--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/19.Sun

【帯広】鶏の伊藤



2010_0315_133604-DSCN3481.jpg

鶏の伊藤。もう帯広では知らない方は恐らくいないだろう有名店だ。飲み会の中年層からお子様がいらっしゃる女性層まで、いやいや老若男女問わず受け入れられるメニューレパートリーや個室、団体さんなどの大人数対応といった懐の深さが人気の要因だろう。1969年創業し、その当時の店舗は諸処の事情でなくなり、2003年現在の店舗に移転オープンしている。

2010_0315_125434-DSCN3472.jpg

以前はドラがレジ前にあったが現在もあったかよく確認していない。
これはドラを叩いて入店したという合図をするものだったのかそれはよく判らない。


2010_0315_125515-DSCN3473.jpg

こうしたキッズルームがあるのも嬉しく、こういったところも
ファミリー層、懇談会などマダム達のお集まりに最適という訳か。



私とかみさんは2階に案内され、玉子の部屋という個室。

2010_0315_125805-DSCN3474.jpg

カエルのたまご????

2010_0315_125849-DSCN3475.jpg

こうした電話機も伊藤の特徴。
他の個室では黒電話もあり、
これを使用しスタッフをお呼びしたりする。

2010_0315_125915-DSCN3476.jpg

まあ、個室といっても
結構隣の個室からの声がつつぬけ状態
というのもなかなかスリリングだwwww


私は帯広人としてはあるまじき?一度も頂いたことのない
それが…鶏めし定食700円だあ。鶏めし丼だと500円。

2010_0315_131328-DSCN3477.jpg

生姜がビシっと効いた鶏そぼろと鶏むね肉のそぎ肉。

なんともわしゃわしゃ喰える味わい。
これが鶏の伊藤の鉄板なんだなあ。

2010_0315_131338-DSCN3478.jpg

定食には鶏むねのザンギがついたサラダも添えられる。
このザンギも生姜がよく効いている。
殆どの鶏肉メニューは鶏むねを使用している為
ジューシーさは求められないけれど女性には嬉しいヘルシー志向だ。


鶏の伊藤のメニューレパートリーはそりゃ豊富でラーメン、そば、うどん、パスタなど食堂なみ。いやそれ以上にズラリズラリリリリと並ぶ。オムライス、グラタン、ピザ、カレー。ザンギ定食、焼肉定食、豚カツ定食、丼は鶏カツ丼、豚カツ丼、もつ天丼(これは気になる!)中華丼、豚丼なども。凄ええええええええ…!そしてどれもボリューム満点らしい。大盛にしたらこれまた凄いらしい。


更に、だ。
なんと出前もしているというから驚きだ。

でもなんで鶏ももじゃないのだろう。
感覚としては一羽買いしてそうだけど
だとしたら、他の部位もメニューに登場しているはず。
だから一羽買いではないんだろうなあ。


そして

他にも喰っている。
それはラーメンCATEGORYでヽ(^o^)丿


2010_0315_133612-DSCN3482.jpg

鶏の伊藤
住所 西5条南28丁目2-8
時間 11時~22時
定休 水曜日




帯広(十勝)のお店 | Comments(8) | Trackback(0)
2010/12/15.Wed

道の駅しかおいはfamilyの憩いの場、のfamilyドライブ西十勝編(終)

十勝ダムdriveで不思議な体験をしたfamily一同
このまま帰宅するにはどうもイカン気がしたので
ちょいと鹿追まで寄り道することに致しましたw


さ、family皆が大好きな道の駅しかおいですよん♪

2010_0501_153045-DSCN3780.jpg

本当に西十勝に来るとなぜか此処にきますw
それほど魅力的。中札内道の駅もそうだけど。
いやいや士幌道の駅ピアしほろもそうだな。うんうん。
共通するところはソフトやフードが旨いことに尽きる。

道の駅しかおいでは
鹿追在住のパンを作っている方々のパンも購入できます。
そのパン屋さんについてはまた次回のfamily旅行のときに
お話しますネ^^


2010_0501_153311-DSCN3782.jpg

まずは…お!新作ソフトが発売されている。
かみさんはそのソフトを頂くことに。

2010_0501_153438-DSCN3785.jpg

うーん…にんじんの味がする。(当たり前だ)
こりゃ好みが分かれるところ。かみさんは少々苦手だったようだ。


ぼんずは…なんだっけ(汗)?

