--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/08.Sat

謹賀新年!胡同食堂のオードブルで舌鼓。

大晦日ってどんな過ごし方をすればいいのでしょうか?
大体年末年始って仕事だった記憶しかない私にとって
ほぼ初めてにちかい大晦日正月休みw

職場のみんなが気をきかせ私に休みをとらせてくれました(泣)
っちゅう事で!family水要らずの年明けを迎えましたのですっ!


初めて尽でなんと豪勢にオードブルなんて注文しちゃったりなんかして!

私「ただいまあ」
ぼんず&姫「お帰りいいいいいいい!!!!」

テンション高っ!


大晦日は夜勤明けだったんですが、今日は午後寝ないと決めた私。
頑張りましたwww

お昼になって。皆でオードブルを取りに伺いました。

スーさん「どもー^^」
少々注文トラブルがあったようだけどそれでも飄々としているスーさんだったw
カウンターをみると思わず「おう!旨そう…」と声を漏らしてしまうほど。

私「来年も宜しくお願い致します^^」
スーさん「こちらこそ♪」

帰りは車中ぼんずにそのオードブルを抱えてもらう。
ぼんず「見ていい?」
私「まだまだ、絶対見ちゃ駄目だぞ」
姫「どうしてええ?」
私「ご飯の時開けてみたほうが愉しいから♪」


んで夕食だべさ♪

ジャーンっっ!

2010_1231_184837-DSCN5401.jpg

一同「おおおおおおお…!」
かみさん「これで5千円なの?!多くない?」
私「凄ええ…」
ぼんず&姫「美味しそう♪」


全部で七品。

2010_1231_184847-DSCN5402.jpg

なんとまる麦使用の一品だ!
マリネみたいな感じだけどこのドレッシング?
メチャ旨っ!ぬううう…
まる麦の食感がこれまた溜まらん。こんな旨いのか?!
これは食感を愉しむもんだな、まる麦。
蛸もやんわらけー

2010_1231_184857-DSCN5404.jpg

柔らかいといえば
このイカ!身が厚いのになんとも柔らかい!
Family一同「むうううう…美味しい!」
味もしっかりとついていてビールが進むべやw
ぼんず「大王イカ?」
かみさん「それはない(笑)でもこんな身が厚いのって何処に売ってんの?!」
私「判りません」

2010_1231_184852-DSCN5403.jpg

から揚げ。
これは子供達がバクバクでしたわw
個人的には甘辛タレを纏っていて欲しかったわー

2010_1231_184902-DSCN5405.jpg

海老チリ。
云うことなし。間違いない。こりゃ店いって喰いたい。


2010_1231_184909-DSCN5406.jpg

このチャーシューもウミャー。

2010_1231_184914-DSCN5407.jpg

一番驚いたのはこの豚タン?!だよね。
この味付けが一番驚いたし旨かった!!!

2010_1231_184937-DSCN5409.jpg

そして真ん中にデデンと存在感タップリにいたのが
この蒸し鶏。これがなんだい?スーさんに嫉妬するわ。
なんでこんなにしっとりジューシーに仕上がる訳?!




私「プロってすげーな…悔しいわ。感動」
かみさん「悔しい意味がわかんない(笑)」

もうこっから怒涛の喰い道楽w
初オードブルがこんなに旨かったのが嬉しい!
胡同食堂にお願いしてよかった、マジで。
しかも多いよ。これで4~5人前とか云ってたか?
でれも旨いよ。流石。前日から仕込みしてた様子。

2010_1231_184805-DSCN5400.jpg

かみさん作ってくれたお稲荷さん。
これは私がお願いしたのだ。何故か私にとってお稲荷さんは特別な存在。
なにかのイベントものには欠かせない。お稲荷さんがあればただ嬉々。

