--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/24.Thu

【幕別札内】とんかつつかさ

ずわっとアップw
以前1人でお伺いした時に頂いたのが  これだあ。

2009_0201_184534-DSCN0844.jpg

カルビかつ定食です。
ホエー豚バラを使用し、ミルフィーユ状態に重ねている。
一口頬張ると…おう!なんだ?!この爽やかな味わいは!
そう層の間には赤紫蘇は挟まっていたのだっ

私「これはいいッスね!」
マスター「ホントは青紫蘇を使いたいんですけどね^^」

雅のしゃぶかつとは似ているようで
全く非なるとんかつと云えるだろう。

頬張ると滲みでる脂の甘さは格別だ。旨し。
そして紫蘇の風味がバラ肉使用している重さを
サラリとしたとんかつとして相乗されている。

つかさの特徴は粗いパン粉にあると感じる。
ザックリとした小気味良い音と共に食感がよいが
粗パン粉のデメリットとして油がけっこうな吸収に。
それをつかさでは揚げ油の温度と時間のギリギリで
マスターの揚げ技が光っていると云える。流石ではないか。

今以上の旨さを求める為試行されているマスター。
そして数ヵ月後の訪問時同じものを注文したところ
なんと「おう!青紫蘇になってる!」驚いた。
更に紫蘇の風味が口の中で増大する面白さ。
これは赤紫蘇を頂いた後だったから尚更だった。


そのカルビかつ定食を頂いたのは何を隠そうかみさんだww
その時初めて家族で暖簾を潜ってみた。


これがなかなか家族でお伺いするのは稀なんですよ。
小さなお子様が一緒だと何かと選ぶ飲食店は限定されてしまうもの。


で「行ってみる??」と不安もありながらも暖簾を潜る。

つかさは小上がりがるのでそこは安心。
しかし此方はボリュームが結構あり
子供では全て食べきる事が出来ないのではないか(汗)

そこで私「マスター無理を承知でお願いがあるんです…ごにょごにょ…」
マスター「はい^^大丈夫です、いいですよw」

そしてぼんず達の目の前に現れたのが  これだあ。

2009_0712_180526-DSCN1789.jpg

通常のミックスフライ定食を頂いたことがある方は
きっとお判りになるかと思います。


2009_0712_180537-DSCN1790.jpg

そうなんです○けて頂いたんですよ(汗)
しかも皿もお子様仕様でないかい?!
これはホントに我儘だったなあ…と。
一手間二手間どころの話じゃないですからねえ…
すんませんマスター!ありがとうございます(汗)!!

2009_0712_180544-DSCN1791.jpg


帰り際マスター「あれ?(私をみて)気付きませんでした(笑)」
私「あはははいつも1人だし家族で来たの初めてでしたからね^^」


つかさは小さなお子様がおられるご家族でも
安心してお伺いできますので機会があればどうぞ(^o^)丿
帯広(十勝)のトンカツ | Comments(2) | Trackback(0)
2009/12/05.Sat

【帯広】とんかつ雅


たまには違うものを注文しようよ(汗)
とか思案しながらもやっぱり
とんかつ屋Wさんのアレになっちゃうぶうですが、なにか?

いやいやそれでは人生損してるんじゃないの?!
はいその通りでございましたよ。
で、注文してみました  これだあ。


しゃぶかつ定食(数量限定)1250円。

2009_0130_180108-DSCN0840.jpg

このようなミルフィーユとんかつを全国区として
押し上げたのが都内のキムカツが周知の事実か。

此処のしゃぶかつもしっかりミルフィーユww
では一礼、いただきます(^o^)丿

2009_0130_180149-DSCN0842.jpg

箸で持ち上げてみる。結構な重量感。
その時点で薄肉の層の間からジュンワワ…と脂が。
頬張ると、一層ジューシーさがよく判る。
そしてサクサクっと音が頭蓋に響き、
おう、噛み切れる速度が半端ネー。イヒヒ。

更にこれ。

2009_0130_180118-DSCN0841.jpg

このおろしポン酢タレのおかげで非常にさっぱり頂ける。
このタレ効果はアゲアゲでこの変わりトンカツに合うんだな。
ん?少々酸味が立ち過ぎか(汗)??これは好みの範疇だろう。

うん旨いです!
しかし油の切れが今回気になったね(笑)
どうしたんだろ?

