人で暖簾を潜る。

その時頂いたものは、ホエー豚丼

2009_1023_230413-DSCN2670.jpg

これまたサラサラな丼タレ。
そして汁ダクダクだ(汗)
こりゃ好みが分かれるかもしれないなあ。
ホエーの脂の持ち味を生かすのに
思い切って塩ダレなんてどうだろうw?

つくね塩

2009_1023_230816-DSCN2671.jpg

串に付いてくる辛味味噌、旨い。


牛すじ煮込み

2009_1023_231036-DSCN2672.jpg

ゼラチン質が半端ない(汗)
冷えてくると煮こごり状態となる。
うーん濃いなあ…
かみさん曰く「冷えてくると鶏ナンコツみたいにな…る」とな(失礼)


豚しゃぶサラダ(だったと思う…)

2009_1023_235833-DSCN2673.jpg

ボリュームあり。


ビールをもう一杯注文。
その後、人懐っこい笑顔で後藤君が問う。
色々思うところあり、率直な感想を述べてみた。

恥ずかしい話だが、彼に惚れた…w
これがまた今時いない程の好青年なのだ
会話する時しっかと目を見、真摯に受け止める姿勢。
こりゃオヤジイ、オバチャーンズのファンも急増すること請け合い。
仕事に対し、誠実なところ。ホントに“人”が好きなのだな。

まずは此処の土地柄、周辺の歩き商圏のファンを掴むことから。
少しづつ馴染みも増えていってるらしい。

そして後藤君の経歴もなかなか面白い。
飲食畑の経験が今後も生かされるといいね^^
そしてその経歴のお店の方々からの助力・助言。
これはひとえに彼の人柄によるものだ。
応援したい、一肌脱ぎたいと思わせる
損得抜きで、後藤君を支えるそんな方々も多いだろう。


さて、個人店のどこに魅力を感じるだろうか。
勿論、その店主の人柄に惹かれて暖簾を潜るのもある。
後はその店ならではの(此処で味わう価値)があるか、も思う。
らくや、此処で味わう価値ある商品。それは何か。

○○は酒の種類が半端ない。
○○といえばコレだろう。
○○のコレは外れない。

未だスタートしたばかり。
私みたいなチクチク云う奴の話ばかり聞いてると疲れるよ(笑)
でもそんな事云っても、やっぱり常に全力で向かうんだろうねえ。


小さなお子さんをおもちだ。だからか意気込みも半端ネー
何処からでも吸収しようという貪欲さも素晴らしい。
マイナスも一杯あるだろう、でもそれすらプラスに転じる
思考とパワーが彼にはあるような気がする。

少ないプライベートタイムで家族サービスもされている。
かみさんの職場へも何度か家族でお越しになっているらしいww

そう、まだまだ先は永い。
どうか暖かく見守って欲しいと思う。


さて11月より蕎麦・うどんも始めたらしい。
大丈夫か(汗)?!更に…イヒヒヒヒヒヒw
この訪問を時系列無視でアップした理由がこの「イヒヒw」にある(笑)

「出来ました!」の彼からの電話を待とうではないか。
乞うご期待(^o^)丿



遊楽居酒屋らくや 秀
住所 帯広市西21条南5丁目レンディングハウス215-D
時間 現在調整中
定休 現在調整中




関連記事
スポンサーサイト
帯広の呑み処 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
No title
ここのお店・・・気になってるんですよ!

だってレバ刺しがメニューにあるんですから(笑)。

お昼に幟が出ているので、何度かお店まで行ったんですが、準備中・・・お昼の営業はしてないんですね(泣)。

ぶうさま、店主さまにお昼の営業をお願いして下さい
!!(笑)。

イヒヒって・・・もしかして、蕎麦、うどんと来たらやっぱり○ーメンですか?

私も呼んで下さいね!



七誌さんへ
オープン当初はランチもやってたんですよ(;´∀`)でもやはり問題は「お一人」と「人件費」、難しいんですね(汗)

レバ刺し…。店前にPOPがデーン!とありましたね。先日お伺いした時に「そろそろ入ります(・∀・)ノ」と聞いてはいたんですが、やはり今は「イヒヒ♪」を待っております故!

その際はご連絡差し上げますねえ(*´∀`)ノ
ぶうさまへ。
今日のお昼、お店の前を通ったら、営業中!と書いてあったんですが、暖簾が出てない・・・でも営業中だよね?なんて言いながら家族でお邪魔したんですが、鍵がかかっていました(汗)。

残念!がっくりして他のお店に行きました。

でもぶうさまのイヒヒ・・・わかりましたよ!

その答えはお店の入口の赤い提灯に書かれたメニューの事ですね?

なおさら残念でした(泣)。



きっとそれはPOP替えてないだけかも……です(汗)暖簾かかっていましたでしょうか…?

あれ!提灯に?!すでにメニューに登場したのか(・∀・)?先日Telあり試食させて頂きましたが未だ完成系ではなかった…私もあーだこーだ云いましたが後は後藤君のセンスで味固めするでしょう(・∀・)ノ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。