--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/09.Fri

[逢想]

はははは…これも結構堕ちるわ。



[逢想]




こんな僕に

彼女は何を望んでいた?

彼女は何を見いだした?

彼女は何をして欲しかった?


彼女は

「ただ傍にいてくれるだけでいいの」

と云って

僕を抱きしめた。



彼女の情熱を愛情を哀情を激情を

僕は

「大丈夫だよ」

と云って

彼女を抱きしめた。




僕の存在意義。

それは

彼女の全てを肯定し得る事ができるでく人形。


彼女は

「あたしを認めてくれたのはあなただけだわ」

と云って

僕と口づけを交わした。



彼女の愚鈍を慰みを愛撫を忘却を

僕は

「安心していいよ」

と云って

彼女に肉根を差し出した。


彼女は時折

現実から時の狭間へ

意識を投げ出す病い。

僕との逢間を誰も知る良しは無く

彼女との逢間が少しずつ僕の意識下を歪ませた。





歪んだ意識が芽生えた

でく人形。



そんな僕を彼女にとっては

最早、不必要になった

でく人形。



愛情は一方通行な


出合い頭の


クラッシュみたいな。



彼女の為に

僕は一生

でく人形でよかった。




意識上と意識下では

相愛は





成立などしないのだ。



そうか

彼女は

こんな僕に

こんなでくに



与えて欲しいものなど何もなかったのだ。



それこそが



無償の



愛?





まあ若かりし頃の…とご勘弁をww
言の葉 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/04/06.Tue

[クサリ]


ちいとイってるな…
こりゃ酷いwwww




[クサリ]





身動きとれないのだ
足元から

それは蛇の如く忍び寄り
絡まって。



もがいても
それは容赦なく身体に纏わり付いて


終いには
耳の穴から

それがくねくね回りくねり
脳にまで締め入る始末。



それは小刻みに震え振動を音に変えた

脳に直接 打撃を与える倍音の増幅

それは音を言葉に変えた



耳鳴りよりも酷く

頭痛よりも堪え難い

頭蓋を破打する程の




狂いかけた言葉の洪水



暗黙の了解ガガッ涙雨二階ガ…

フラッシュ彼女狂い咲きサンダーロードガガッ
忘れるなガガッアンテナ仕事自殺ガガッ

疾風母親小島ガッガガッガイレイザーヘッド童貞
ガガッガッ同棲 叫ぶ始まるガガッ忘れるガガッ

ノイズドシャ降り飛び降りリストガガッカット忘れるな 
愛してる ガッッダスト合図忘れるな滑走 セックスガガッ家族
砂嵐馬鹿怒涛ガガッ盲目夢万引き睡眠ガッ

ガガッブラックガガガ…リスト忘れるな忘れガ…ガガ紛失
るな忘れるな忘れるなガガッ忘れるなガガッガガッ

ガガッ忘れるなガガッ


ガガ…ガ…ガガガ…ガ






迷走する意識に何を意味するものか
意味すらないのか持つ事を許さないのか


それはまだ俺の一部
それはまだ俺の一物


解き放つ事は
赦されない



そうだった 断ち切りたいのだ



時の


クサリ




それは終焉






中盤のノイズ混じりの羅列文字。
ザザではなくなぜガガの擬音だったのか?
言の葉 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/04/02.Fri

[どんより そこまで]



あはは…こりゃウツ時だなw
愛とはなんぞや?と踠いてる。



[どんより、そこまで]





どんより、そこまで行く足め

間違いだらけの、ピースを埋める妄想に

ピース(平和)の持ち合わせないくせに



どんより、底まで流れ落ち

どっぽん、堕ちるは底無しで

憐れもがいてみたとて、空虚を掴む



どんより、そこまで散歩道

行き着く先には、煩悩だらけの渦巻きで

自分の欲望、充たすだけ



どんより、底まではいつくばり

見つけたいんだ、愛し愛 相愛

パキシル6錠、握り締め

トンでいくんだ、君のマチ



間違い  ピース

符合なら  ピース(平和)

平凡で  いーっす



どんより、そこまで

逃げ出す日常

どんより、底まで…






韻を踏むのが自身流行っていたのか。
そんな詩がまだ続く…
言の葉 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/03/30.Tue

[素足]


久々に自身の昔の携帯HPにいってみた。したら
こんなのもやっていたのだ(爆)…!ハズカシww
しかし昔の自分のそりゃ自分だもの、HPを削除
する前に思い出の軌跡とし、アップしていこうや。

サムくなるかもしれませんww
読まなくてもいいっすよ。


----------------------





[素足]





貴方の前では あたしは

いつも素足でいたい。


貴方の前では あたしは

いつも素あ た し でいたい。


素足になれる 喜び。

無防備な 裸よりも 無防備な。



時には ガラスの破片(カケラ)が落ちていて

時には 誰かの吐いた唾が落ちていて

時には 貴方の暖かなカーペット

時には 冷たい石畳の上で涼んだり

時には 雪面をはいずる地走りに


震えるあたしの素足を貴方の両手が包み込む。



だから

貴方の前では あたしは

いつも素足でいたい。


貴方の優しさに 直に

触れることが できるから。


あたしの素あしは


あたしの



素あ た し。





------------------


いやあああ、誰の作家に触発されていたんだろなー?
もともと中原中也にどっぷし傾倒していたし、そこら辺?
まあ、あと何編かありますうううんで、ご勘弁ww
言の葉 | Comments(2) | Trackback(0)
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。