この後も私は酒呑んでグータラw
子供達には「今日は夜更かしオケイ!年明けみんなで迎えるぞお」
みんなで盛り上がったのも束の間。
ナリ坊はすでに就寝。カワイイ。

ぼんず「ちょっと休憩してくる」
私「布団に入ると寝ちゃうからなああ」
ぼんず「大丈夫、休憩キュウケイ…」

しかし
ついに茶の間に帰還することが出来なかったぼんずは撃沈。
そんな中姫はもう目が爛々。生き生きとしておりましたわ。
蕎麦くって。姫を寝かせ、ナリ坊はいつものように大晦日正月は関係なしw
蕎麦はいつもの義父さんのお手製。大晦日の日はもうずーっと蕎麦打ちです。
少し寄ったらひっきりなしにチャイムが鳴ってお蕎麦を取りにくるお知り合いの方々。
義父さんの蕎麦は旨い。ゆうに百人前を越えるほど蕎麦を打つ義父。充実の顔。


そして




正月はこれまたグータラ三昧w
こんなにだらけていていいのか?!戻れるか不安になった程だ。
これが大晦日元旦の過ごし方なのねwwwwwオケイ^^V


あ…しっかりと初詣にいきましたヨ、近くの神社へ。
なんとこれも私、お初なのだw初詣って行ったことないのよね(汗)
結婚して家族が出来るとお初事が一杯!色々あんだなあ。

私なんていつもかみさんに「いいじゃんいいじゃんやんなくても…」
かみさん「駄目駄目、こういうのって大事なの」

親戚とかご両親とかお付き合いとか。
社会人になってほぼ初めて年賀状出したし。
大変なのね。ふむふむ。助かりますよ、マジ内助の功。



でわこんないつもの感じの拙ブログ。
遅くなりましたが「明けましておめでとう御座います!」
今年もどうぞお暇なときにでも見てくれると嬉しいです^^
宜しくお付き合い下さいませ♪





family小噺 | Comments(6) | Trackback(0)
2010/12/26.Sun

一年の一大イベント、それはChristmas!のfamily小噺


珍しくリアルに記事をアップw

約一ヶ月前により準備をしてきたChristmas
ぼんずの欲しいプレゼントはすでに決まっていて
それをどう(安く)手に入れるかネットを徘徊。
ようやく見つけて注文!

しかしぼんずが…!
クリスマスの数日前に欲しいプレゼントを変更(泣)
そこはかみさん「サンタさんはもう締め切ったよ」
流石の機転である。ありがたやアリガタヤぁ。南無南無。
ぼんずはトランスフォーマーのオプティマスプライム。


姫、最初は結構親を喜ばす、安価なプレゼントw
しかし二週間前にこれまたプレゼント変更(泣)!
その時ばかりはまだ期間がある為「駄目」とは云えない。
父サンタはまだ買わなくていてよかったです(汗)
そのプレゼントは当初のものとは異なる約10倍の価格となっていた。
そりゃサンタからのプレゼントだからいいんだけどさ。
父サンタは悩む訳ですよ。そのなんだかほんにゃかDXとかいうのは
なんなんだ?!と。ネットで調べると結構人気らしい。

その数日後「なんか人気ありそうだから買っとくわ!もう変更ないよな…?」
かみさん「電話で聞いて取っておいてもらえばいいっしょ?」
私「いや…そのなんとかほにゃららDXを言葉にするのが恥ずかしい(汗)」
かみさん「なんだそれ!」

とにかくト○ザラスへ急ぐ!
で、探しに探してようやく発見(泣)!
良かったああ、あと残り一個であった。
姫はなんちゃらぽっくるほにゃららDX。
よく判らん…


プレゼントの袋も後日、購入して。
イブの日は私が夜勤であった為
父サンタはサンタ代理として母サンタを選任。
眠い中母サンタは頑張って枕元に届けてくれましたわw




そしてクリスマス!
私以外のfamilyはぼんずのサッカーの為、家に誰もいない。
夜勤明けの私は帰宅後クリスマスの料理を仕込みます。

メールでは、朝凄く興奮した様子でぼんずと姫は
喜んでくれたそうです。親には云わないけれど
恐らくもうサンタを信じてはいないんだろうなあ。
それを親に云わない子供達の優しさもこれまた嬉しいし悲しく
複雑な心境でもある。