次回の雅小噺は「なんだこのデカさは?!初めてなの…こんなの初めて…ヒレカツw」編ですよ(^o^)丿
帯広(十勝)のトンカツ | Comments(0) | Trackback(0)
2009/11/04.Wed

【帯広】とんかつの店とんげん


2008_1201_132916-DSCN0684.jpg


久々にフォト撮りしたので記事にww
楽天時代のブログを紐解いても
そういえば記事にしてなかったわあ。

2008_1201_131726-DSCN0679.jpg

とんげんロースカツ定食1100円。


私の中ではつかさ、雅、清竹と並ぶ
トンカツカルテットの重要な位置付け。

2008_1201_131747-DSCN0680.jpg

このザックリ感はとんげんならでは。
そしてボリュームもキャベツの盛りも
素敵な舞台を観せてくれるのだ。

適度な噛み応えのなるロース。
早く脂身まで到達したい口惜しさw


私の中でとんげんの殿堂入り?を果たすのに
大きな要素となったのが味噌汁の存在。

2008_1201_131825-DSCN0682.jpg


非常に節系が効いた、あっさり汁。
これが大好き(^o^)丿


お客側の立場なら、トンカツは勿の論だが
小鉢やキャベツの切り・盛りなど
脇役がどう演じてくれているかで
その舞台の幕がおりる時(食べ終える時)
満足度合いが大きく左右するものだ。

2008_1201_131836-DSCN0683.jpg

小鉢の長芋の千切り、お香物、味噌汁。
キャベツ、そしてご飯盛り。

2008_1201_131817-DSCN0681.jpg

トンカツカルテットの4店では
主役を引き立てる脇役の存在が素晴らしい。
帯広(十勝)のトンカツ | Comments(4) | Trackback(0)
2009/10/25.Sun

【帯広】とんかつ雅


ようやくこのメニューをアップできたぞ!
初食は昨年の11月。四十郎さんサンクスでした!
で、昨年よりそのメニューを頂いてからというもの
とんかつ雅の暖簾を潜るときの私の鉄板となったww

そのメニューとは…   これだ。

2009_0416_190801-DSCN1327.jpg


とんかつ屋さんの豚丼1150円。
ん?高い(汗)??頂いてみれば判ります。
豚丼と謳うがあくまで“とんかつ屋さんの”とある。
そこがミソ。


サクサクの。
ジューシーの。
もうトンカツなら「スゲー…」のだ。


そしてご飯の上の白胡麻があるのがいい。
頂いてみたらお判り頂けると思いますが
この白胡麻があるのとないのでは全く別物。
それ位の素晴らしい役割を果たしている。


そしてとんかつにかかるタレが絶品。
いやタレが、ではなく纏まった時の
口に頬張った時の一体感が物凄いのだ。

タレは通常豚丼で使うような丼タレとは異なる。
どちらかというと雅店主の云うように天丼のタレに近い。



私「このタレが凄いですねー」
店主「天丼のソレを参考にしてみたんです」

店主の自信に満ちた表情が試行錯誤の上
完成した経緯が窺がえる。


この豚丼を頂いた時、必ずご飯をお代わりする。
というか店主さんが私の猛烈な勢いのかきこみ具合をみて
嬉しい一言「ご飯お代わりできますよ^^」
当然私は「お、お願いしまっす!」

あまりの旨さに日を置かず暖簾を潜り、またお代わりw
それからと云うもの次の訪問から何も云わずとも
私の時にはご飯がすでに大盛り状態で提供されるようになった(笑)
っちゅうか覚えていてくれている事に感謝だ。


