--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/07.Fri

【帯広】 串のやっさん

焼き鳥食おうぜいっ!!!…? いきなりすんません(汗)…
最近呑みに行ってないので、禁断症状です。

あー呑みに行きたいなー。



ではフォトであの味を思い出し、悦に浸りたいと思う。
今回は北の屋台へライドオン!(寒っ…)

北の屋台でいう“焼き鳥”と云えば…
そう串のやっさんですう(^o^)丿

2008_1105_000050-DSCN0571.jpg


此方も北の屋台歴永いですよねー。
何期から出店しとるんだろう??


やっさん親父は山へ猟をする事でも有名。
仕留めた鹿などは勿の論、メニューへと上る。
そう、またの名をやっさんハンターと呼ぶ!(いや定かではない)

暖簾を潜ります。
屋台であるからして席はそうそう狭い。これ大事。
今回もドカっと注文したのでヨロシク哀愁。


お通しはこちら。ごぼうの触感が愉しい。

2008_1104_230541-DSCN0551.jpg


此方へ喰いにきたなら、必ずコレを注文すべし!!
はい牛レバーの刺身(700円)でございます。

2008_1104_230951-DSCN0559.jpg


ざっくりとした噛み心地で、しかも濃厚な、ここ重要。
更に口のなかで過ぎていく程にねっとりととろけていく様は例えようのない。
そうしてなかなか他にはないこの厚みが発狂寸前の極みなのだ。
はい、ごま油に塩デフォ付きであります。

そして串のやっさんであるからして「串」連投。
此方のお店は串1本ずつ注文できる仕組みだ。

まずは
帯広黒豚串(150円)にレバー(150円)
牛さがり(150円)にポンポジ(250円)

2008_1104_231456-DSCN0560.jpg



続いて鶏串(150円)にひな皮(150円)
そして手羽先(150円)

2008_1104_231615-DSCN0561.jpg


牛タン(300円)に牛ほほ(150円)

2008_1104_234211-DSCN0562.jpg


更には中落ちカルビ(250円)

2008_1104_234558-DSCN0569.jpg


最後にオリジナルつくね(250円)のタレですねー。

2008_1104_234705-DSCN0570.jpg


レバー串はおさないに続いて焼きの具合が素晴らしい。
表面はしっかりとしながらも中はトロッとした火通し。

ポンポジでは焼きによる脂の落ち具合がよく、コリジュワ。
牛の各串は価格の割りには特筆すものも感じず(汗)
その中では「旨い」と感じたのは牛さがりだろうか。

オリジナルつくねのアレンジ種が多いので愉しめる、かも?
現在(いま)のところつくねではおさない・山翠庵が頭二つ分飛び抜けている。



全体的に価格高。屋台でいう気軽さと同位置とは云い難い。
ただ1人で「呑む」には1本ずつの注文方式で「ちょい呑み」は可能だ。
ちょい呑みでは“やっさんおすすめ6本セット”(1000円)がいいかも、です。



十勝産豚、十勝産牛、音更産地鶏を使用、と謳う。うーん。
また、やっさんハンターによる猟次第で鹿肉や
その他アイガモ、熊などの獣肉。
そしてラム、いかとんび(これ魅力)や豚足なども
串・一品料理で味わえる面白い屋台でもある。


観光客・ビジネス客以外だけでなく地元人も
さりげなく混在しているのに最近気付いた。


そして今回も例に洩れず(笑)
隣の同年代程の野郎共w2名と仲良くなり

男「観光ですか?」
私「いやいや地元人ww」

語り合いクダを巻き合い、愉しくお酒が呑めた。
屋台はこれがあるから面白い、醍醐味とも云えるww

今回やっさんでは、あまり店主が
お客さんに下手な相槌、首を突っ込む事がなく、
一線を引いた対応をして頂いたのは嬉しい限り。
ただ無言で眉間に皺を寄せ、調理・接客をしている訳ではないの。
今回だけ?とは考えたくはないね。

そう、対面による接客ではここが難しいところ。
意味を履き違えたバリスタ、落ち着きのないバーテンダーなど。
対面ではお客さんの「心の有り様」を読み取り、
その度々で柔軟な対応をして頂きたい、と感じる。
それが対面接客で商う”プロ”なのではないか、と。
それは”常連”と”一見”の境界の扱いにも通じる。



その後、追加でまたレバーの刺身を注文したのは
ココだけのお話w



串のやっさん】北の屋台内
住所 西1条南10丁目いぬき通り4番街
時間 17:30~24:00
定休 日曜日
座席 10席
関連記事
スポンサーサイト
帯広の呑み処 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
ここの
レバ刺しは帯広イチ!
…と言っても過言ではないのでしょうか。
レバ刺して一杯…あぁ。

連絡遅れててすみませんm(__)m
くろくろさんへ
まだまだ数は少ないですが、今まで食したレバ刺しの中では帯広ナンバー1です(・∀・)ノ

まぁ鶏、牛、豚と味わいは違いますが(笑)

もうこのフォトをみてかみさんは「喰いたい」症候群!それ程の魅力は十分にありますねー
No title
ここにも旨そうなレバ刺しがあるんですね。

私もいつものPのお店か、かねだ商店のレバ刺しが好きですが、今度串のやっさんへお邪魔してみます!

だってあの厚みを見せられちゃあね~

ぶうさんの奥様状態です(笑)。



七誌さんへ
きっと驚くと思いますよ(・∀・)ノ私は事前フォト調べしてなかったので、目の前に現れた時(うおーっ!)でした(笑)

Pさんは是非食してみたいです(*´∀`)ノ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。