さて調理もしながら、大掃除も少しずつ進める。
あ!そうだ旦那サンタからかみさんへもプレゼントもあるんだった!
バッグに入れて手紙も添えて帰ってきたかみさんをサプライズする作戦。


仕込みもほぼ終わり、後は待つだけなのだけれど
もう眠気に襲われ、ダウン…しかし帰ってきた
ナリ坊の泣き声やかみさんやぼんずの声に起こされ
30分余りで起きてしまった。

かみさん「ありがとう!」
まあ喜んでくれて何よりだ。
かみさんはwiiだ。私にもやらせたいらしい。
あのダイ○ットソフト。しかしソフトまでは
手が廻らず。いつ手に入るかは未定。それまで我慢です。



さあ!作りますよ!

で、出来上がったのがこれらだああ。


まずはコーンチーズ。
冷蔵、冷凍庫の中の整理にwww

2010_1225_180813-DSCN5374.jpg




サラダ。

2010_1225_184548-DSCN5375.jpg

ピザ。

2010_1225_192257-DSCN5378.jpg

前回は強力粉が主だったピザ生地。もっと高温(250以上)のオーブンでないと
クリスピーは難しいかも?と改め、薄力と強力を半々にしてみた。
周りはふっくらと中心になるにしたがいパリッとした食感で以前よりもいい感じ。
トッピングは子供達の大好きなウインナーにしてみた。切ったのは姫。
包丁使って、頑張りました♪


ローストチキン(レッグ)マッシュポテト添え。

2010_1225_190224-DSCN5376.jpg

ローストした漬けダレに少し味を足し施してソースにする。
そのソースとマッシュポテトの相性を狙いました。狙いは当たり!

2010_1225_190251-DSCN5377.jpg

みんな「美味しい!」と云ってくれたので一安心。
特にローストキチンが大好評でしたwよかったよかった。
こうして喰って笑顔になれるのは作った本人にとって
これ以上の喜びはないです。

腹一杯(ぼんずは「もう腹十分目」と唸っていたw)になっちゃって
ケーキまでたどりつけず、次の日に取って置くことにしましたヨ。


思い出になるクリスマスになったでしょうかねー?
そうであると嬉しい。ナリ坊も興奮気味でしたしねw



その後私はというとお風呂に入ったあと、バッタンキュー。
夜中にナリ坊の泣き声で何度も起きましたとさw


あ…私へのプレゼントは、クリスマスの前に
かみさんから貰っちゃいました!ありがトン♪


family小噺 | Comments(8) | Trackback(0)
2010/12/14.Tue

十勝ダムの不思議フシギ、のfamilyドライブ西十勝編(2)


五月のこと。
日曜日にfamilyで十勝ダムへドライブ♪
なぜ十勝ダムなのか?それはダムカードが欲しいから、とはかみさんw

十勝ダムは国土交通省直轄ダムで、ダムカードを発行している十勝館内のダム。
中央土質遮水(ロックフィルダム)型なのだろうだが難しいのはよく判らない。

帯広を出発した時は大分天気も良くドライブ日和!
で、まずはお昼ご飯を清水新得辺りでとろうか?となり
携帯で検索していたところオムライスが美味しそうだったんで
ヴィレッジ432(その記事はこちら)へ行くことに。

腹一杯になり、さあ!十勝ダムへドライブヽ(^o^)丿



イイ天気だなあ♪




ワクワクしながら鹿をみつつ十勝ダムへと車を走らせる。





すると、十勝ダムに近づいていくにつれ
どんどん天気が悪くなりどんよりしてきた(汗)