2010_0501_153409-DSCN3784.jpg


姫は…恐らくレモン(だったような気がする)

2010_0501_153328-DSCN3783.jpg


ぼんずも姫も旨そうに喰っておりましたわw
美味しい笑顔ってのは本当にいいもんです。
こういう嬉しさって飲食店の方々は感じているんでしょうね。
私もお店の方に「美味しかったです!」とお伝えした時の
笑顔で「ありがとうございます^^」とにっこり返して頂くと
逆にこちらもなんとも嬉しい気持ちになるのです。


さて私は何にしようかなあ。

私は…おおおお!あった!あった!売り切れてないぞ!
尽く売り切れなんかで振られてしまったアレがあったぞう!
その記事はバーガーLOVEカテゴリーでヽ(^o^)丿



ふう。
なんか落ち着いた感じだ。


さああて、んじゃ帰りますか!
車の中にはfamily…しかいないな。
大丈夫大丈夫!
帯広(十勝)のお店 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/12/13.Mon

【新得町】ヴィレッジ432、のfamilyドライブ西十勝編(1)


五月のこと。
日曜日にfamilyで十勝ダムへドライブ♪
なぜ十勝ダムなのか?それはダムカードが欲しいから、とはかみさんw

十勝ダムは国土交通省直轄ダムで、ダムカードを発行している十勝館内のダム。
中央土質遮水(ロックフィルダム)型なのだそう、だが難しいのはよく判らない。

帯広を出発した時は大分天気も良くドライブ日和!
で、まずはお昼ご飯を清水新得辺りでとろうか?となり
携帯で検索していたところオムライスが美味しそうだったんで
ヴィレッジ432へ行くことに。

ヴィレッジ432は乗馬が出来たり、
宿泊施設やコテージもあったりと面白そうなところ。


国道沿いに大きなヴィレッジ432の看板があって
そこを左に曲がり、少し小高い丘を道沿いに向かう。



2010_0501_130815-DSCN3779.jpg

と、レストランがありました!
レストランの隣の芝生には馬もいたぞ。

入ってみるとログ調の外観同様、の内観。
テーブル席に座ることに。観るとお客さんが結構いる。

ぼんず&姫「カレーが食べたい!」というので
辛さはいかがなものか?スタッフの方にお聞きしてみる。
なんとか子供でも頂けそうな辛さらしいので注文。

で、かみさんはオムライスに。


暫くして目の前に現れたのが  これだあ。

2010_0501_125342-DSCN3775.jpg

私が注文した山わさびのポークソテー880円。

2010_0501_125353-DSCN3776.jpg

山わさびがたっぷりと豚ソテーに乗ったもので見た目から美味しそうだあ。
豚肉は薄めだけれど、ロースの幅が大きく食べ応えありそうな予感。


タレが甘めだ。
山わさびの辛味があるから甘めのタレにしたのだろうか。

2010_0501_125406-DSCN3778.jpg

サラダが思いのほか美味しかった。
ライスは男性なら大盛にしてもらったほうがいいかも。

2010_0501_125357-DSCN3777.jpg






かみさんのトロトロ・オムライス780円。
ソースはデミ、カレー、トマトソースから選べる。
かみさんはデミにしてみた。

2010_0501_125139-DSCN3773.jpg


結構甘めなデミソース。

2010_0501_125148-DSCN3774.jpg

オムはメニュー通りトロロとしている。
デミってこんなに甘くも出来るんだな。
デミが個人的に好みの味ではなかった。(かみさん同意)

2010_0501_125116-DSCN3771.jpg

2010_0501_125121-DSCN3772.jpg




姫は432カレーで432円とは嬉しい♪
ボリュームも普通で(食がほそい姫にはちょっと多い)かみさんが少しお手伝いw

2010_0501_125059-DSCN3770.jpg

ぼんずはチキンカレー780円。
辛さは大人で少しピリリとする感じだからぼんずは大丈夫だろう。


ほかに山わさびの豚丼があり気になる。


お腹も一杯になり、店を出、少し馬をみて
十勝ダムへレッツドライブヽ(^o^)丿
其の時点で陽気なfamily一同はその後、エラい目に逢う…


それは別記事で。


ヴィレッジ432】 ホームページ
住所 上川郡新得町北新得98
<レストラン>
時間 食材が無くなり次第終了…て?
定休 火曜日
帯広(十勝)のお店 | Comments(4) | Trackback(0)
2010/11/24.Wed

【帯広】はるこまベーカリー

平成22年10月19日に移転し更にウチから近くなって
これまた滅茶苦茶嬉しいはるこまベーカリー

2009_1121_111009-DSCN2764.jpg

この外観はもう観ることが出来ない。
しっかし新しくなったはるこまベーカリーにはまだ行ってないわあ(汗)
Familyで何処かへお出掛け(十勝管内)しましょう、となったとき
よく此方でパンを購入して車内で腹ごしらえしています。
どうしてかというとかみさんを始めぼんずも姫も此方のパンの大ファンであるからだ♪
そういう事もありちょくちょくお邪魔しては美味しいパンを頂いておりますわヽ(^o^)丿