そして私はこのとんかつ屋さんの豚丼を頂くと
んーいや雅のトンカツを頂くと、恍惚とし幸福に満ちるのだ。

余談だが?
奥様の接客がとても素敵なのですww


札内のつかさと並ぶ、とんかつ雅はそう

双頭の“豚”なのだ。
帯広(十勝)のトンカツ | Comments(8) | Trackback(0)
2009/09/27.Sun

【札内】とんかつつかさ


私にとっての愛しきお店と店主さん。
最近ご無沙汰です…(泣)そんな現在ですが
昨年、かみさんにも食べてみてもらいたい、と
かみさんにとっては初めてのとんかつつかさです。


かみさんの持論

とんかつ屋さんでヒレ美味ければ他も美味しい。


さてそのお眼鏡に適うのかどうかww?
では暖簾を潜ります!

私は当然アレ。
もう月に一回は食わんと禁断症状がでるとです。
同様に云えるのがとんかつ雅のアレです。
ですんで月に一回どちらに行くか断腸の思いで決断します(泣)


2008_1218_115316-DSCN0727.jpg

今回はテーブル席ですう(初めてのテーブル席)
いつもはカウンターなんでいつものあの所作の拝見は叶わず。
ですが、ああ厨房で肉を叩く音。そして華麗な揚げ音…
光景が脳裏に浮かぶ訳です。


はい程なくしてきたのが…これだあ。1・2・3…

2008_1218_120510-DSCN0728.jpg

Bロース定食1450円。
この分厚さと重量感は肉好きにはたまらない。

そして是非下のフォトをじっくり確認して頂きたい。
これがつかさの妙技・人骨頂といえる。


2008_1218_120604-DSCN0731.jpg

この肉の火通しが絶妙なのがお判り頂けるだろうか?
肉汁がしっかり肉にとどまっている。
しかも脂身ですら芸術的な輝きを放つ。
いつも頂くがこの揚がりの状態は変わらず。
この揚げの匠の成せる技ということか。
店主さんの穏やかな表情からは想像し難いが
常に厨房では真剣勝負なのだな。

そしてカツ丼編の時にサービスして頂いた
あの手作りソーセージ??が入ったマカロニサラダ。

2008_1218_120635-DSCN0733.jpg

つかさでこれを頂かないと正直物足りないww
それ程の主役級ののは云うまでもない。


ではそんな初めてのかみさんは勿の論(持論通り)
これだあ、1・2・3…


2008_1218_120526-DSCN0729.jpg

Aヒレ定食950円。
ヒレでもこのザックリ衣である。
この口に放った時の音がいつもたまらない。

さてかみさんが一口。

かみさん「!……お…お、美味しい!!なにこれ?!?」

2008_1218_120537-DSCN0730.jpg

日頃私はヒレを頂く事はないのだけれど
かみさんのあまりの驚きと称賛の声に少し頂いてみた。

お!なんだこれ?!かみさんが驚いた意味が判ったww
すんごいね、これ。口に入れた途端…
いや…これはヒレを実際頂いたほうがいいかも、だ。
正直私はこんなヒレ初めてだった。
かみさん曰く「今まで食べたヒレでは一番!」だそうだ(笑)


つかさ店主の時もそうだったけど
いつも1人での訪問だったもので
連れと一緒だとどうも照れくさい(笑)

それでもつかさ店主、帰り際「いつもありがとうございます^^」
の声にかみさんの前もあり嬉しさ倍増であるww


さあ次回のつかさ小噺は「子供用に無理云って難なくオケイの懐の深さに脱帽」編で
お逢いしましょうwさすがつかさ店主!ときっと皆さんも思わず帽子を脱いでしまう?!



とんかつつかさ
住所 幕別町札内あかしや町59-28
時間 11:30~14:30 /17:00~20:30
定休火曜日
帯広(十勝)のトンカツ | Comments(10) | Trackback(0)
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。