かみさん「なんか気持ち悪いね」
姫「気持ち悪い、いきなり暗くなったよ…」
私「とりあえずダムまで行ってみる」

道の隣に河川があって、重い雲が垂れ込めてきたもんだから
水面は波打つことなく異様で底に暗黒面が拡がっていそうな雰囲気…
途中、ダム柵を越えた途端、益々重く漆黒となってくる天気。


ダムを下にした橋を越えた時には周囲は真っ暗闇状態。
車のライトを点けるほどだ。


おおお!十勝ダム発見!
観測所は…ええええええ…!!!??
シャッターが閉まっていて入れなくなってる(泣)

ぼんず&姫「ええ?観れないの?!ええ…」
私「しょうがないな…そのまま進むとどうなの?」
かみさん「トムラウシ温泉に続く道だと思うけど、その先行き止まりだったような」
私「そうなの?いやあ、どっか国道に抜ける道あるだろ?行ってみよ」


とそのまま道なりに進んでみる。
左手にダム湖が拡がり、湖の中央あたり剣山のような細長く尖ったものがある。
その上に、恐らく湖に沈んだ民村の跡地を奉っているだろう祠があった。
うーん…昼間なのにまるで夜のように暗くなったこの場所では
こりゃ背筋が寒くなってくる。

ん…げ…!   なんか祠のあたり




なんか(誰か)



みえた。




いえいえ…勘違い。見間違い。みない。みない。みてない。みてない。
いえいえ…


進んでみても左のほうへ折れる道もない。
少しずつ山腹に進んでいるようだ。道が砂利道に変わった。
車が1時間でようやく一台すれ違ったほどだ。

かみさん「此処までくるともう直ぐトムラウシだよ、行き止まりのはず…戻ろ?」
私「そうだな…こりゃ駄目だ。戻るか…」
ぼんず「まだここら辺、雪残ってるね(汗)」
姫「早く戻ろう…」

この時点ですでにダムから子1時間ほど(そのくらいに感じた)
familyみんな疲れているみたい。特に私とかみさんは疲労困憊状態。




で、なんとか狭い道をハンドルきりかえて来た道を戻ることに。
何故か肩から背中が重く、気分も悪くなってきた私とかみさん。

マズくなってきたかも。
え…なにが。

いえいえ…なんでもなにのです。



砂利道を抜けてアスファルトの道になり
少し安心。ぼんずと姫はどんどん姿を現す鹿達を熱心に数えている。
子供一人当たりすでに100頭を越えていた…w


またあの祠だ。見ないほうがいい。
十勝ダムを左にして、ダムを下にした橋を越える。
そして川沿いの道へとなり、ダム柵をようやく越え戻ってきた。



え…????!



途端!


パアアアア…と重く垂れ込めた雲が切れ切れとなり
陽光が拡がり、みるみる晴れてきたのだ…!!!

私「…ウそううう…?」
かみさん「どういうこと?」


いきなり
十勝晴れのような晴れ晴れとした天気に戻ったのだ。
え?んじゃ西の空は今はどうなってる…?
いえいえ…もう見ようとする気力すら残っていないのです。
ダム柵を越えた途端、さっきの背中から肩への変な重さも
すっかり無くなっていたのです。うーん。いえいえ。うーん。


これ嘘のような本当の話。Familyでは結構今でも
語り継がれている不思議体験なのでしたwww
その後、ダムに精通する職場の上司や同僚などに話しを聞くと
曰く「日曜日でもチャイムを押せばカード渡してくれるはずだよ」
しかしfamilyに巻き起こった不思議体験は上司には話しはしなかった。


怖いから…w

そのまま帰るのも気持ちが悪いので(勿論十勝ダムが悪い訳じゃないw)
鹿追道の駅まで行ってリフレッシュをしようと車を走らせた。


後日

かみさんは「もう行きたくない」と云っているが
ダムカードが欲しいのもかみさん張本人なのである。
いつか来年あたり(今度は夏に!)再挑戦しようと内心企画している。
因みにダム内見学出来るようで、月~金曜日に実施しているという。
その見学は事前に要予約が必要とのこと。次回はそれも狙いとしよう。