池田へドライブしたときに購入したと思う、パン達。


2009_1121_111457-DSCN2766.jpg

2009_1121_111545-DSCN2767.jpg

どのサンド系も美味。
何がって一口頬張った時のパンと具材の一体感が素晴らしい。
いや、うん、バランスがいいんだな。

2009_1121_111133-DSCN2765.jpg

Family皆がもし投票したら間違いなくトップ当選でしょう
それがカツサンド。まじ旨い!
これはますやパンや捨て難いフルートの土曜日限定カツサンドより
Familyでははるこまベーカリーが断トツだと思うwww

2010_0630_122751-DSCN4479.jpg

ロースト肉のサンドがここ最近の一押し。
正直云うと以前より格段に旨くなっているからだ。


そして食パン系。
芽室のキタアカリ使用のものとはるきらり使用のもの。

2010_0226_093036-DSCN3345.jpg

2010_0226_093336-DSCN3346.jpg

勿論はるこまベーカリーではハード系は外せないけど
色んな道産小麦を使い分けた食パン系が個人的に脱帽した逸品揃いだ。



2010_0630_122016-DSCN4475.jpg 2010_0630_122023-DSCN4476.jpg

2010_0630_122042-DSCN4477.jpg 2010_0630_122048-DSCN4478.jpg

チョコ尽くし。




2009_1121_110828-DSCN2762.jpg

はるこまベーカリーで何故購入するのか?

そりゃ勿論北海道十勝の食材や小麦を積極的に取り入れ発信する等といった取り組みや味の美味しさにもあるんだけれど、私の大きな理由として「スタッフ達の輝き」を挙げたい。なんていったらいいんだろうか。働いている皆が輝いている。そりゃ時には疲れていたり、気分がのらない時もあるだろうが、それを見せない輝きをスタッフ皆さんに感じるのだ(これはプチブランフルートやますや麦音店でも感じる事)個人的にとても重要としている事だ。随分昔になるがポイントカードの有無を会計時聞かれない事が間々あった。しかし今はそんな事が無くなっているといった改善が目に見えて向上している。些細な事のように思えるがこういう事が結構気になるもの。店舗も広くなり新たな人員(スタッフ)も増員していると思う。是非その志を継承していって欲しいなあ。

そんな「皆(売り手・作り手とお客様)が笑顔で美味しいお店」としてこれからも続けて欲しい。
勿論family皆笑顔で頂いておりますヨヽ(^o^)丿

そういえばこの志や想いは、考えてみるとたいやき工房の櫻井社長の「想い」と同じかもしれない。
こういうお店が十勝帯広に沢山増えたらそりゃ凄いブランド力に成り得るはずだ。



いつかはるこまベーカリーとオランジュで取り組んでいる「造り手と創り手をつなぐ会」にも参加してみたい。

あ、移転して広くなった店舗ではカフェスペースも設けたらしい。
これも体験してみたいなあ。




はるこまベーカリー
住所 西19条南5丁目43-11
時間 8時30分~19時
定休 日曜日、第3月曜日
ホームページ はるこまベーカリー


コラボバーガーは別生地、いや別記事で。
帯広(十勝)のお店 | Comments(4) | Trackback(0)
2010/11/23.Tue

【帯広】パンルーム


ここ最近、私の仕事が夜勤明けの場合、
土日の子供達が休みの時には何故かパン屋さんに寄ってお土産を購入する事が多い。
しかし毎回それをやっていると買ってかなかったら「…ええ?!」となりそうで
間を空けたりして何とか調整しているw


2010_0203_124913-DSCN3250.jpg

で、パンルーム
高校時分、何度か此処で購入していた記憶がある。
それからはあまり行ってないお店だ。久々に寄ってみた。

男性の方がレジに立っていた。
あれ?以前はおばちゃんとかいなかったか…記憶違いか??


懐かしい。パンも店内も郷愁を誘うこと請け合いだ。
トレイとシェリフと手書きのメニューポップ。


2010_0203_130916-DSCN3253.jpg

生地はふんわりと柔らかだ。

2010_0203_130657-DSCN3252.jpg

苺の風味を混ぜ込んだバタークリームだろw
マジで昔ながらと云える。

2010_0203_131303-DSCN3254.jpg

極めつけはこれだあ。
かみさんは昔この類のパンが大好物だったらしい。
私も大好きだった。今喰うとメタボからベタボ位へ一直線だろう。
これを少し暖めてマーガリンをちょいと溶かし気味で二つに折って喰う。
これがベラボウに旨い。

2010_0203_130539-DSCN3251.jpg

2010_0203_132108-DSCN3255.jpg





こんなパン屋さんがちょいと
大きな通りから曲がって入ると在るのが面白い。
界隈ではますやパンもあり霞む感じがするが
存在は変わらずどっしりと堅実に実直に、ひっそりと佇む。


ホントに『安くて懐かしい味』
そんな枕詞が似合うパン屋さんのひとつだ。



パンルーム
住所 西19条南3丁目25
時間 8時~19時
定休 木曜日


帯広(十勝)のお店 | Comments(1) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。