--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/20.Sun

【帯広】食事と炭焼き居酒屋 山翠庵

此方のオムライスを食して以来かみさんは虜にww
その当時は未だグランドメニューになっておらず
ほぼ隠れメニューとしての登場であったが…暫くし

なんと!ランチ限定の通しメニューとして登場したのです(^o^)丿
そりゃ行かないでか!!?っでかみさんと暖簾を潜ったのですw

ま、その前に私1人で暖簾を潜った時そりゃかみさんの悔しさといったらトンデモナイ状態で(汗)
その時に夏限定の(この記事は夏当時の小噺なのだ…)メニューも
登場しており、私はそれ目当てなのだww


では、早速  これだあ。


2009_0707_123627-DSCN1751.jpg

なんとこれで千円ぽっきり!
え?高い??召し上がればお判りになる。イヒヒ。

2009_0707_123659-DSCN1753.jpg

牛すじの柔らかさもトロトロで臭みもなく
絶品  なのは云うまでもない。
そしてオムの半熟みとチーズの風味。
うーーーーん、旨し。
あ!これはかみさんが頂いたのですけんど(笑)

2009_0707_123642-DSCN1752.jpg

そして小鉢…というにはボリュームあり~の。
今回はたらこパスタ。洋も十分親父さんの力量あり~の。

2009_0707_123711-DSCN1754.jpg


そうして私が密かに常に熱望しているのが
新作ラーメンであるのですわああ。
冬は辛味噌ラーメンでしたよ。

そして今年の夏は  これだったあ!

2009_0707_124154-DSCN1755.jpg

海鮮冷やしラーメン!こちらもぽっきりだww
でもね、これがとんでもないスープであって致し方ない(笑)

2009_0707_124202-DSCN1756.jpg

このヤバいほど澄んだ極上スープは
より選んだ海鮮物から抽出した濃厚ながらも
鼻に抜ける磯の香り、舌に纏わる海からの贈り物。

2009_0707_124229-DSCN1758.jpg

具材も素敵な海鮮モノで溢れている。

2009_0707_124220-DSCN1757.jpg

冷たくキリっとしめた麺のチュルチュル感も満足。
なによりやはりスープだ…真にがトンデモナイ代物だった。

食後にはこんな素敵なサービスだ。
おかみさんありがとう(^o^)丿

2009_0707_125201-DSCN1759.jpg



私「これでラーメン作って…!」
親父「いや…いいけど。トンデモナイ金額になるよ(笑)」
私「うーーん(泣)んんじゃコレでダブルスープなんてのは?!」
親父「あはははは」


はいこの会話で閃いたかどうかは判りかねますがww
なーーんと!あのメニューに新しい試みが成されているのです。
何度か試食致しましたが「うおおお!ヒヤッホホホーー♪」
そんな雄叫びをあげてしまうほどなのですよよよよ。
詳細をお伝え出来る日をお愉しみに。乞うご期待(
関連記事
スポンサーサイト
帯広(十勝)のラーメン | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
いつもながら・・・
どのお店も美味しそうですね。
特に海鮮冷やしラーメン!お初にお目にかかりました!

あと↓のこんのさん。
飲んだ後の締めと言えばここのラーメンか吟来(こんな名前でしたっけ?)だったような。
今じゃとてもじゃないけど締めでは食べられません。
だいだいさんへ
来年の夏はまた違うラーメンになる可能性大(;´∀`)ノ

吟来合ってますww私は「どん」でしたねえ。久々行ってやっぱり旨かったww

でも街中や他の深夜帯営業のラーメン提供店は脂(ラードや胡麻油)を多めに使用している店が多いですねえ(汗)なんでだろ?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。