十勝ダム
ホームページ こちら






family小噺 | Comments(4) | Trackback(0)
2010/12/08.Wed

動物をみに行ってきたけど寒かった四月、の釧路familyドライブ編(3)


着いた時点ですでに15時過ぎ。
なんとか辿り付いたメインイベントは
はい!釧路動物園なのでしたヽ(^o^)丿


かみさんはどうも疲れてしまって車で待機(汗)
子供達と私で行くことに。さあ出発だべさあ。


入口ゲートは結構年期の入った感じだ。
入って大きな動物園マップを発見!確認。
さらにパンフレットも頂いたのでぼんずも姫も一心に確認!

2010_0407_143509-DSCN3633.jpg

まずはペンギン達。
まだ4月、肌寒く、其の日は風も強かった。
けどペンギンは悠々プールの中へ飛び込んだりしてる。





次いで猛獣館。
あの二頭を見たい!私は内心わくわく。
いたいた!子供達は大はしゃぎだ。私もおおはしゃぎだw

2010_0407_144427-DSCN3636.jpg

ココアです。本物だ。
姫「足、引きずってるね…」
私「そうなんだよ、生まれた時にはもう足が不自由だったんだ」

そうだった。タイガは亡くなったんだったなあ。
タイガもこの眼で見たかった。
ぼんずは「かっこいい」と興奮しておりました。
その時飼育員のオジサンがやってきて色々親切に
子供達に説明してくれ、子供達も愉しそうでした。ありがたい。

しっかし閉館も迫ってきたこの時間であるからか(それでも1時間位はまだ)
人が私達以外、誰も廻りにいない…いやいやこれはこれで貸切みたいでいいっかw!




次いでサル山だ。

2010_0407_144752-DSCN3639.jpg

ギリギリのヘリでもこうしてるサルは凄え。
隣にエサの自販機があったので購入。
ぼんずがまずやってみる。

すると奥のほうから「こんなにいたんか!?」というくらいの群れが…!
しかし一番体格の良い大人ザルが「俺のものだ」と云わんばかりにバクっ!!
何度やってもその大人ザルが食うもんだから、ぼんずも憤慨w

姫も「お兄ちゃん、ちっさいサルにもあげてよ」
ぼんず「わかってるって…!」

奥のほうに子ザルがいるのでそっちのほうにエサを投げる。
しかし全然ダメ…子ザルがとろうとするとどっからともなく大人ザルが(泣)
しかも大人ザルの中でもボス級のやつらばかりがエサをとるもんだから

ぼんず「ダメだって!とんなやああ…」
姫「子ザルがかわいそうだ…」

んじゃあともう一箱エサを購入してなんとか子ザルにあげようと。
次は姫があげることに。

姫「よし、次は気付かれないようにそおおっと子ザルのほうへ…」
ぼんず「そこだ、あそこにいるぞ…」

静かに、気付かれないようにコソコソ話で準備する子供達w
エサを子ザルにめがけて「ポイ」目の前に落ちたエサに気付いた子ザル。
あ、みっけ!ラッキー♪と云わんばかりにようやく喰えました。
しかしそれに気付いた大人ザル達が「おう!そっちか!行くぞー!」
わーわーと群がり始めた。そこは二回目の子供達。知った風な顔で
サル山をアッチに走って移動。なかなかの心理戦の遣り取りを繰り広げておりましたw
十分サル達の「喰い」の生態を知ることができ子供達も良かったのではないかwww





次はフクロウ達だ。

2010_0407_145308-DSCN3640.jpg

其の間にも顔をいれて撮影できるボードとかもあり
ぼんず&姫「撮って撮ってええ!」と愉しそうでよしよし。
しっかし結構歩くのな…こんなに歩くと思わなかったわ(汗)






暫くすると大きな金柵が道沿いに何10mか続いている。
そのまま進むと何やらいままでみた事ない動物がノソっと奥にいる。



デカっ…!!!!



2010_0407_150517-DSCN3641.jpg

このデカい動物はシカ科のワピチ(だったと思う…)なる動物。
こんな動物もいるのか、デカい。デカい。デカい。

そのまま暫く進む。もうお父さんは大分疲れたよ(汗)
もう帰ろうよううう…てな感じで少しずつ出口へ黙秘に誘導。





しかしまだあった。触れ合いが出来るコーナーが…!
入ってみる。するとウサギや鳥達がモソモソと居るではないか。

すると閉館間際に関わらず、飼育員さんが登場し
飼育員「丁度餌の時間なのです、では餌をやってみようか^^!」
ぼんず&姫「はーい♪」
私「はーい…」

2010_0407_152441-DSCN3642.jpg

ぼんずと姫、セッセと餌の用意。
餌を黙々と、甲斐甲斐しく頬張るウサギ達。
…かわいい



ま、疲れたけど、愉しかったよね。
閉館ギリギリまで居るとは思わなかったけどw
ぼんずと姫も釧路まで来てよかったね、と。
しっかしまだ四月の釧路は寒かったわ…
かみさんは外にでなくって本当に良かったな。

ようし、夕食も釧路でとりましょうwwww!
勿論行ったさ、喰いに。あの○屋へ。


もう少し続く。



釧路動物園

family小噺 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/03.Fri

恋問で、まだまだ恋には疎いぼんずが事件、の釧路へfamilyドライブ編(1)


四月のこと。
久々に日曜日休みが出来ましたんで、どっか行くか~と思案。


私「釧路にでも行くかぁ」
かみさん「釧路…?行く行く!」
ぼんず&姫「どこどこ?!釧路?何しに????」
私「んんんんん、内緒♪」


と、車に乗り込み
いざ!出発。



やっぱり帯広~釧路間の道、好きだなあ。
でもそれより釧路~根室間の道のほうが好きw
いつ行けるかなあ、根室…いつか私の故郷をfamilyに紹介したい。
そうだ!書いてる今思いついた。来年こそは根室に行こう!決めた!!
ようし愉しみが増えたねえ♪


はいやっぱりfamilyでドライブは愉しいッスね。
暫くして釧路にだいぶ近づき、道の駅へ。

子供達のトイレタイムは
しらぬか恋問、道の駅です。
腹のそこそ空いてきた。あ…ここで豚丼を。
いやいや(汗)できれば釧路なんで釧路ラーメンをば!

トイレタイム終了後、
かみさんを車にのこし、ぼんずと姫で恋問海岸へダッシュっっ!


2010_0407_122906-DSCN3626.jpg

結構波もたかく荒れ模様でしたけど
しかもまだ四月なんで風も強く、寒かったんすけど。

ぼんずと姫ははしゃぎまわっております。
子供は風の子とはよく云ったものだ。

2010_0407_122807-DSCN3624.jpg

ヒャハハハッハ!
あははっはははっはははは!
もう行くぞおおお、車に戻れええええええええ…
はーい!!


車に乗ろうとしたとき
姫「あああああ…!お兄ちゃん(汗)!!!!??」
私「え、なにどうした…?」

後部座席の開放したドアの後ろでなにやら事件が…!

姫「お…お父さん!お兄ちゃんが…」














姫「吐いてる」



ぼんず「お…    お   ヴぉええええ…」




かみさん「え、マジ?!これテッシュテッシュ!!姫これ!」
姫「はい」


あんな元気だったぼんず。
どうして…?!

かみさん「…   あ」
















かみさん「…お菓子食べ過ぎたんだわ」


は?



ぼんず「はあ、すっきりした…」




そんなこんなの釧路ドライブ。
まだ続く。
family小噺 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。